FC2ブログ

ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

中華料理 どんたく@和歌山市

どんたく ちゃんぽん

ちゃんぽん

和歌山市中華料理屋さんシリーズ第3弾(笑)
和歌山行って何しとんねん、中華屋さんのラーメン開拓してまんねんとマジレス、
気になるお店はチェックチェック要チェックや!と彦一風に言うてみる(知らんがな)

ハイ、この日は和歌山の王道系である和歌山中華そばをパスしてあえての中華屋さん行脚。
と言っても前2軒もそうでしたが、ココもすげ~の出てくるもんだからたまりません♪

中華屋さんという事で一品ものはもちろん、麺類も相当な品数がありましたが、
ここではちゃんぽんを食べてみます。

写真では伝わらん感じですが、
かなり盛り盛り系で野菜をはじめ具だくさんの1杯は連食中ではあまり嬉しくないはずが・・・

スイッチ入ってもて!

パ ネ ェ す ! ! !

まず具だくさんが(嬉)
口つけたら唇ただれるぐらいの激アツ仕様(さらに嬉)
んで、何か乳製品でも突っ込んでます?と思うぐらいのまろやかクリーミーミルキーはママの味的スープ(意味不)

この3重奏にメロっとさせられ、一気にヒートアップ!

具材はスープとともに中華鍋に浸されしっかり味が染みている&それと共に液状油が高温で火通しされ
もはや食わせることを拒否るような灼熱温度に仕上げられている・・・
ハフハフいいながらガッツリ食らいつく。
これがまたB級グルメ、特にラーメンにあける原点とも言えるべき行為を促してくれる。
自分は熱いの大得意なので、涼しい顔して食べてましたが(^u^)
猫舌さんにはキツそうだな(汗)

そのビジュアルから想像出来るように、これは長崎ちゃんぽんを模倣したもので間違いないでしょう。

極太の麺もそれを物語ってる感じ。

むさぼり食ってる間も野菜の旨さが滲み出たスープにうっとり、
食べ終わると満足感が押し寄せてきます。
スープ自体にパンチはありませんが、1杯としてはかなりパンチきいた1杯。
そのボリュームを忘れさせてくれるくらいスルスルっと食べてしまいました。
連食3軒目でちょっとキツいかな、と思ってましたが、その美味しさに苦もせずペロリと。
お客さんがひっきりなしに入ってくる人気中華屋さん、
和歌山でちゃんぽんとなるとここどんたくで決まりなんでしょうね。

個人的評価 ★★★☆(3,8)



「どんたく」

(住所)和歌山市秋葉町4-7
(電話)073-445-9445
(時間)11時~14時、17時~21時(日曜は通し営業)
(定休)火曜
(最寄駅)JR紀勢線紀三井寺駅徒歩25分

中華料理 弥山@和歌山市杭ノ瀬

みせん ラーメン

醤油ラーメン

JR宮前駅近くの住宅街の中にあるお店。
こちらも中華料理屋さんなのですが、ここでいただけるラーメンは何と1杯300円(税率アップ前)の
超絶CP!

シンプルな鶏ガラベースの醤油ラーメンで、特に醤油の色がクッキリと出た1杯!
中華が基礎となっているもので味わいはラーメン屋さんのソレとは明らかに異なりますが、
値段に相応しない味で本格派!

面白いのは、お昼はこの鶏ガラ醤油のラーメンで、
夜はかなりマジもんの豚骨ラーメンと、昼夜でスープのベースが変わるところ!
噂ではその豚骨がまた素晴らしい1杯だそうで、是非とも今度は夜に行きたい・・・

個人的評価 ★★★(3,0)

みせん 外観


「弥山」

(住所)和歌山市杭ノ瀬248
(電話)073-472-7677
(時間)11時30分~14時、17時~21時
(定休)水曜
(最寄駅)JR紀勢線宮前駅徒歩15分

勝喜楼@和歌山市小松原通

しょうきろう ラーメン

勝喜楼ラーメン

和歌山市市役所の近くの中華料理店。
ラーメン屋さんではありませんが、ここのラーメンが凄い!

見た目から伝わるかな、シズル感のない写真ではありますが、
このラーメンの豚骨濃度、和歌山で今これ級のお店ってありますかね。
濃厚系の代表格・山為食堂は別として、井出系各店よりも遥かにベースは濃厚です。

ジャンル的には豚骨魚介になるのですが、特筆すべきはやはりその豚骨の部分。
ズシリと重いヘビー級の濃度は旨味も詰まりめっちゃウマ!
魚介は香る程度、出汁よりも香りが強く、あとはニンニクかな、仄かに感じました。

スープを飲むとまったりとした重厚な豚骨が~♪
思わずキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!っと言いだしてしまいそう。
テロリ感あるスープは写真のテカリを見ればわかると思います。

何か濃けりゃええんかいとも言われそうですが、濃いだけでなくちゃんと中身のある1杯ですよ。
中華屋さんでこのクラスのラーメンという事で、想像を遥かに上回る1杯に出逢い興奮してしまいました。

ヲタ必訪級でっせっ。

個人的評価 ★★★★(4,0)

しょうきろう 外観


「勝喜楼」

(住所)和歌山市小松原通1-5-3
(電話)073-433-0085
(時間)11時~23時
(定休)月曜
(最寄駅)南海和歌山市駅徒歩15分

○京@和歌山市雑賀町

○京 チャーシュー麺

チャーシュー麺

見事に咲いたチャーシューの花♪
車庫前系筆頭格、○京はやはりチャーシュー麺でいただきましょう。

醤油前面押し、豚骨と言うより豚肉、豚肉醤油スープはキレのある醤油とグルタミン的な味の組み立てで
シンプルでわかりやすい味。
そこの和歌山では少数の太麺が合わさります。

この日は少し醤油醤油しすぎて醤油が立ちすぎな気がしましたが、
それにしても慣れ親しんだ味と言うか、お馴染みの味が常連さんをがっちり掴んで離しません。

醤油豚骨は製法的に豚骨醤油の濁ったスープとは違うのですが、
時間帯によってスープが煮詰まったりするのかな?
一般的なラーメンスープとはおそらく作り方が違うであろうその製法が気になります。

個人的評価 ★★★☆(3,5)

○京 外観


「○京」

(住所)和歌山市雑賀町120
(電話)073-423-5754
(時間)11時~14時、16時~21時
(定休)木曜
(最寄駅)南海和歌山市駅徒歩15分
地図。

○高中華そば六十谷店@和歌山市六十谷

○高 六十谷

中華そば

お~!
顔見たら思わずテンション上がってしまいますね♪

以前来た時はスープのコンディションが悪くて消化不良気味だった六十谷の○高、
この日は抜群!
まったりと口の中に纏わりつくような中濃スープは旨味たっぷりでたまりません!
それでいてゴクゴクと飲んでしまう心地よさも兼ね揃えており無双状態。
日によってデキが大きく変わる和歌山中華の特性を改めて垣間見たような気がします。
○高の系譜はひも解いていくとかなり奥深いですね。
神戸のお店もしかり、全体的にレベルは高い位置にいますが、アロチのお店はちょっと違うし。

この日の六十谷は最強クラス。
カウンター前のおでんと共に是非どうぞ♪

個人的評価 ★★★★☆(4,3)

六十谷


「○高中華そば六十谷店」

(住所)和歌山市六十谷69-11
(電話)073-461-0086
(時間)11時30分~22時
(定休)水曜(祝日の場合翌日)
(最寄駅)JR阪和線六十谷駅徒歩10分
地図。

Template Designed by DW99