ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月度関西らーナビ限定【パート1(謎)】@ふすまにかけろ(中崎町)

ふすま 宗コラボ

宗塩貝汁らーめん~no noodle no life~

2012年3月1日(木)~3月31日(土)の限定メニュー
協力店:ふすまにかけろ 中崎壱丁 中崎商店會 1-6-18号ラーメン
メニュー名:宗塩貝汁らーめん~no noodle no life~
価格:850円
限定:夜のみ10食限定
3月度の関西らーナビ限定は東京の「麺屋 宗」と今をときめく話題沸騰の気鋭店「ふすまにかけろ」のコラボレーション企画!
コラボ企画らしい両店のいいとこ取りという贅沢なものに仕上がっている。
まずはビジュアルから見て欲しい。
豪華絢爛、華のある顔が何とも期待を抱かせてくれる。
様々な具材が散りばめられた、さしずめ宝石箱とでも呼べそうな彩りは同店らしい華麗な一杯だ。
各々のパーツに目をやってみると、スープは鶏白湯ベースの塩味。具材にはアサリ、トマト、ベーコン、キャベツ、焼き目をつけた鶏チャーシュー。
そして底に沈むガーリック風味のクルトン。
いずれの具材も細かい仕事が施されており、味わいは多角的で無限の広がりを見せる。
この具材にかけられた魔法がもたらすスープへの影響が凄い。
濃度的にはミドル級程度のまろやかな鶏白湯に溶け出した多種多様の味が幾重にも折り重なり底知れないテイストを生み出している。
その味わいは縦に膨らみ、そして横に広がる、口の中で縦横無尽に駆け抜けるスープの旨味と心地よい芳香がたまらない。
鷹の爪が全体をキリッと引き締め、自家製のバターがスープに溶けて優しく包み込んでいて、各々個性のある具と渾然一体に融合している。
ビジュアルを含め、どこか洋風に感じるのは既存のラーメンの枠から少し飛び出し、オリエンタルな雰囲気とモダンな味わい故かも。
元ダレに使われているのが麺屋 宗の塩ダレだ。
一見ごちゃついている感のあるこの一杯を纏めている命の塩ダレ。
あっさりクリアなラーメンに定評のある麺屋 宗の核であるタレをふすまにかけろの塩ダレとブレンドし、独自性が高く独創的なラーメンに昇華させた。(塩ダレの割合は麺屋 宗2:1ふすまにかけろ)
鶏白湯と焼き干しを使った魚系スープを合わせたWスープに巧く落とし込み、華やかな一杯に仕上げているあたりは、限定ものに定評があるこのお店ならではのものと言えそう。
分類的には鶏白湯にカテゴライズされそうな一杯だが、食べてみると既存の鶏白湯とはまるで違う新感覚の味わいを見せる懐の深いラーメン。
両店の良さが結晶となり作り出された逸品。
自家製のイワシバターとアメリケーヌバターを好みでチョイスして味の変化を与えるのも楽しみ方のひとつ。
自家製バター2種類に応じた麺をそれぞれ用意しており、麺屋棣鄂製の麺が丼の中で眩いばかりの存在感を示す。

一杯の中に色々なものが詰まり、豊富なニュアンスで食べ手を魅了し、時に惑わしそうなこのラーメンを是非食べてみて欲しい。
ふすまにかけろの実藤店主は変幻自在の味のトリックスター。これを食べたら納得できるはず!


ってなワケでスエミー君に2月ほど限定レポお願いしてましたが、
今回また復帰しましたw
ふすまと麺屋 宗のコラボ「作品」とでも言いましょうか、トリッキーながらも納得させられる1杯は
このお店のなせる業とでも言いたいところです!

提供は夜のみですのでお気をつけください!



「麬にかけろ 中崎壱丁 中崎商店會 1-6-18号ラーメン」

(住所)大阪市北区中崎1-6-18
(電話)06-6371-3456
(時間)11時30分~14時30分、18時30分~22時30分
(定休)不定休
(最寄駅)大阪地下鉄谷町線中崎町駅徒歩3分
地図。
スポンサーサイト

この記事のトラックバック URL

http://ramencomplete.blog.fc2.com/tb.php/338-bf138014

麬にかけろ 中崎壱丁 中崎商店會 1-6-18号ラーメン【壱六】 ~超らーめんナビ限定~
訪問日:2012年3月1日(月) 今夜から、夜営業の「しょうゆナイト」のみ10食限定で販売開始される「超らーめんナビ限定」を求めて『フスカケ』へ! 正式には「麬にかけろ

コメント:

行きます!!
13日の火曜日に行って来ます!!
セーノさん
杯数出てるのか気になります!
ラーメンは面白い仕上がりですよ(^_^)/

コメント:する

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。