FC2ブログ

ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

浜屋そば@沖縄県北谷町

はまや

浜屋そば(小)

浜屋そば@北谷町。

プルプルのソーキ(豚軟骨)が乗ったあっさり味の一杯。
ちぢれ麺がしっかりお出汁を拾います。
ベースはどこもアッサリながら各店各々違いがあるのは当然だけど、
どこのお店でも共通なのは食べるとどこかホッとするトコ。
鰹主体の沖縄そばはうどんのような味わいの中にもしっかりとした力感と食べ応えがある。
その神髄は一体何なのかなぁ。

はまや2

個人的評価 ★★★☆(3,5)


鶏だし工房 garyu-ya白@沖縄県沖縄市

がりゅうや

Sioラーメン

鶏だし工房garyu-ya白@沖縄市。

いや〜、コレはウマイぞ!
鶏とジャガイモの濃厚スープに外付けの甘味と辛味の配分がバチっとハマってめっちゃ(゚Д゚)ウモォー
揚げネギの香ばしさが後半効いてきて、酢昆布もたまらんね。
最高♪ 
ベースのスープは鶏白湯で濃度に頼らず他素材との絡みを重視したバランススペック。

がりゅうや2

個人的評価 ★★★★★(5,0)

ジンベエ@沖縄県沖縄市

じんべえ

ラーメン

ジンベエ@沖縄市知花。

冬季のみ提供のラーメンは鶏白湯×煮干に極太麺をあわせる剛の一杯。
仕上げに大粒の背脂とかなりコテ系。
力感溢れる印象だが、鶏の甘さと煮干のネガな苦味がぶつかり気味で親和性に乏しい。
つけ麺が有名なお店でつけ麺は豚骨×魚介の王道スタイル。

じんべえ2

個人的評価 ★★☆(2,5)

首里そば@沖縄県那覇市

しゅりそば

首里そば(中)

首里そば@那覇市首里。

那覇市の超人気店で首里城の近くにお店があります。
広い店内にお客さんビッシリ、座敷に通されご対麺。

コレって出汁は豚肉と鰹、味付けは塩のみでしょ?
シンプル、それでも食わせるヒキ強く魅せられた。
麺はきしめん的な平べったい不揃い麺。
関西出汁文化にも通じる鰹の真髄を味わったかのよう。
沖縄ではそばの事を「すば」というらしいのですが、
この1杯は本当にすば(素晴)らしい〜。
ここは遠征前にイメージしてた沖縄そばのイメージそのままの味だったかな。
澄んだスープにあっさりとした味わい。
じゅーしー

同行者のかず兄が注文した「じゅーしー」というサイドメニュー。
スープで炊いた炊き込みご飯的な感じでこれがまた絶品なのです。
しょっぱなの2杯で完全に沖縄そばの虜に!

しゅりそば2

個人的評価 ★★★★☆(4,5)

大東そば@沖縄県那覇市

だいとうそば

大東そば(中)

大東そば@那覇市牧志。

初の沖縄遠征です。
沖縄といえばラーメンではなく「沖縄そば」。
ですが、ひとえに沖縄そばと言っても地域により特色が違って結構味も違うのですよね。
そこら辺も込みでお伝えしていきます。

那覇市の繁華街にある大東そばは沖縄離島の南大東島にあるお店の那覇店にあたるお店です。

濁ったスープは鶏豚+鰹。
木灰を用いた極太ちぢれ麺は中華麺とは異なる食感。
麺をすすった時に立ち込める鰹の風味が凄くて官能的〜。
今まで関西圏で食べた沖縄そばとは一体何だったのかと思う。
さすが南大東島の名店、旨し◎
沖縄そばは澄んだスープで、って勝手に思っていましたが、
1軒目から濁ってます(笑)
先入観はアテになりません。
また、変な先入観は食べ歩きの視野を狭めてしまいますね。
無の状態で食べに行くのが一番楽しいかもしれません。
話は逸れましたが、沖縄そば、1軒目から大当たりでテンション上がりました♪

だいとうそば2

個人的評価 ★★★★(4,0)

Template Designed by DW99