FC2ブログ

ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

鶏そばムタヒロ@国分寺市本町

むたひろ らーめん

ガハハ鶏そば

国分寺と言えばムタヒロ、ムタヒロと言えば国分寺。
国分寺駅に3軒のお店を出す完全ドミナント店舗、
煮干し、鶏、まぜそば、とそれぞれ違うメニューで営業中のムタヒロ。
大阪で言うところの上新庄の天神旗的な感じ?(←なんか違うような)

鶏出汁に多めの鶏脂、鶏鶏しまくりで相当なチキンブースト。
鶏の押し上げに甘めの醤油ダレ、醤油感はあまりなく、主役はどこまで行っても鶏なのです。
とにかく鶏推し。
アプローチは丸く尖ったところは皆無。
鶏が強すぎて逆に変に思うぐらい(笑)
でも、これぐらい明瞭な方が「鶏そば」って冠をつけてる以上いいのかもしれないな。
わかりやすいし、味云々の前に非常に好感です。
店主さんは大阪出身。
以前凪のゴールデン街におられた時に少し会話した事あるお方。
スタッフさんが非常にフレンドリーで、お店の看板や外観もキャッチー。
店内は若いお客さんで溢れてました。
煮干しの方も行きたいなぁー。

個人的評価 ★★★☆(3,8)

ムタヒロ 外観


「鶏そばムタヒロ 2号店」

(住所)国分寺市本町2-3-6
(電話)非公開
(時間)11時30分~15時、18時~23時(日・祝は21時まで)
(定休)水曜
(最寄駅)JR中央本線国分寺駅徒歩3分
スポンサーサイト



美志満@練馬区桜台

みしま らーめん

塩らぁ麺

タレの味が前衛。
コレ塩表記だけど白醤油っぽい。
塩を謳いながら白醤油と言えば大阪でもあの冬の名物のラーメンと同じ。
タレにたっぷりの旨味を詰めている印象で、その味わいは複雑。
出汁は豚骨清湯っぽく、そこに多めの鶏脂を加えコクを補う。
チラチラと見え隠れする貝の存在がすくい取れた。

魚介は感じず都内では珍しいタイプの塩ラーメン。
黄金色のスープがそそりますね。
お店は元々静岡の三島にあったとか。
屋号の由来に関係ありそうですね。

個人的評価 ★★★☆(3,8)

みしま 外観


「美志満」

(住所)東京都練馬区桜台1-2-9
(電話)非公開
(時間)11時30分~14時、18時~22時
(定休)火曜
(最寄駅)西武池袋線桜台駅徒歩3分

中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀ノ内

らんちゅう らーめん

中華そば

苦味・渋味・旨味・酸味
煮干しの全てを隠すことなくさらけ出した結果こうなりました的な印象で、
その味わいは煮干しラーメン全盛の現在においても孤高の存在。
動物系出汁は皆無に近い?
かなり食べ手を選ぶであろう、特に西の人間にはとっつきにくい人も多くいそう。

ココは再訪になるが、前回食べた時と同様、
やはりギリギリのバランスで成り立つ、その危うさを是非とも堪能したい一杯だ。

個人的評価 ★★★★(4,0)

らんちゅう 外観


「中華蕎麦 蘭鋳」

(住所)東京都杉並区堀之内2-13-13
(電話)03-6319-1045
(時間)12時~14時、18時~21時(土曜12時~15時)
(定休)日曜・祝日
(最寄駅)丸ノ内線方南町駅徒歩10分
地図。

来々軒@江東区東陽

らいらいけん たんめん

タンメン

東京タンメン探索第2弾。
タンギョウ発祥のお店・来々軒です。
タンギョウとは字の如く、「タンメンとギョウザ」、
なぜかタンメンとギョウザはセットで食べるのがセオリーになってるようで、
この辺りも関西人の自分には馴染みがないので、そーなんかーと疑問符。
お好み焼きにご飯的な感じなんでしょうか?(爆)←きっと違うだろ

らいらいけん おとおし

タンメンを注文すると出てきた!
なんじゃコレ!?
お通し的なやつ!
タンメンの上に乗ってる野菜ですね。
ちゃんとスープに通してあり味付けもされております。
コレを卓上の自家製ラー油かけて食べたら・・・
めっさ (゚д゚)ウマー !

