ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一望@生駒市東生駒

いちぼう


濃とんこつ

オープン当初とは少しメニューが変わったかな。
店主さんはむつみ屋出身だそう。
だけど、出してるラーメン全然違うぞ(笑)

自慢の濃厚豚骨は旨味と骨感、双方しっかり楽しめるガチ豚骨で無化調。
豚骨で無化調は珍しいがしっかりタレに味を乗せていて無化調感はない。
濃度は一般的にはかなり濃い部類になると思うけど、
個人的には濃すぎず食べやすい感じに映ります。
香ばしいマー油もアクセントによく、それでいてベースの豚骨スープの邪魔をしない。
逆に言えばそれだけスープがしっかりとしているのでしょう。

麺はミネヤ製の太麺。
改めてミネヤの麺って好きだわぁと実感。
関西の麺屋さんの麺で一番親しみのある麺。
スープとの相性がとくに優れている合わせやすい麺だと思います。
麺単体だと他にウマイ麺屋もあるんですが。
麺とスープは夫婦のようなもの。
いくら麺が良くても麺の個性が強すぎてダメなパターンを過去によく見かけました。
夫婦喧嘩ですね(笑)

一望、お客さんをしっかりと掴んでいます。
こってりのカテゴリはわかりやすい旨さでとっつきやすいので清湯系のお店よりも優位だと思うけど、
それでも開店1年ちょっとで繁盛店と言える客入りはしっかりとした商品があってこそ、でしょうね。

個人的評価 ★★★★(4.0)

いちぼう2


「一望」

(住所)生駒市東生駒1-535
(電話)0743-20-8029
(時間)11時30分~15時、18時~22時15分(売り切れ終了)
(定休)月曜(祝日は営業、翌休み)
(最寄駅)近鉄東生駒駅徒歩15分
スポンサーサイト

らぁめん トリカヂイッパイ@生駒市俵口町

トリカヂ

醤油らぁめん

直に伝わるのは鶏と醤油。
魚介はサポート程度であとは昆布と椎茸か。
鶏の豊かな風味と醤油タレの甘さが絶妙にマッチしたネオ淡麗。
ジワ~っと味わえる一杯で関西圏ではまだまだ馴染みは薄いけど、
これからブレイクするのはこういうラーメンなんだろうなぁと個人的に思います。
丁寧に作りこまれてる印象。
この手のタイプに派手さは無用です。

出汁の旨味と醤油の使い方と言うか、選び方と言うか。
従来の醤油ラーメンとはひと味違うところ、それは醤油が違うから。
その他にも色々と違うところもありますがね。

加水低すぎな麺は関東で流行中のパツっとしたもので個人的にコレは苦手。
ボソっとした食感があまり好きではないんです。

しかし奈良は活況ですね。
いろんなお店が出てくる。
数年前まではホント、いいお店が少なかった分それだけ伸びしろはまだまだある、といったところでしょうか。

個人的評価 ★★★☆(3.8)

トリカヂ2


「らぁめん トリカヂイッパイ」

(住所)生駒市俵口町1093
(電話)非公開
(時間)11時~14時30分(夜の部は不定期で営業)
(定休)月曜・祝日
(最寄駅)近鉄奈良線生駒駅徒歩15分

豚烏 総本家@香芝市今泉

ぶたがらす

豚そば

奈良で少し話題になってるお店なので行ってみました。

黒い麺、ドロっとしたスープ。

出汁が何やら、タレがどうやら、
えーっと、複雑?じゃなく、何だろ?
タレは?
塩?醤油?味噌?
何だろ?
食べてみると本当に何もわかりません。
ということは、普通には作ってないんでしょう。
食べると大体何がどうとかは掬えるんですけど、ココは掴めないです。

メニュー表には大層な蘊蓄を並べていました。
一通り目を通しましたが、お店のこだわりはかなりのものですが・・・

店員さん、いらっしゃいませもナシで厨房内で何やら揉めてたけど。
そして注文してから秒の速さでラーメン出てきたけど。

何か、よくわからないお店。

今回は評価ナシで。

ぶたがらす2


「豚烏 総本家」

(住所)香芝市今泉376-7
(電話)0745-43-8983
(時間)11時45分~15時15分、17時45分~23時(売り切れ終了)
(定休)月曜(祝日の場合営業、翌休み)
(最寄駅)JR和歌山線志都美駅徒歩10分


