ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らーめん つけ麺 大前田@伊丹市瑞ヶ丘

2011年11月1日(火)~2011年11月30日(水)の限定メニュー

協力店:らーめん つけ麺 大前田

『M・K』
800円
※お昼のみ提供

「M・K」。
今となっては関西ラーメン界における伝説的なメニュー。
らーナビユーザーでこのM・Kを過去に実食された方はいるだろうか。
このM・K、遡る事約7年前、「豊中麺哲」で一時期提供されていたメニューの一つですが、「清湯の麺哲」の既存のイメージを覆し、麺哲の基本の味から大きくかけ離れた存在ではあったが、そのクオリティは素晴らしく、限定的なメニュー展開で置いておくにはいささか勿体ないとも思っていた1杯のラーメン・・・

そのM・Kがこの度らーナビ限定で再びお目見えする事になった!

まずはこの「M・K」というメニュー名から説明しなければいけない。
M・Kとは「麺哲・こってり」の略。
前述した清湯を基本ベースに置く麺哲がおそらく初めて挑戦した白湯系のラーメンで当時麺哲店主・庄司氏がお遊びで作ったとのエピソードが残っている。
お遊びとは言うもののその出来栄えは関西のラーメンファンを大いに唸らせた素晴らしい一杯であり、その存在は今やコアなラーメンファンには語り草にもなっているラーメン。
そんなラーメンを今回麺哲のDNAを色濃く受け継いだ大前田がリバイバルに着手した!

久しぶりに対面したM・Kは当時のレシピそのままに復刻。

見た目から色濃く黄色がかったスープを飲んでみると・・・
鶏鶏鶏!!!
鶏の旨味を徹底的に凝縮したかのようなスープはコラーゲン系のとろみは感じないものの、スープを一口飲んだだけで口の中に広がる圧倒的な旨味・凄味を感じる!
濃厚な味わいとは裏腹にしつこさやクドさと言ったネガティブな要素は一切排除されており、生粋に鶏という素材の旨味を味わえる。
このスープの源は通常のラーメンで使われる「ガラ・骨」といった素材を使わずに「肉」を使ったところにある。
スープに使わるのは大量のモモ肉。
モモ肉を煮潰して旨味を全て抽出したスープはガラや骨で取られた出汁とは違った厚みを持ち、さらに淡海地鶏の鶏油を加え重層的な旨味を表現している。
「麺主役型」のラーメンを掲げる麺哲系のラーメンがスープにここまで特化したラーメンには凄く新鮮味を感じるとともに、このラーメンが7年前にもう出されていた事に驚きの念を抱く。
と言うのは技術的に考察した際にスープを取った後にさらに手を加えている点、
(一度取ったスープをさらに撹拌し旨味成分を均一化している点、スープの酸化による劣化を防ぐため急速に冷やし酸化が激しい温度帯を避けている点等)
最新の技術かつ独自の理論でラーメン作りに臨んでいる事に感嘆の意を抱く。

麺は昆布を練り込んだ細麺。

鶏のイノシン酸と昆布のグルタミン酸。
意図していたのかどうかはわかりませんが、巧く旨味成分がマッチしており、ザクッとした食感の低加水麺は濃厚な味わいのスープにベストマッチしていると思う。

鶏のネガティブな部分を全て削ぎ落とし、旨味のみを徹底的に追求したラーメン、
それこそがM・Kの真骨頂であり、一度食べると病みつきになりそうな充分すぎる魅力があるラーメンだと思う。

M・K。
麺哲・こってりが今回大前田・前田店主によって復活、再生された・・・
麺哲・こってりではなく前田・こってりとなり再び生を受けたこのラーメンは現代の多様化したラーメンにおいても色褪せる事のない仕上がり。
わかりやすく、それでいて味わい深い。
スープを一口飲むとラーメンの魅力を存分に堪能できるこのラーメン、
麺を味わう麺哲系のラーメンとはひと味違う今回の限定はスープを存分に味わって欲しいというお店側のメッセージを汲み取って欲しい1杯となっています!

挑戦する事に意義がある。
今回の大前田の取材を終えて前田店主から感じた意気込みは並々ならぬものがありました。


っつー事で、
皆さんM・Kってご存知?
知らない方、聞いた事あるけどあん時食べ損ねた~!って方、食べた事ある方。(←これで全人類該当?(爆))

是非ともどーぞ!(^_^)/
P1050345.jpg

M・K(麺哲・こってり改め前田・こってり)


「らーめん つけ麺 大前田」

(住所)伊丹市瑞ヶ丘1-19
(電話)072-786-6428
(時間)11時30分14時、18時~22時30分(11月1日から昼営業開始!)
(定休)木曜
(最寄駅)阪急伊丹駅徒歩25分
地図。
スポンサーサイト

この記事のトラックバック URL

http://ramencomplete.blog.fc2.com/tb.php/287-71441231

コメント:

うーん...
遠い、ここのような気はしてたけど。(汗)

らーナビ入会したし、行くで!
よんさん
是非とも行ってみて下さい!
遠いけど、行く価値大アリ☆

コメント:する

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。