FC2ブログ

ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

Japanese Soba Noodles 蔦@豊島区巣鴨

つた らーめん

醤油

もう惚れ惚れするでしょ?
ラーメンが手元に置かれた瞬間、その美しいビジュアルに完璧心奪われた。
こんなに見た瞬間ときめいたラーメンってのは長い食べ歩き歴の中でもそうはありません。

お昼食べた「やまぐち」もそうだったけど、醤油が独特なんですよね。
生醤油っぽい、というか、淡口・濃口、どちらの醤油でもない、そんな気がしてならない。
出汁は鶏感ハンパなく、自家製の麺が美味すぎて死ねる。
トドメに焼豚の肉肉しすぎる食感とジューシーな味わいが・・・

あぁ、また食べたい(>_<)

どこにも隙が見当たらず、極めつけは、麺・具を食べ終えた時のスープ・・・
一点の曇りナシ!
出てきたまんま!
そんなんアリかよ・・・と、異次元のレベルをまざまざと見せつけられた。
普通ちょっとは濁りまっせ、と(笑)
麺からも何か出てきますやん?(謎)

今回行った東京のお店の中で一番衝撃的だったのがこのお店でした。

個人的評価 ★★★★★☆(5,5)
            突き抜けました(汗)

つた 外観


「Japanese Soba Noodles 蔦」

(住所)豊島区巣鴨1-14-1
(電話)03-3943-1007
(時間)11時30分~14時30分、18時~20時(木・土・日はお昼のみ)
(定休)月曜
(最寄駅)JR山手線巣鴨駅徒歩2分
スポンサーサイト



びぎ屋@目黒区鷹番2

びぎや らーめん

醤油

学芸大学前の人気店でかねてから行きたかったお店。
もうその味は広く知れ渡っていて、ラヲタ的には今更感あるかもしれないけど、
ココ今回東京で一番行きたかったお店です。

醤油ラーメンは何かが突出した、ってものじゃなくて、
様々な素材を織り重ねたハイクオリティ醤油って感じで、
後引く酸味と醤油の芳醇な香りがとっても心地よく美味しいです!
汁・麺・具、全てにおいて死角なし、
その中でもスープの魚介のキレが相当。
食べ進めると徐々に顔を出してきました♪

上質で堅実、質実という言葉がハマる、
そして食べてて何か落ち着くんですよね。
ラーメン、と言うか中華そば系になりそうな安らぎ感もある。
都心から少し離れた場所にありますが、ココもやっぱり美味しかったですね!

個人的評価 ★★★★(4,0)

びぎや 外観


「びぎ屋」

(住所)目黒区鷹番2-4-9
(電話)03-5722-1669
(時間)11時30分~14時45分、18時~21時30分(月曜は昼のみ、土日祝はお昼営業14時30分まで)
(定休)火曜
(最寄駅)東急東横線学芸大学前駅徒歩7分

やまぐち@新宿区西早稲田

やまぐち らーめん

鶏そば

今年オープンしたばかりのニューカマーで早くも東京では注目のお店。
この度らの道にもエントリー、勢いあります。

麺は何と!京都のイケ麺・麺屋棣鄂製とな!
なぜに東京で棣鄂やねんと思うところがありますが、
ソコはお店側が熟考した上でのチョイスだったのでしょう。
棣鄂の麺ももう全国区ですね。
去年は北海道のお店でも棣鄂の麺使ってるとこありましたよ。

鶏100%のスープに多めの鶏脂、
これが上品で本当に完成度の高さを見せつける。
淡麗系ですが、既存の淡麗とは違う、今首都圏で流行りの部類、
言うてみればネオ淡麗系。
生醤油っぽい醤油ダレが香り高くほんのり甘みをつけています。
この甘みが最大のポイントで、嫌味がなく鶏を邪魔しない。
それでいてラーメンにおける要の部分・タレとしての機能を損なわずにいる。
相当の技術の積み上げなんでしょうね。

鶏、豚2種のチャーシューはもちろんぬかりなく。

全体の印象としては非常に「華」のある一杯ですが、
どこかしらウリと言うか、何かボヤっとした部分もあったのですが・・・
でも充分堪能させていただきました!