そうこうしてる間にタンメン登場!
写真では伝わりにくいですが、めっちゃ丼デカイ(汗)
かなりのボリュームです!

前日食べた「はつね@西荻窪」のタンメンと決定的に違うのは・・・
化調の塩梅というか、使い方が絶妙!
結構ダイレクトに伝わってくるのですが、やっぱりタンメンは結構ジャンキー路線?
いやいや、そのひと言では片付けられないぐらい深いものがあります。

肝はやはり野菜にあるか?
野菜の旨さをMAX味わうための味付け、と言いますか・・・
そもそも中華料理って、「野菜を食べる」ためのものでしょ?(←って勝手に思ってる人)
その中華の延長線上にある麺料理であるタンメンは自然とそういうコンセプトのもと作られたのでは?
と思います。

ここのも塩ベースのあっさりスープで、いくらでも食べれそう。
野菜をモリモリ食べてもいっこうにお腹は膨れません。
で、はつねと違う点がもう一つ。
それは剛麺。
圧のかけられた極太麺はワシワシタイプで非常にすすり甲斐のある麺。
はつねの細麺とは対極。
繊細さのはつね、豪快な来々軒、
タイプは異なるが、どっちもめっさ (゚д゚)ウマー !(再)

本場のタンメンが美味すぎる件、何故大阪にないのか???
らいらいけん ぎょうざ

で、ギョウザめっちゃデカイし(笑)
東京着いてからタンメンタンメンうるさい某店主さんが注文したタンギョウのギョウザをもらって食べたら、
このギョウザもウマイ!
で、このお店の名物はタンメンももちろんですが、
ラー油!
通販にもなってるこのラー油は香りが全然違いました。
ごま油と唐辛子だけなのになぁ・・・何が違うんだろう?

個人的評価 ★★★★☆(4,5)

らいらいけん 外観


「来々軒」

(住所)江東区東陽3-21-4
(電話)03-6458-6368
(時間)10時30分~15時、17時~20時
(定休)水曜、第3木曜
(最寄駅)東京メトロ東西線木場駅徒歩5分

銀座 篝@中央区銀座

かがり らーめん

鶏白湯SOBA

乳化しきったクリーミー鶏白湯スープ。
まったり口の中にまとわりつくポタージュのような濃度で、
キメの細かい柔らかい女性的なタッチが最大の特徴。
今流行りの(勝手に流行ってます)濃いのに重くない、
この日8杯目だったのですが、
そんな事はお構いなしにグググっと引き寄せられるようなスープにうっとり。

東と西ではラーメンの系統と言うか、
同じ鶏白湯でもどこか違って思えますが、ここのは関西風にも思えました。
馴染みのある味なんでしょうかね。
タレがややソフトにしてあり、甘みを含んでいますが、
これがスープと上手く合わさり美味♪
具材に目を向けるとおおよそラーメンらしくないようなトッピングですが、
これが違和感なく、ヤングコーンとスープを一緒に口に含むとチャウダーのような味わいで独特です。
かがり 味変

トッピングにガーリックバターを注文してみました♪
投入するとまろやかさがさらに増して本当に洋風チックなスープに。
でも、入れすぎ注意かな?

銀座の路地裏で大行列、お店に入るのに1時間以上並びました。

P.S お師匠、ココ美味しかったです!

個人的評価 ★★★★(4,0)

かがり 外観


「銀座 篝」

(住所)中央区銀座4-4-1
(電話)非公開
(時間)11時~15時30分、17時30分~22時30分(土・祝は夜21時まで)
(定休)日曜
(最寄駅)各線銀座駅徒歩3分

Template Designed by DW99