FC2ブログ

ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

春光亭@松山市井門町

今回の愛媛遠征で1番行きたかったお店がコチラの春光亭です。

一度閉店してしまい、その後リスタートした経緯のあるお店。
閉店したいきさつ等は後述・・・

気合の30分前シャッターで1番乗り。
開店時間ちょうどに店主さんが出てこられました。
何かオドオドしたような感じでお待たせしました(汗)って、ちょっと挙動不審だぞ(´・ω・` )

メニューはシンプルに汁そばのみ。
限定で生姜そばなるものがありましたが当然スルー。

店内には「ウマイラーメン屋さんの匂い」が充満している。
魚のイイ匂い。
待ってる間この匂いだけで満たされるような気もしました。

調理の手際を見ていると、すごく丁寧に作っておられます。
逆を言うと、手が遅い、とも取れるのですが、そこら辺の捉え方は紙一重ですね。

しゅんこうてい

汁そば

どーよこのビジュアル。
神々しいまでの出で立ちに思えませんか!?

黄金色の脂は鶏脂。
出汁は鰹が強く、あとはいりこかな、かなり濃い魚介出汁でバリバリ和風の趣。
麺はヤワメの太ちぢれでスープにピタリと寄り添っています。
鶏胸肉のチャーシュー、水菜、メンマ。

アカン、2分ぐらいで食べ終わってしまった(滝汗)

提供温度はやや低め、だって麺上げしてから2~3分具材の盛り付けしてたからね。
でも不思議と気にならない。

濃い魚介出汁と甘くもキレのある醤油ダレが抜群にバランスを取り合いそして脂でコクを補う。
いやいや、そんなもん当たり前でしょ、って思えるけど、
その当たり前が完璧にハマってしまうとこんなに相乗効果を発揮するんだな、と。

少し酸味の立つスープがウマすぎて、もう一心不乱に食べてたと思います。
喉越しの良い麺はあっという間になくなり、そして、スープは最後の一滴まで余すことなく飲んでしまっていた。

まさに無我夢中。
個人的には感動レベル。

ここまで引きこまれる一杯はなかなかお目にかかれないですね。

珠玉の和風ラーメンだと思います。

一度閉店したいきさつ、
傍目から見たら繁盛してたんですが、食材にコストをかけすぎて経営が成り立たなかったそうです。
店を閉めるその時に放った店主さんの言葉がこれまた凄い。
「今度またコストの合うラーメンを作って再デビューします。ただし、前のラーメンよりは絶対に美味しくは出来ません」
って(笑)

どんなけコストかけてたんやとツッコミたくなりますね。
不器用ながらも美味しいものを作る事に注力した結果なんでしょうが、
その時のラーメンって要は今より美味しかったってことでしょう?
想像出来ないなぁ。

偏屈そうな店主さんだと思うかもしれませんが、実際は全然そんな事なくすごく腰の低い方でした。

帰り際少しだけお話しましたけど、その人柄が丼の中にギュッと詰まってる。
そんか感じに思えるました。

春光亭、また絶対行きたいお店の1つ。
昼営業のみとハードル高いですが、松山行ったら必ず行きますよ。

個人的評価 ★★★★★★(6.0)

しゅんこうてい 外観


「春光亭」

(住所)松山市井門町489-8
(電話)089-957-1125
(時間)11時~14時30分
(定休)火曜
(最寄駅)伊予鉄道横河原線福音寺駅徒歩30分

久留米とんこつラーメン 松山分校@松山市中央

分校ラーメン

福岡久留米の有名店、大砲ラーメンの暖簾分けのお店って事でいいのかな。
お店の暖簾も大砲と同じです。
愛媛県は海を渡ればすぐに九州に行ける場所。
土地柄ラーメンの盛んな、とりわけ博多系の豚骨ラーメンを出すお店が多いながらも、
ココは久留米の味を発信しています。

って、何が凄いかと言うと、店外にけたたましく香る猛烈な豚骨臭!
自分は結構鼻が効くのですが、店まで約300メートル手前ぐらいから
「あ、豚骨の匂いする。分校に近づいてきたなぁ」と実感出来るぐらいの匂い。
さらにお店に近づくごとにその匂いはさらに強烈なものに・・・

どんなけ豚骨臭いねん!と歩きながら笑ってしまいましたね。
大阪では上新庄駅のホームまで匂うこともある天神旗がありますが、
ここも凄い匂いを発してるんですけど、天神旗より上とかハンパないです。

と、食べる前からテンション上がりまくりでしたが、さてさてラーメンはどんなものかいな、と。

デフォのラーメンではなくこってり系と書かれた分校ラーメンをチョイス。

ぶんこう

分校ラーメン

久留米特有の呼び戻し豚骨スープです。

白濁した豚骨スープはアツアツの状態で出てきました。
お、匂いは丼からはしてこないですねぇ。
コレは意外だなぁ。
トロミはなくどちらかと言うとサラッとした感じにも思える。
濃度はないが、なんと言うか、骨粉感?ザラザラ感?カルシウム感?←(なんだそれ)が強くかなり骨太な印象です。

呼び戻し由来の風味はあるけど、豚骨独特の獣感は控えめ。
このあたりは食べやすいようにアレンジしているのかもしれません。
この豚骨の風味をMAX活かすかのような淡いタレ。
塩っ気は感じますが、タレそのものにはあまり旨味を詰めていない。
主役はやはり豚骨スープなんだと、その主張が伝わります。

麺は白肌のストレート細麺でそこまで粉っぽくなく固めの茹で上げ。
後半ややダレてきていましたが、コレは豚骨ラーメンの麺の特性上デフォな感じなので気にしない。
あと、多めのラード。
これちょっと邪魔に思えてクドさを感じます。

