ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和dining清乃@有田市野

有田川町の月乃家をプロデュース。
和食の職人さんながらラーメンの魔力に取り憑かれご自身もラーメン作りに没頭するようになった清乃の店主さん。
ラヲタの間で話題になり始めて、いつからラーメン作り出したのかなぁと思っていたらもう1年以上も前からお店でラーメンの提供を開始していたのだとか。
月乃家が脚光を浴びている最中にひそかに清乃も始動してたって事なんですね。
清乃の店主さんとは去年噂のラーメンの取材で月乃家でお会いした事がある。
ラーメンに対する知識や心構えはもちろん、何より驚いたのはその吸収力の早さとアグレッシブ過ぎる創作意欲。
何やら夜な夜な?ラーメン作りに励み次々と新作を生み出そうとする姿勢、ソレはこの日清乃に行った時にメニュー表を見た時にハッキリと確信した。

あぁ、この店主さんはホンモノだな、と。

しかしながらメニュー表に載る14種類のラーメン、つけ麺から何を食べればよいのかわからない。
何をメインに、何を売りたいのか、このお店の核は何なのか。
それがわからない。

きっと何を食べても美味しいのだろうなとは思うものの、ウチはコレがヤバいんです!っていう芯の通ったメニューがどれなのかがわからずに何を注文すればいいのかしばし悩む。

とりあえず清湯系と白湯系をひとつずつ注文しようと思い、まずは有田ブラックをチョイス。
P1050664.jpg

有田ブラック


過剰なまでの何かは全くない、何の違和感もなく自然に食べられる醤油ラーメン。
金久右衛門のような派手さや食べ手にアピってくる要素はないが、非常に完成度が高くそれでいて更なる伸びしろを感じた一杯。
ブラックというメニュー名からは連想しにくいスタンダードな印象を抱いた。
とりあえず美味しいなぁと思いながら食べてると全汁してたし(笑)
キレもあるし、味わい深くヒキも強い。
横の広がりよりも縦の膨らみを感じたこのラーメンは秀逸でオススメです。
コレを和歌山で出すかぁ。
地元の方々の評判が気になるところ。
P1050665.jpg

濃厚鶏テロリそば

続いては白湯の鶏テロリそば。
いいダシ出てまっせーとまずは唸らせてもらう(^-^)
濃厚かつ重くない、コレ自分の中のトレンドなんですが、ソレを地で行くようなこのスープ。
滑らかでマイルド。
徹底的に滑らかでキメが細かく、粗さのない鶏白湯。
だからこそ香り付けで垂らされているマー油が邪魔に感じてしまう。
個性の強いマー油はどれだけ力強いスープにも多少なりとも影響を与えてしまう。
このスープならば余計な附帯はイランと思いつつ、なんだかもったいねぇなぁと考えながら食べてました。
粘度が高く、和ダシと合わさった後味も軽快かつ爽快なスープの良さを活かすには香味油は不要だと思いましたが、(後日改良したとのお知らせアリ)コレもまだまだ進化しそう。
タレは少し尖った感じにも見受けられましたが、これも時間の問題か。

麺は棣鄂製。
どちらも問題なく食べられました。
ブラックには太麺を、テロリにはちょっと変わった断面をした麺を。
入念に合わせた結晶なのでしょう。マッチング等含めバッチリでした。

店主さんとお話ししましたが、メニューは今後改廃していくそうで、もう少しスリム化するようです。
他にも食べたいものが本当にたくさんありました。
「コレが清乃の一杯やで!」という看板メニューは今後順を追って形成されていくと願っています。
飛び道具は限定等で、店の核となるレギュラーは是非ともわかりやすく意思表示して欲しいかな。
このお店には無限の可能性を感じるし、今回1回行っただけでは全然語れないですし、
またすぐに再訪したいお店です(*^^)v
ご自身がプロデュースする月乃家は豚骨系、そしてこの清乃は鶏系メインに棲み分けを図っています。
引き出しの多さと、現状よりもさらに邁進躍進しそうな期待で凄く今後とも楽しみ♪
ごちそうさまでした!


個人的評価 ★★★★ (有田ブラック)
      
        ★★★☆ (濃厚鶏テロリそば)


P1050666.jpg


「和dining清乃」

(住所)有田市野696
(電話)0737-83-4447
(時間)11時~14時、17時~22時(ラストオーダー21時30分)
(定休)火曜
(最寄駅)JR紀勢本線箕島駅徒歩15分
地図。
スポンサーサイト

この記事のトラックバック URL

http://ramencomplete.blog.fc2.com/tb.php/340-9759397f

【らの道】和 dining 清乃 @ 和歌山県有田市【つけ麺】
らの道が始まって瞬時に達成者が続々出たのにも驚いたけど、その規模や流れは当初に聞いた印象より遥かに大きいですね。ポスターも印象的、裏地繋がりで何気に貼ってますよ。しかし...
【らの道】和 dining 清乃 @ 和歌山県有田市【つけ麺】
らの道が始まって瞬時に達成者が続々出たのにも驚いたけど、その規模や流れは当初に聞いた印象より遥かに大きいですね。ポスターも印象的、裏地繋がりで何気に貼ってますよ。しかしあれですな、うすうす感じてたけどブロガーなんぞ足蹴にするような猛者が関西にはごろごろお

コメント:

ありがとうございます!
ばっさりとぶったぎり頂きありがとうございます!まだまだ頑張って行きますので、よろしくお願いいたします!!モチ上がってきました(笑)
「ビーマックス参上」って落書き見つけましたw
リストさん
店主さんに無理矢理書かされたそうですよ(笑)
セーノさん
ネガ要素のないラーメンはほとんどないですよね。
お店でお話しした時にも言わせていただきましたが、信念に基づいて揺らぐ事のない気持ちがあれば!
期待していますね♪

コメント:する

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。