ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばっこ志@淀川区十三東

12月度の関西らーナビ限定は十三のばっこ志です(^_^)
何とも形容しがたいドロドロのスープがかなり特徴的なラーメンです。
今回も突撃取材に行ってきましたのでレポを!

2011年12月1日(木)~2011年12月29日(木)の限定メニュー
※年末30、31日はお休みです。28(水)は定休日です。

協力店:ばっこ志(十三)

『極濃鶏白湯』
950円
営業時間内常時注文OK
※食券機に限定の設定がありませんので代金はスタッフに直接お支払いください。

関西のラーメン事情に目を向けると一時衰退気味だった濃厚系が今再び勢いを盛り返した感じがある。
今回協力いただいたばっこ志の限定メニューは現存する濃厚系の中でも頂点クラスの濃度を引っ提げた特濃ならぬ「極濃」の鶏白湯。

鶏白湯と言ってもコレはもうスープと呼ぶのが適切ではないのではないのかと一瞬考えさせられるようなメガトン級の濃度を誇る関西随一と言っても差し支えのないような超絶ドロコテ仕様のスープになっている。

濃厚=こってり=脂っこい

そんなイメージを濃いラーメンには自然と抱くものですが、このラーメンに至ってはそんなネガなイメージは皆無。
こってりラーメンにありがちな脂質やゼラチン質といったもので濃度を表現するのではなく、肉感・素材感で輪郭を表現するスープはキメが細かく非常に滑らか。
凶暴性のない丸みを帯びた味は月並みな表現ながら「こってりなのにしつこくない」という言葉をまさに具現化したこってりスープ。
口当たりクリーミーでその濃度は通常のラーメンスープでは類を見ず。
ポタージュスープなんて通り越し、ルーとでも呼んでもおかしくない領域。
そんなスープが重くない、むしろマイルドな感じすらする軽快な口当たり、その矛盾・摩訶不思議な感じが吉田店主が目指したものであり、今回のラーメンの1つのコンセプトになっています。

繊細な鶏白湯の崩さない絶妙な塩梅のタレ。
鶏の素材感を限界まで引き出し、丁寧に旨味のみを抽出、抽出と言うよりも絞り取ったと言った方が適切か、タレとスープのバランスの取り方もお見事。

押し売りとも嫌味とも感じない鶏の旨味の加減とクッキリと浮き出るスープの輪郭、
そして何よりレギュラーの豚骨から限定の鶏へと素材は変われど真摯に1杯のラーメンに注ぐ店主氏の情熱が何より素晴らしい。

彩りに水菜とレアチャーシューを添えてビジュアル的にも鮮やか。

「挑戦」の2文字が大きく嵌まる今回の限定はただの濃厚では終わらない、
店主氏が名付けた「極濃」の言葉に恥じぬ鶏白湯の究極系の1杯になっています!

P1050462.jpg

今日早速3名ほど濃いラヲタさんが朝から駆けつけたようです(笑)
試食時は水菜のトッピングでしたが、今日は青ネギだった模様。
提供しながら徐々に調整していきたいと仰っていましたので期間中の初めと後半では微妙に変わってきそうな気も。
P1050463.jpg

スープはもう色々ヤバイです(笑)
京都の極鶏と似たカラーですが、店主さんは独学でコレを仕上げられたそうで、
ちょっと比較してみると楽しいかもしれません。
個人的には旨味はコチラに軍配が上がるかな。


「ばっこ志」

(住所)大阪市淀川区十三東2-12-41
(電話)06-6886-5180
(定休)水曜
(時間)11時30分~14時30分、18時~25時
(最寄駅)阪急十三駅東口から徒歩2分!
地図。
スポンサーサイト

この記事のトラックバック URL

http://ramencomplete.blog.fc2.com/tb.php/324-34640f5e

コメント:

いやぁビックリしますた。かなり間を置いてからもう一度食べてみたいでつ♪

ていうか、このスープ濃度に比べたら、ワシなんてまだまだ薄い薄い(笑)
濃厚好きには、たまりませんな~^^

極濃 > 極鶏 ですか?
これは、早急に烏賊粘!!

極拳ってのもありましたっけ、たしか(笑)
yainamさん
某ヲタさんが酷評してたのが気になりますが、
これはこれで凄い1杯だと思うんだけどなぁ(+_+)
Yさん


行かれましたか?
感想が気になるところです。
極拳ですか・・・
次回は拳で開催でしたね。
行かないけど(笑)

コメント:する

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。