濃度よりも旨味にシフトした豚骨ラーメンで、ガチの呼び戻しは正統な久留米の味。
エグさや臭さはなくネガ感はありませんが、逆にそれが物足りないと感じるかもしれません。

総体的な感想としては、四国でコレ食えるのはいいなぁ、って感じ。

ぶんこう 外観


個人的評価 ★★★☆(3.5)


「久留米とんこつラーメン 松山分校」

(住所)松山市中央2-38-6
(電話)089-923-1992
(時間)11時~23時
(定休)無休
(最寄駅)伊予鉄道高浜線衣山駅徒歩10分

りょう花 フライブルク店@松山市南江戸

四国を席捲する勢いのりょう花。
ここ数年で店舗数をかなり増やしています。
愛媛、香川、高知、四国の方々には身近な存在のラーメン店ですが、
数年前の雑誌アンケートでは愛媛県のウマイラーメン店No.1に輝いた実力店。

店舗展開を広げながらも味の方はおろそかにしない、をモットーに支持を集めているようです。

りょうか

鶏塩ラーメン

何というキレイな顔・・・
思わずうっとりとさせられました。
コレ食べる前からウマイの決定やん、と思わせてくれる。

スープは透明クリアな清湯。
出汁も味も、両方濃いなぁ~。
鶏メインをベースにタレの味もくっきりと。
旨味の輪郭がはっきりとしていて、悪く言えば旨味の押し売り的な風にも取れます。
いろんな素材の旨さをギュッと詰めていますが、どこかぎこちなさがある。
タレと出汁、共に強いのでそう感じるのかな?
そして麺は滑らかな舌触りでこれまた存在感がありますねぇ。
絹のような細やかな麺肌はつけ麺でこそ活きそうな気もしましたが、この麺ウマイわ~。
スープもウマイし麺もウマイし、単体で見ると言う事ナシ。
スッと何かを一歩下げるとまた変わりそうな気もするんですが、
一杯のラーメンに情熱をぶち込むお店、との触れ込みなのでコレはコレでアリかもしれません。

感想としてはかなりウマかったと思うし、他メニューも食べてみたい。
松山に来たら必ず寄りたいな、と思えるぐらいのお店だと思います。

個人的評価 ★★★★(4,0)

りょうか 外観


「りょう花 フライブルク店」

(住所)松山市南江戸3-10-30
(電話)089-994-8835
(時間)11時~15時、17時~翌2時(土日祝は通し営業)
(定休)火曜
(最寄駅)JR松山駅徒歩15分

おが多 キスケBOX店@松山市

今日からの更新は四国編。
愛媛と高知をお届けします。

大阪から愛媛ってかなり行きにくいですね~。
車だと5時間、電車だと新幹線+特急で交通費ハンパないのですが、ここ最近の遠征パターンは飛行機!
LCC、とりわけピーチの使い勝手が良くて重宝しています。
ピーチは松山空港に就航しているのですが、この遠征では飛行機代往復5000円弱!
何というピーチ、ピーチは遠征ラヲタにとって心強い存在です。(色々とリスクもつきまとうが細かい事は気にしない)

松山到着後すぐに向かったお店はJR松山駅の目の前、レジャー施設内にあるお店、おが多。

おがた

ラーメン

なみなみと注がれたスープに大量のネギが印象的なビジュアルです。
スープのベースは鶏!
白湯ではなく半濁り、鶏の匂いがブンブンに漂っています。
うわー、出汁濃いわぁ♪
京都の第一旭のスープを鶏に置き変えたかのような味わいで醤油もバチっと決まったジワ旨な一杯。
細麺を合わせていてスルスルっと食べる事が出来ますね。

チャーシューは煮豚ではなく焼豚で、こんがりとした焼き上げ。
香ばしくて食感はやわらか。

ココはやっぱりスープかなぁ~
たっぷりの量も嬉しいし、食べてて全く飽きがこない。
味わい的にはあっさりの部類ですが、ボリュームがあって食べ応えのある一杯。
作りは簡素ですが底知れぬ奥深さがあるラーメン。

いいお店です!

個人的評価 ★★★☆(3,8)

おがた 外観


「おが多 キスケBOX店」

(住所)松山市宮田町4 キスケBOX内
(電話)089-921-0003
(時間)11時~23時30分
(定休)無休
(最寄駅)JR松山駅目の前すぐ

甚八@姫路市野里

じんぱち

鶏とろみそば
関西を席捲中の泡泡クリーミー鶏白湯。
ここもその一種で極めてクオリティの高いものを出している新店。

姫路エリアはなかなか新しいお店が出てこないイメージで、
どちらかと言うとチープ路線のラーメンが多いだけに要注目。

スープは鶏×魚でまろやかで濃厚な口当たり。
塩分濃度がやや高めに設定してあり、結構キレのある感じに仕立ててある。
抜群にウマイ麺は自家製とのこと。

つけ麺、アッサリ魚系ラーメンとメニューも豊富で再訪確実。

ただ、個人的見解を言わせてもらうと、この系統のラーメンはやや食傷気味。
数年前に豚骨魚介のブームが来たあの時と類似していて、今や右も左も鶏白湯。
ウマイのは充分わかったから、何というか、没個性、
写真見たらどんな味かだいたいわかるよねというエスパーラヲタが増えてくる異常事態
(お前ホンマにわかっとんのかいというツッコミはグッと我慢)。

どうなる関西ラーメン界。

個人的評価 ★★★★(4.0)

じんぱち 外観

「甚八」

(住所)姫路市野里78-7
(電話)079-280-3550
(時間)11時~15時、17時~23時
(定休)無休
(最寄駅)JR播但線京口駅徒歩15分

Template Designed by DW99