ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北新地 朱月@北区曾根崎新地

個人的関西圏すっぱいラーメンランキングで日本橋の周月と双璧をなす朱月に再訪。
P1040767.jpg

デフォのすましは醤油(既食)、前回のあの強烈な酸っぱさはもう随分と前に食べたのに今なお鮮明に覚えているぐらい個性の強いラーメンだった・・・

場所柄飲んだ帰りのお客さんが多いのだろうけど、
飲んだ後にあの酸味はどう味覚に訴えかけてくるのか!?
かなり気になるものの、ラーメンを食べる時はシラフな自分、
いつの日か検証してみたい気もする。
P1040768.jpg

うしお(塩魚麺)

恐る恐るスープを飲んでみると・・・・・・・
あおの強烈な酸味はこの塩スープにはナシ!

ビジュアルからして結構作りこまれていそうなラーメン、
動物っ気を全く感じない。
おそらくスープには鶏や豚といったラーメンでは定番とも言える「出汁」の核である動物系は一切使っていないのでしょう。
組み立ては魚介のみ、鰹・昆布を中心とした和出汁ベース。
場所的なものか、この塩も極めてアッサリで、食事としてのラーメンと考えるとちょっと弱いかなぁという印象。
やはり飲んだ帰りに・・・というコンセプトで作られているのか、
ラヲタ的には少し物足りなく感じてしまう。

ゆず皮使ったり具材の野菜も清涼感のあるものばかり。
重い食材を使用せずに胃にも優しい1杯に仕上げてあるあたり、
お店としてのこだわりと言うか、意図が汲み取れる。

凄いなぁと思ったのは接客。
一見ぶっきらぼうだなぁと思う店主さんの言葉の一つ一つにお客さんへの気遣いを感じた。
すんなりと人の心に入ってくる言葉使いと言ったらわかりやすい?(←わかりにくいw)

社会人としてこの接客は見習わなきゃなぁ。


個人的評価 ★★★


「北新地 朱月」

(住所)大阪市北区曽根崎新地1-6-24
(電話)06-6345-3139
(時間)21時~翌6時
(定休)土・日・祝
(最寄駅)JR東西線北新地駅徒歩5分
地図。
スポンサーサイト

この記事のトラックバック URL

http://ramencomplete.blog.fc2.com/tb.php/154-fbd97733

飲んだ後、体に優しく染み渡る 〔北新地 朱月/ラーメン/北新地〕
友人たちとの宴のあと、まだ食べ足らない私は1人で駅とは逆方向に歩き出し、北新地の朱月(あかつき)へ。 すまし(魚出汁の醤油ラーメン)がイチオシのようだが、 塩ラーメンが食...

コメント:

たしかにすましの酸っぱさはすごいものがあったねー。
何度か食べていくと癖になるのかなって
思ったけど私は厳しいと思いました!
塩ラーメンしか食べてないけど、確かにあのスープに醤油タレを合わせたら、そら酸っぱいでしょうね。
それにしても900円は高い!
おやぶんさん
とりあえずベロベロの状態で食ってみたいですが、
そんな状態だと食べた事すら覚えてなさそう(爆)
yainamさん
900円は場所代ってことでw
食べログで人気高いですよねぇ・・・

コメント:する

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。