ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍旗信 京都店@京都市中京区

P1040665.jpg

龍旗信ラーメン

大阪発のお店が京都に続々と殴り込みをかけている。
この龍旗信も古くから大阪・堺で独自のラーメンを展開し、高い志をもったお店がその味を広めようと京都に進出。

龍旗信と言えば塩、アッサリ淡麗テイストで絶大な人気を誇るラーメンだけど、
正直自分的には上品なおすまし的なイメージが強く、過去何度か龍旗信のラーメンを食べたけども
あまりいい印象が残っていない。
ラーメン感というか、何か絶対的にラーメンとしての何かが足りない気がしていた。

スタイリッシュで洗練されたスマートな男前なラーメンではあると思うけども、
付き合ってみたら何かイマイチ的な男なイメージ。

さてさて、ココ京都では、と言うと、
結論からいうと今までのイメージとは少し違うものに感じられた。
ネギ油香るスープは旨味が豊かでアッサリは今まで通りだけども、
幾分と折り重なった複雑かつ重層的な出汁の旨味がはっきりと感じられ、
タレも大阪のものとは若干違って強めに感じられたのは気のせいか。
好みの問題かもしれないけども、大阪よりも京都の方がよりラーメンらしさが出た1杯に仕上がっていると思う。

ラーメンって今や様々な種類のモノがあり、ジャンクや濃厚というキーワードからこの龍旗信のラーメンは
かけ離れた対極をなすラーメン。
ガッツリ食べたいというラーメンの一般的なイメージとは少し違ったものになるかもしれないけども、
大人的と言うか、玄人好みの味わいと言うか、
ここ京都の地においてどんな反響があるのか個人的にはすごく興味が沸く。

個人的な話になって申し訳ないけど、京都には特別な思い入れがある自分が京都という街を
ここ数年間の間足げに通った印象としては、他府県文化を受け入れにくい排他的な土壌というイメージが強く、
それは人間性や古くからの独自の文化を持った風土、それはラーメンにもあてはまるのかもしれない。

出店を先に果たした塩元帥もそうだけど、
背脂醤油や天一の代表されるこってりスープが根付く京都のラーメン界にどういった一石を投げかけるのか、
ホントに興味深い。

個人的評価 ★★★☆


「龍旗信 京都店」

(住所)京都府京都市中京区蛸薬師通麩屋町東入蛸屋町157-11
(電話)075-256-2279
(定休)無休
(時間)11時30分~24時
(最寄駅)阪急河原町駅・烏丸駅各徒歩10分ぐらい
地図。
スポンサーサイト

この記事のトラックバック URL

http://ramencomplete.blog.fc2.com/tb.php/144-aa016a5c

コメント:

こんにちは
たしかに京都は閉鎖的な所はありますが
学生の多い若者の街なので、新しいものを受け入れる
土壌はあると思います
夢を語れ、高倉二条系列などの東京発は人気ですし
ただ、洛二神、塩元帥、龍旗信・・・大阪発には
何故か?京都のラーメン好きの反応は鈍いですね
インパクトに欠けるのか、コスパ不足か
麺の家出身の山崎麺二郎も味的評価は高いですが
爆発的な集客には結びついていないようです
排他的って言われる事が多い京都ですが、
京都で生まれ育った僕としては、そういう感覚は無いんですね。

風土、土壌ってのは関係あるかもしれません。
たとえば、僕は数年間大阪市内にすんでて、1年前に京都に帰ってきましたが、明らかに外食が減るんですね。

大阪市内に住んでた頃は、チャリでガンガン攻めて開拓してたんですがね。
京都に帰ってくると、そんな気が起きない。
不思議と1人でラーメン食いに行く気にさせない風土なんですね。
(案外、京都は二郎系ですら1人ラーメン率が低いと思います。

冬のくそさぶい中、出ていかんでええかぁとおもっちゃったり、夏のサウナ風呂で心おられたり。
交通の便もあるかもしれません。

一人飯市場には厳しいかもしれませんね。
そもそも京都は行列しないので、いきなり結果を求めず、コツコツされるのがよろしいかと。

あと、ラーメンは夜中にやれ!
ってことですわね。。。
一乗寺ラーメン街道
昼に行列ができるお店も京都にはたくさんありますが、1月の小雪舞う底冷えする夕方、日没後、20人以上並んで開店を待つ店は数件あります。みんな、震えながらも開店を待っているファン(私もその一人です)が居る店は素敵なだと思いますよ♪(笑)
Kさん
こんばんわぁ!
京都って独特の土地って印象がありまして、
だからこそ惹かれるところも多いんですよね。
ラーメンは今でこそ高倉二条や夢を語れが進出して盛り上がっていますけど、
かつての京都は大阪もそうであったようになかなか他府県文化を受け入れにくい土壌ではありました。
でも今ではいろんなお店があって、大阪よりも京都の方に魅力を感じている次第です。
ちなみに山崎麺二郎は個人的に京都ではかなり好きなお店です!
すね~くさん
自分は大阪から長い間毎週京都詣でをしていました。
以前の彼女が京都でして、毎週会いに行っては帰りに京都でラーメンを食べてから大阪に帰っていました。
そんなこんなで京都のお店は市内中心部はほぼ網羅出来ましたが、
お店を廻っている時に感じた事は大阪とは違い孤高なお店が多い事。
同じ関西、大阪京都お隣同士でエライ違いがあるなぁと思って食べていましたが、
食べ手であるボクは美味しいものが食べられればそんな事は全く関係なくいつも満足して帰っていましたね。

あ~
京都に住みたい!
京都移住は積年の夢なのです・・・
黒帽子さん
高安はじめ、かなりアツイ地帯なのは間違いないですね♪
大阪ではこんな激戦区はありませんもんね・・・
京都は市内至るところに良店が点在して食べるのに困らないイメージがあります!
大阪のラーメンファンももっと盛り上がってほしいです。

コメント:する

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。