ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩色ラーメン きんせい総本家@高槻市栄町

最近のきんせいの動きには思うとところがある・・・
かつてまだお店がココ栄町しかない頃、
時にチャリで、時に総持寺駅から30分ほど歩いて、
行く道中ワクワクしながら「今日は何食おうかなー♪」と本当に心の底からきんせいのラーメンを食べる事を
楽しみに通っていたあの頃。
たまに出す限定(金曜日が多かったかな)には普段限定ものに興味のない自分でも都合が合えば勇んで並び、
毎回趣向を凝らしたそれはそれは凄みのある一杯に感動していたなぁなどと回顧する事が最近多い。

時は流れ、今では大阪市内や郊外でちょっと足を運べばきんせいのラーメンに触れる事が出来る。
タカさんが立ち上げた東成きんせいを歯切りに、
交野、高槻、茨木、寝屋川。
FC展開する枚方の夢風に気鋭の谷町。

どこでも手軽にきんせいの味に触れる事が出来て嬉しい半面、
ちょっと考えさせられる事がある・・・

それは、「あの頃」の栄町の「味」。

店舗展開していく中で、各店カラーの違うもので次々と新しい試みをするのは素直に凄いと思う。
開店して食べに行くと必ず新たな発見があり、楽しませてくれるきんせいの凄さは誰もが認めるところ。

でも・・・
自分の中であの頃の栄町を超える店舗が出てこない。

最近は市内で行きやすい東成とJETに行く事が多くて、
この2軒はタカさんが手掛けたお店だけあって自分の中でもかなりのお気に入り。
谷町は限定ばかりがクローズアップされるイメージがあり、ちょっと疎遠気味。

交野は場所がなぁ(笑)って事で足が向かず、高槻駅前は場所の利便性も良く、京都方面に出かけた際に帰りに寄ってみたり♪と色々なシーンで使える。

今回久しぶりに栄町のお店に行ってみた。
きんせい各店に行く際にはない、何だか胸の高鳴りと言うか、やはり特別な感情がこみあげてくる。

そう、きんせい栄町はきんせいにおけるルーツ、
きんせい栄町は自分が今まで食べてきた数千杯の中でも一際特別視するラーメンを数々生み出してきた言わば聖地。

失望とまではいかないけど、最近各店で食べた時に感じていた何かを払拭するための最後の砦。

入口にあった製麺室は店内奥に移動していて、ちょっと違和感あるなーって思ったり。
(改装したのいつだっけ?って思うぐらい栄町に長い事行ってないんだなーと実感。)
P1040487.jpg

現在のメニュー。
定期的にメニューが変わり、新しいメニューが出てはコレ!次また変わったらコレ!
と言った感じで、行く度に違うものを食べては楽しんでた時もあったっけ。
でも、通い出した時からある、きんせい栄町の不動のメニューと言えば!!!

薫製鶏塩!

これしかナイでしょう。

この日はコレに決め打ちして来たし。
P1040488.jpg

黒の丼が映える!
あの青い丼もいいけど、この黒も印象的。
カイワレが乗り、一目できんせいのラーメンだとわかるビジュアル、
まるで時が止まったかのようなラーメンと久しぶりに対面。

かつて「旨味の洪水」と比喩された超絶スープに悶絶していた頃を思い出す。

そして恐る恐るそのスープを飲んでみた・・・

熱い!(いろんな意味でw)

温度的なものもそうだけど(笑)
なんっつーか、色々と熱いのです(>_<)

食べ出すと体が熱を帯びていく。
いろんな想いが交錯し、辿りついたもの。
それがこの1杯のラーメンを食べ、最近モヤモヤしていたものを吹っ飛ばす。
すんごいパワー。

「最後の砦」とちょっと自分の中で大げさに銘打って食べに行った鶏塩。
「あの頃」を彷彿と言うか、そのままだった事に対して自分の中で得も知れぬ充実感を感じていた。
きっと細部は少し変わっているのだろうけど、別にソレは関係ない。
食べ手側の受け取り方一つ。

いつまでもこの味を守り抜いて欲しいと思う。

きんせいイズムはお弟子さんによって脈々と受け継がれ、さらなる席巻を期待しています。


個人的評価 ★★★★★


「彩色ラーメン きんせい総本家」

(住所)高槻市栄町2-19-7
(電話)072-696-2448
(定休)月曜、木曜夜の部、第1日曜
(時間)11時30分~14時30分、17時30分~22時30分(日曜は21時まで)
(最寄駅)阪急京都線富田駅徒歩20分
地図。
スポンサーサイト

この記事のトラックバック URL

http://ramencomplete.blog.fc2.com/tb.php/111-9d6fdaa0

コメント:

おー♪
久々に熱くなってますなー♪
自分の中で特別なお店があるのは幸せなことですね♪
リストさん
特別と言うか、ココは関西ラヲタの中でも特に思い入れの大きいお店ではないでしょうか。
いつまでもココだけは変わらずにいて欲しいです!

コメント:する

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。