ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華そば うえまち@中央区上町

うえまち つけ麺

つけ麺

シックな装い、洗練された大人な雰囲気。
このお店の中華そば(醤油)を食べた感想・イメージがコレだったのですが・・・
新店ながらはや貫禄すら漂う中華そば、さてつけ麺は?

結論から言うと

ムチャクチャウマイ

一心不乱に麺をすすり、速攻で完食。
つけ麺注文して、
麺が足らぬわ!
と感じたのはちょっと記憶にありません。

酸味、コレ酢の使い方、立たせ方がもう絶妙ですね。
暑い夏場に食べれば食べるほどハマりそう。

和出汁が味の中心におり、出汁もバッチリなんですが、この酸味が曲者、
そして忘れちゃならない麺の旨さも特筆ものでした。

大盛り推奨(それでも足らなかった)。

今年度のラーメンAWARD新店グランプリ店、
納得のお味でございますm(__)m

個人的評価 ★★★★★(5,0)

うえまち 外観2


「中華そば うえまち」

(住所)大阪市中央区上町A番22号
(電話)06-6762-5311
(時間)11時~14時30分、18時~21時
(定休)月曜
(最寄駅)大阪地下鉄谷町線谷町6丁目駅徒歩5分
スポンサーサイト

和醸良麺すがり@京都市中京区

すがり もつつけ

もつつけ麺

高倉二条、ろおじの豚骨魚介に対してコチラは鶏ベースなんです(意外と)。
生卵トッピングしてすき焼き風に食べるのですが、
これがウマイのなんのって♪
酸味の立ったタレと小気味のよい魚介、
そしてこの系列のトレードマークである全粒粉の麺がBestマッチング!

生卵につけて食べるつけ麺、このアイデアはイイですねぇー。
つけ汁に麺をくぐらせて、生卵につける。
甘くまろやかな味わいはヤミツキになりそうですね。

つけ汁に浮く牛もつですが、
以前に比べるともつの質が少し変わったのかな。

個人的評価 ★★★☆(3,8)

すがり 外観


「和醸良麺すがり」

(住所)京都市中京区観音堂町471-1
(電話)075-205-1185
(時間)11時30分~15時、18時~22時(土日祝は夜21時まで)
(定休)無休
(最寄駅)阪急京都線烏丸駅徒歩5分

麺や 向日葵@京都市左京区

ひまわり 醤油

醤油ラーメン

塩で有名なお店が作る醤油ラーメン。
もちろんココのお店の看板メニューは塩なんだけど、
あの淡いトリプルスープが織りなす深い味わいの塩ラーメンを出すお店の醤油とあらば
食べないわけにはいけません。

醤油になると塩とは少し印象が異なるものに仕上がっていますね。
醤油のタチとポクっとした麺の存在が浮き出てきます。
丸い味だった塩とは方向性が違うものの、
やはり大豆の旨味と言うか、醤油らしい風味あるラーメンでこちらも美味。
やや甘さが立つ点が気になったポイント。

個人的評価 ★★★☆(3,3)

ひまわり 外観


「麺や 向日葵」

(住所)京都市左京区浄土寺西田町100-28
(電話)075-752-3060
(時間)11時30分~14時30分、18時~23時
(定休)水曜
(最寄駅)叡山電鉄元田中駅徒歩15分

麺屋NOROMA@奈良市南京終町

のろま ラーメン

鶏そば

うわぁー
NOROMAウメェ~

つけ麺、鶏そば。
印象は大きく変わる。
技のつけ麺、鶏ダイレクトの汁麺(鶏そばね)。

舌に転がるはひたすら鶏、非常にふくよかで丸いライン。
柔らかなタッチで濃厚ながら印象は軽やか。
女性ウケ抜群でしょう。
スタイリッシュなビジュアルも◎

タレと出汁、そして外付けで施されたものが組み合わさって複合的なものになっていたつけ麺、
まさしく鶏そば、直球ストレートのラーメン。
これはどちらも秀逸です。

個人的評価 ★★★★☆(4,3)


のろま 外観


「麺屋NOROMA」

(住所)奈良市南京終町3-1531
(電話)0742-63-5338
(時間)11時30分~15時、18時30分~21時30分
(定休)水曜・月末の夜営業
(最寄駅)JR桜井線京終駅徒歩15分
地図。

ラーメン 坊也哲@東大阪市西岩田

ぼうやてつ つけ麺

つけ麺

麺哲グループ、
店主の庄司さん、弘雅流の河崎さん、○丈の丈六さん、そしてこの坊也哲のヤスさん。
今まで麺哲豊中や天保山、そして高槻時代の坊や哲、
いろんな場所でいろんな方が作るラーメンを食べてきましたが、
結構各々特徴があったなぁと懐かしむ一方、麺哲から独立した今のお店ではなく、
麺哲時代にじゃあ誰が作ったラーメンが一番美味しいのか?
自分的にはこの坊也哲の店主さんであるヤスさんのが
一番自分に好みに合ったラーメンを出してくれていた(気がする)。
もちろん基本は麺哲味なので気のせいかもしれないのですがね(汗)

東大阪にオープンした坊也哲は以前の高槻の「麺哲支店」の文字が取っ払われました。
言わば独立ですね。
店長さんは旧くから食べ歩きに勤しんだあのお方を招聘。

うーん、感慨深いものがありますなぁ。

カウンター席の端っこでつけ麺すすってたら庄司さんに見つかり
何でつけ麺食べてんだよー
とダメだし食らいましたけども、麺哲で常設メニューではないつけ麺がメニューにあったので
思わずつけ麺注文してしまったのです(笑)

やや塩っ気の強いつけ汁が最高に美味いです~♪
で、麺がやはり問答無用!
これはもうここ10年くらいの大阪の麺事情の軌跡、言わば現在の自家製麺店のルーツでもあり、
目標でもあるでしょう。
某製麺屋さんが麺哲の麺より凄い麺作るぞ!のコンセプトに作られた特別な麺を作ったとの逸話もあるぐらい。

つけ汁は鶏ガラ、丸鶏、豚は骨ちゃうな、肉か、で、得意の昆布。
この昆布がボク的には麺哲の代名詞ですね。

東大阪は人口多いですが、ラーメン屋さんはあまり多くない地域なので
1人でも多くの方々にこのお店のラーメン食べてもらって、こんな美味しいラーメンあるんやな!
って思ってもらいたいですね。

個人的評価 ★★★★☆(4,5)


「ラーメン 坊也哲」

(住所)東大阪市西岩田4-4-46
(電話)06-4307-5659
(定休)月曜(月曜祝日の場合は火曜もお休み)
(時間)18時~24時(土日は12時~15時、18時~21時30分)
(最寄駅)近鉄奈良線若江岩田駅徒歩15分

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。