麺~leads~なかの@大和高田市

なかの

TORI白湯


純鶏白湯ではなく魚介もMIXしたスープで濃度よりも旨味に照準を合わせた一杯。
提供前に攪拌器でスープを泡立てていました。
この手法は今でこそよく見かけるようになりましたが、関西圏で初めて見たのはもう5~6年前でしょうか、
和歌山のお店だったかな。
一つの技、として捉えていますが、乳化のまろやかな口当たりと違ってどこか違和感感じるんですよね。

魚介油と出汁に使う昆布等の乾物系の下支えがありスープは旨味たっぷり。
鶏だけではなく複数素材を使い旨味を積み上げたバランススープで奥深い仕上がりになっています。

現在の関西ラーメンシーンは鶏白湯隆盛ですが、ここは結構個性を見出した一杯だと思います。

麺は中太ストレート、あまり印象に残るものではありませんでした。
総体的な感想としては、スープの出来が際立つ感じ。

お店は大行列で入店までに1時間ほどかかりました。
すごい人気ですね。
奈良はまだ鶏白湯のお店が少ないのですが、その中で最近オープンした中では頭一つ出た印象。

具のクオリティも高く、全部のせのラーメン注文しているお客さんが多かったです。

個人的評価 ★★★☆(3.8)

なかの2


「麺~leads~なかの」

(住所)大和高田市神楽254-6
(電話)0745-44-8780
(時間)11時30分~14時、19時~21時30分
(定休)月曜(日曜夜は休み)
(最寄駅)近鉄大阪線大和高田駅徒歩10分

らーめん颯人@大阪市北区

今年大阪でオープンしたお店の中で最も話題となったお店ではないだろうか。

名店・カドヤ食堂出身との事で否応なしに注目度の高さばかりがクローズアップされているが、
実際にラーメンを食べてみると唸るぐらいウマイものが出てきた。
はやとしょうゆ

しょうゆらーめん

中華そばタイプで醤油ベース、良くも悪くも安定の一杯、と世間の評だが、自分はそうは思わず。
出汁、タレ双方の立たせ方が独特のように思えるその出で立ちは修行元のカドヤ食堂とは違うと個人的見解。
魚介もタレもスッと引いた、本当に毎日でも食べられそうな素朴な味わい。
ネオ中華そばとでも言おうか、もちろん素材の旨味はしっかりと引き出していながら何が目立つ、
という所のない完全バランサータイプ。
優しくもムダのない、そんな印象です。


はやと味噌

みそらーめん

コレは大阪で今までなかった味噌ラーメン。
一口食べて衝撃を受けたのがこちらの味噌。
どちらかと言うと優等生タイプの中華そばとは違いかなりパンチのある一杯で濃厚な味噌ダレと
スープから漂う何ともフレッシュな生姜の香りに一発KO、

何という生姜!!!

味の核を邪魔せず、それでいて半端ない存在感を示すこの生姜こそがこのラーメンの肝。

出汁が何やら味噌のブレンドが何やら、細かい事大事な事を考える事なく、ただただウマイ。

中華そば、味噌に共通するのは麺の美味しさ。
滑らかな口当たりでスルスルと喉を通っていく。

カドヤ食堂出身者はどこも美味しいラーメンつけ麺を出していますが、
オリジナリティに関してはあまり感じるものがなかったイメージですが、颯人は味噌の出来が出色。
カドヤ系列ではなく、関西圏に視野を広げてもこんなにウマイ味噌は見当たりません。

大阪は元々味噌ラーメン不毛な土壌でありますが、
その中でオープン即煌めく一番星の座をGETした、そんな風に感じました。

個人的評価 ★★★☆(3.5)しょうゆらーめん         
        ★★★★★(5.0)味噌ラーメン


はやと外観


「らーめん颯人」

(住所)大阪市北区南森町1-2-2
(電話)06-6312-8276
(時間)11時~14時30分、18時~21時
(定休)月曜
(最寄駅)大阪地下鉄南森町駅徒歩5分

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。