ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺dining月乃家@有田郡有田川町

P1050668.jpg

特 肉だく

清乃に来たならばセットで月乃家にも行っときましょう♪
2店の距離は車なら20分ぐらいなのかな。
電車なら10分ぐらいの距離です。
このお店の特濃にすっかりヤられて早2年ぐらい。
今や名実共に和歌山の中心選手。この日も多くのお客さんで賑わいを見せていました。
味はもちろん、店主・栗山さんのキャラクターもこのお店では重要な部分で、その接客は一見の価値アリですよ。

さてさて特肉だくですが♪
自分的月乃家最強メニュー「特濃」よりも遥か上をひた走る濃度をひっさげた衝撃作。
濃度はかなり、粘度はそこそこにかなりマッタリとした口当たりのスープが美味い。
何より驚いたのは清乃の鶏テロリそばもそうでしたが、キメが細かい!細かすぎるほどの本当にトゲのない、ネガティブ要素を感じない密度の高いスープ。
濃度的には全国でも有数と言っても過言でもないものです。
白湯系は以前はタレもきかせた足し算的なものが多かったよなぁと思ってますが、
現在の最新鋭白湯はタレは一歩下がりあくまでスープメイン、スープを活かす効かせ方をしているものが多い。
単純にタレの量を少なくしているのではなく、タレの作り方にも秘密があるのかな。
このラーメンに使われる醤油はたぶん湯浅醤油っぽい(未確認)。
キレがあり、まろやかさのあるもので、タレとスープの融合で成り立つ1杯のラーメンのスープとしてはかなりの高水準に映ります。

つけ麺用かいなと思うほどの極太麺。
これがダクダクスープと絡みまくります。
おい、ちょっと絡みすぎやろとツッコミたくなるぐらい(笑)
麺を持ち上げると嫌でもスープがついてくる。この濃度ならば当たり前の事ですが、そんな強烈なスープにも負けない棣鄂麺はさすが。
小麦がつよくスープをぶっ壊すこともある暴れん坊棣鄂麺もこのスープの前では赤子も黙る状態。
それぐらいこの一杯はスープに特化した印象が強く残りました。

でもなぁ・・・
やっぱり「特濃」のが好みかも。
特濃はやはり何物にも代えがたいのです。
そんぐらい特濃が大好きだったりします・・・

月乃家 外観


個人的評価 ★★★☆

「麺dining月乃家」

(住所)和歌山県有田郡有田川町天満428-1
(電話)0737-52-5716
(時間)11時~14時30分、17時~22時
(定休)火曜・第3月曜
(最寄駅)JR紀勢線 藤並駅徒歩15分(向かいのオークワの駐車場利用可、唸るほど停めれます)
地図。
スポンサーサイト

この記事のトラックバック URL

http://ramencomplete.blog.fc2.com/tb.php/341-002fa0af

コメント:

コメント:する

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。