FC2ブログ

ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

麺屋はなび 桑名店@桑名市大福

はなび しょうゆ

かけ 醤油

名古屋で塩は済ませていたので醤油をチョイス。
無化調塩マニアは提供ナシ。
うーん。

塩よりもスッキリとしたスープは切れ味偏重型。
美味い。
仕上げに垂らされる油、ふくよかな出汁。
塩が有名だが個人的には醤油のが好み。
具材ナシで麺とスープのみ。
だからこそわかる事もあるが、やはりシンプルゆえにダイレクトに味が伝わる。
かけスタイルのお店、もっと増えないかなぁ。

はなび たいわん

元祖 台湾まぜそば

普段まぜそば系には見向きもしないのですが、ココのは有名なので2杯食い。
まぜそば=ジャンク
この図式が成り立つんですが、豊中のマルショウのはちと違った。
コレはまた後日。

ぐちゃっと混ぜて太麺を豪快にすする!
このすする行為もまぜそばの醍醐味ですねぇ。
旨辛ジャンク!
こらウマイな。

このまぜそばを食べた事でまぜ系に若干開眼♪
ありがとう、はなび。

個人的評価 ★★★★(4,0)かけ醤油      
     
        ★★★★☆(4,5)台湾まぜそば 

はなび 外観


「麺屋はなび 桑名店」

(住所)桑名市大福355
(電話)0594-25-0210
(時間)11時30分~14時、18時~22時(土日はお昼11時から)
(定休)月曜、第3火曜
(最寄駅)近鉄名古屋線益生駅徒歩15分

麺や 青雲志@三重県松阪市

三重県最大の宿題店で放置していたお店。
営業がお昼のみと結構敷居が高くタイミングが合わずに行けずにいたけどようやく突撃。
熱烈な常連さんが多く存在するお店でメニューは豊富、そして店主が筋金入りのラヲタという予備知識。
このお店に行くのを非常に楽しみにしていたので心躍りながら近鉄伊勢中川駅からテクテク歩いてお店へ。
さーて、何を食べようか。
「無化調ジャンク」をお店のコンセプトに謳い、コアなファンを獲得しているとの噂だったので、真正ラヲタの自分にはピッタリなお店なのかも(笑)
滅多に行けない場所なのでここまで来て1杯で終わるのは勿体ないなぁ、お店の混雑状況次第で2杯食いしたいよねーなどなど、色んな事を考えながら歩いているとお店に到着。
いざ突撃!

P1050647.jpg

海老潮らぁ麺

このお店のデフォに相当するのか?
海老潮ラーメンをチョイス。
淡麗テイストながらかなり味わい深い逸品。
スープからは海老以外にも様々な素材の味を感じ取る事が出来る。
海老は適度に、ほんのりと効かせており、バチっと前面に出るものではなかった。
あまりエグイのは好きではないので、そういう意味では自分好みと言うか、好きなタイプではある。
豊潤な出汁の旨味を味わえるタイプで美味い(*^^)

P1050648.jpg

正油らぁ麺

お客さんが引けた状態だったので海老潮を速攻で食べ終わりここぞとばかりに2杯目を!!!
って言うか、店内で食べてた近くの常連さんらしき方も2杯食べてましたので、
ソレに習って自分もイっときました(笑)
正油ラーメン。
おおっと!
コレは自分の好みにドンピシャ!
魚が突出しナカナカにインパクトが強くキャラの濃いスープ。
そして適度に感じるこってり感とジャンクさ。
醤油のタチも抜群。決して正統派な醤油ラーメンではないけど、逆にソコが面白い。
魚介はアゴか!?
独特のホロ苦感と言うか、クセのある味わいで個性が強い!
1杯目の塩系もそうだったけど、動物系のアプローチを感じない・・・
動物系未使用なのか。もしそうだとしたら、逆に凄いなぁ。
ラーメンらしさもしっかりあるこの醤油、動物系素材抜きでこの力感溢れるスープは驚異と言ってもいいかも。
鶏油はさすがに使ってるけど、和風ダシの存在感がここまで際立つラーメンも珍しい。
麺は塩で使っているものとは違うちょっと太めのもっちりとした食感の麺。
このラーメン、ヒキ強です。
セーノさん必食(爆)

P1050649.jpg

牡蠣正油らぁ麺

オイオイ、まだイくんかいとの声が聞こえてきそうですがスルー推奨(爆)
3杯目に突入。
さすがにこの時点で店主さんのラヲタスカウターが反応した模様(笑)
2杯目の醤油が素晴らしかったので、もう一杯醤油系。
牡蠣を使ったラーメンなんて珍しいですからねぇ・・・目に入った瞬間注文即決です。

ビジュアルが・・・
素ラーメン状態ですが・・・
P1050650.jpg

トッピングは別皿提供。
これがこのラーメンの食べ方だそうです。

まず!
出てきた時の匂いヤベー!!!!
めちゃくちゃイイ匂いです。
すれ違いざまにイイ匂いを発する美人のおねーさんを連想してください。
そんな感じです!(意味不)
トッピングが別皿の時点でお店側の並々ならぬ自信を伺い知れましたが・・・
フェロモン漂うスープをとりあえず飲んでみましょう。

・・・ウメー!!!!!!!
牡蠣煮干しか!?
アレ高いんだよなぁ・・・自作で使ってみてぇなぁと思ってましたが、
これほどの代物とは。
もちろんこのお店が作ったものが自分の感性にドンピシャな具合に作れるとは思ってませんが。。。
丁寧に作られた感がビンビンに伝わる繊細かつ、大胆な味。
大胆と言うのはラーメンにおける牡蠣という素材の可能性を見出した点。
これは創作と言うより、お店の挑戦・意欲が感じられる1杯。
素材にこだわり、そして味にもこだわる。どこにもない1杯を求めているのか、
ちょっとコレは他店では見出せない味。
味わいは淡麗系には違いないけど、そんじょそこらの淡麗ではない。
トッピングの別皿の意味も頷けます。コレ食べたらきっとわかると思います。

