ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華そば 無限@福島区海老江

P1040577.jpg

つけそば(醤油)

中華そば・塩そばとどちらもクオリティ高く、次なるメニューはつけ麺。
あまり間を空けずに再訪しまくりなのは自分的にはかなり珍しいのですが、
このお店への期待度の表れなのか、早く未食メニューを制覇してしまいたい衝動に駆られる。

つけ麺は醤油ベースのものと塩があったけど、
中華そば・塩そばと食べ比べてみて感触が良かった醤油でお願いした。

すごく香りがいいつけ汁は和出汁メインのあっさり清湯タイプ。
つけ汁内にはゴロゴロと角切りチャーシュー、
そして艶々の平打ち麺と、ビジュアル的にもとても美しい。
P1040578.jpg

様々な魚介系の強い旨味と魚独特の香り高い芳香がツーンと鼻の奥に抜けていく。
そして何と言っても醤油のキレが素晴らしい。
中華そばの時に無化調ながらもその完成度の高さと、貧弱さを微塵も感じさせなかった味の組み立て、
ベースのスープとタレとの融合がこのつけ麺においてもバリバリに発揮されている。

スープの素材感・香りを消さないタレとの調和、
それでもってしっかりと醤油の存在も感じる事が出来る秀逸のつけ汁。

うーん、マジでこれは凄い。
清湯つけ麺では大阪最高峰に位置するのではないかと思うくらいのつけ汁、
割らずにグイグイ飲んでしまったけども、
塩辛さは感じないし、かといってつけ汁的に頼りなくもない。

どこまでもサッパリとした清湯の究極系とも言えなくもないこのつけ汁には参りました。
甘味・酸味も感じる事もなく、
ただただ和出汁の美味さと醤油のキレで勝負する珍しくも崇高なつけ汁、

それに対し不満点が残ったのは麺。
幅広で多加水っぽい平打ち麺は食感がかなり硬く、つけ麺の中華麺というよりかは
パスタのフェットチーネのような食感。
サラっとした清湯との組み合わせを考えればもう少しソフトな方が何かといい気がした。

ま、そんな事はとっくに改善して次につけ麺食べる時には麺の課題もクリアして死角がなくなってそうな感じもするけどね(笑)

ココの店主さんはお世辞にも美味いもんを作りそうに見えない不器用なタイプにも見えるけど、(失礼ながら)
実はすごく研究熱心で実直にラーメン作りに向かっているんだろうなぁ。

短期間での味の改変がめざまし過ぎて食べ手である我々が追いついていない(笑)
こういう気鋭店の味の変遷を食べるたびにリアルに感じながらまた次来た時にはどうなってるのかなーなんて
アレコレ妄想しながら次回再訪時のイメージを膨らます、食べ歩きにはこういう楽しみ方もあってたまらない!

マジで次回再訪が楽しみ。

個人的評価 ★★★★☆


「中華そば 無限」

(住所)大阪市福島区海老江5-5-10
(電話)非公開
(定休)日曜、木曜夜の部
(時間)11時30分~14時、18時~22時
(最寄駅)JR東西線海老江駅徒歩5分。
地図。
スポンサーサイト

この記事のトラックバック URL

http://ramencomplete.blog.fc2.com/tb.php/139-d2a99f51

パーフェクトな つけダレ〔中華そば 無限/ラーメン・つけ麺/野田阪神〕
さてさて、感動のオープニングに立ち会ったあとは、ひたすら西へと歩いた。 そして黄色い看板の店に到着。 ガラガラと戸を開けると・・・ どっひゃーっ!!^^; またさっきの男

コメント:

味の改変早すぎです。
和出汁の美味さと醤油のキレで勝負する崇高なスープを完成させるために、今年はじめには、店に何日も泊り込んで深夜から早朝まで試行錯誤を繰り返されたそうです。
現状に満足することなく、常に、最善を目指す店主さんに脱帽です。

更に、今週から、名古屋コーチンを使用し始め、スープは劇的に進化していました。
清湯つけ麺だけでなく、中華そばも大阪最高峰に近づいていると感じました。
ここで紹介していただき、中華そばを食べましたが、店の風貌からは想像できない旨さでした♪♪
ビーマさんがここまで書かれるのなら、つけそばも必食ですね☆☆
黒帽子さん
コーチン使いだしましたか・・・
高級素材にはあまりこだわらずに独自の路線を歩まれると思っていたのでちょっと意外かもです。
スープもこれからもっともっとイイものになっていくんでしょうね。
リストさん
行く度に美味しくなる、行くのが楽しみ、
凄いお店ですよね☆
でもほどほどに精魂込めて、体調管理しっかりして頑張っていただきたいです!
確かにあんなメチャウマなもんを作りそうには見えないですね(笑)

あの麺の硬さですけど、原因は茹で時間だけが問題ではないような気がしてます。
麺に使っている粉は準強力粉と中力粉のブレンドとのことなのですが、
あれを中力粉だけにしてみたら、あの跳ねっ返りはなくなって、麺と絡みやすくなるのかもしれないです。
なんせ研究熱心な店主さんですから、近いうちに★5つレベルに進化するような気がしてなりません^^
yainamさん
中力粉だけでは食感的に少し頼りない気もするので準強との配合ですかね。
しかし久しぶりに行く度にワクワクできるお店で、これからホント楽しみです。

コメント:する

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。