P1050651.jpg

鯛塩らぁ麺

おっさんまだイくんかい(爆)
はい、イキましたが、何か?(笑)
4杯目(バカ)。
醤油系2杯がちょっと、あまりにも凄かったですので、塩系を再度確認したくてですねw
鯛塩です。
こちらも淡麗だなぁ。
王道系の淡麗スタイル。塩分はごっそり削ぎ落されています。
これは生の鯛ではなく煮干しだろうなぁ。
アラ系の荒々しさ、いわゆる「鮮魚系」ではない味わい。
主張はそれなりに、鯛の風味は心地よく薫りますが、ちょっと物足りなさを覚えました。
クリアすぎるきらいがあって個人的には1杯目の海老潮もそうでしたが、塩系は淡麗淡麗しすぎ。
それでも美味いのは美味いのですが、自分の好みでは完全に醤油系。

さすがに4杯食ったので店主さんにからまれましたよ。
何でも4杯食いは同店史上初の快挙だそうです(笑)
いや、ホントはもう1杯食いたかったんですがね(爆)

噂に違わぬ珠玉のラーメン達を堪能させていただきました。
でも今後ももっともっと躍進しそうな可能性をひしひしと感じるお店ですねぇ。
つけ麺もメニューにあるのですが、こちらは「濃厚」との事。
今回4杯食べたんですが、濃厚からはかけ離れたイメージを持ったのですが、どんな濃厚なものなのか!?
気になるぅー

ラーメンは基本的に淡麗テイストだけど、メニューごとに異なる主張で味わいはかなりマニアックでした!
1度の来店では語る事の出来ないお店ですのでまた行きます。
しかし・・なかなかに手ごわいお店です!

海老塩らぁ麺 ★★★☆(3,8)
     
正油らぁ麺   ★★★★★(5,0)

牡蠣正油らぁ麺 ★★★★★(5,0)

鯛塩らぁ麺    ★★★(3,3)

青雲志

「麺や 青雲志」

(住所)三重県松阪市嬉野権現前町神北405-14
(電話)非公開
(時間)11時~14時30分
(定休)月曜・火曜
(最寄駅)JR名松線権現前駅徒歩8分
地図。

中華そば らんまん@四日市市日永西

P1040622.jpg

つけ麺

極太全粒粉のゴワ麺+濃厚なつけ汁。
つけ汁のテイストは関西圏を席巻し続ける「豚骨魚介系」とはちょっと違ってなかなかありそうでない不思議な味。
流行りを追いかけた結果独自のアレンジを加えて、といった感じでこのお店のオリジナリティを感じます。

若干オイリーながら力漲るつけ汁と極太の剛麺とのマッチアップは決して珍しいものではありませんが、
麺もスープもとにかくごり押し主張の足し算つけ麺。
粗さは感じるものの、大きな可能性もまた然り感じます
P1040621.jpg

つけ汁はおそらく豚骨鶏ガラ野菜に魚介。
突出した素材は感じませんが、暴れ馬を巧く押さえつけている名騎手のような印象で、
丼の中でまとめられています。
渾然一体といった感ではありませんが危ういバランスで成り立つ汁。
危ないの、結構好きなんだよなぁと思いながら食べていました。

個人的評価 ★★★☆

「中華そば らんまん」

(住所)四日市市日永西2-19-3
(電話)0593-48-3990
(時間)11時30分~14時30分、17時30分~21時30分(日夜の部は21時まで)
(定休)水曜
(最寄駅)近鉄南日永駅徒歩7分
地図。

ラーメン ぐんじ@鈴鹿市西条

P1040616.jpg

塩らーめん

塩ラーメンで有名なお店。
鶏ガラ清湯にほんのり香る魚介のフレーバー。
ややぼやけたタレのピント。
あっさり淡麗テイストのじんわり系ではありますが、
スープの旨味は浅め。
黄色が濃い麺は食感が何だかゴツゴツしていて特徴的。
丼と同時に提供されるネギ油をお好みで(^_^)

個人的評価 ★★★

「ラーメン ぐんじ」

(住所)鈴鹿市西条6-40
(電話)0593-84-8068
(時間)11時30分~14時、18時~22時(日夜の部は21時まで)
(定休)水曜・第3火曜
(最寄駅)近鉄三日市駅徒歩10分
地図。

なみへい@三重県四日市市

P1040617.jpg

博多ラーメン

三重県内屈指の豚骨ラーメンのお店。
開店時15人待ち。
クリーミーな豚骨スープは濃度的にミドル級といったところ。
粘度はなくサラッとしているものの豚骨の旨味が存分に抽出されている。
味付けが少し辛めで塩っ気が少しキツく感じたが許容範囲内。

麺量少なめで朝からでもサクッと食べれてしまう。
驚いたのは自分以外の店内に入ったお客さん(ファーストロット10人ぐらいかな)が
全員替え玉を注文した事w
自分は連食が控えていたため替え玉はしなかったけど・・・
もしかしたら替え玉想定の味付けでわざと辛くしているのかも?なんて思いつつ、
三重にもこんな豚骨のお店あるんだなぁと思いました。
このラーメン、結構好きです!


個人的評価 ★★★☆

「なみへい」

(住所)四日市市青葉町800-56
(電話)0593-55-2202
(時間)11時~売り切れまで(日・祝10時30分~)
(定休)無休
(最寄駅)近鉄湯の山線伊勢松本駅徒歩15分
地図。

Template Designed by DW99