個人的評価 ★★★★(4,0)

やまぐち 外観


「やまぐち」

(住所)新宿区西早稲田2-11-13
(電話)03-3204-5120
(時間)11時30分~15時、17時30分~21時(日祝11時30分~17時)
(定休)月曜
(最寄駅)都電荒川線面影橋駅徒歩7分

不如帰@渋谷区幡ヶ谷

ほととぎす らーめん

醤油

もう全国に名を轟かす名店ですね。
以前行ったのですが、今回また行くチャンスに恵まれたので再訪♪
今回は醤油をチョイスしてみました!

貝の使い方に全くもって嫌味がない。
塩と比べると蛤ダイレクト、他素材と醤油タレが押してくるが、
そんなことはもう問答無用の旨さ!
ちょっと次元が違いますね。
貝は甘さが立つ、とよく聞きますが、
ここ食べたらそんなことないわなぁと実感。
素材が蛤だからかな?
その辺りは素人なのでよくわからないですが、
もう夢中で啜ってました(笑)

同行者さんの塩を少しもらいましたが、以前食べた塩と印象が違ってて、
さらにスゲーの。
もうハンパないっす不如帰。

個人的評価 ★★★★★(5,0)

ほととぎす 外観


「不如帰」

(住所)渋谷区幡ヶ谷2-47-12
(電話)03-3373-4508
(時間)11時30分~15時、18時30分~22時
(定休)金曜(他不定休、夜営業休みの場合あり)
(最寄駅)京王線幡ヶ谷駅徒歩7分

はつね@杉並区西荻南

はつね たんめん

タンメン

大阪に何故タンメンがないのか???
(以前京橋に京橋タンメンってお店あったけど閉店してしもた)
東京では中華屋さんに行けばたいがいタンメンあるらしい。
有名なタンメン屋さんも多数。
あの六厘舎の別ブランド「トナリ」ってタンメンのお店もある。

大阪人の自分にはタンメンの定義がよくわからん???
ちゃんぽんと何が違うのか?
炒めた野菜にあっさり鶏ガラ塩ベースのものがタンメン?
結構化調つかったジャンキーな、と勝手な目測ですが、
今回同行した方がやけにタンメンに固執されておりまして(笑)
触発され自分も謎のタンメンに迫る!
という事ではつねに来てみました。

東京タンメンの人気店・聖地とも呼ばれるこちらのお店、席数6席のみとかなり狭い。
お昼前に到着したら、あらら、やっぱり長蛇の列。

きましたよー
本場で初タンメン!!!

これがめっさウマ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

本当にシンプルの極みとも言えそうな野菜と鶏ベース(と思われる)スープを
中華鍋で合わせ数種の白い粉(この中に塩が含まれるっぽい)を投入!
そして油を垂らし・・・って、それだけ!?

なのになんでこんなウマイの!?

野菜は絶妙な火通し、しゃっきりとクタクタの中間、
結構量ありますが、コレが重さ皆無でガンガン食べれる!
塩スープが優しいながらもグググググっと強~烈なヒキを発揮!
スープに溶け込んだ野菜の甘さと旨味が後押しして箸が止まらない!!!

唸りましたねぇ。
恐るべしタンメン!
コレなんで大阪にないの?絶対ウケると思うけど・・・

はつねのタンメンは東京の中でもちょっと異質と気づくのはこの後。
別のタンメン屋さんで食べた後に改めてその存在にひと唸りさせられるのでした。
東京行ったらココ必食レベルですね。

個人的評価 ★★★★☆(4,5)

はつね 外観


「はつね」

(住所)杉並区西荻南3-11-9
(電話)03-3333-8501
(時間)11時~17時(土曜は16時頃)
(定休)日曜・祝日・第1,3月曜
(最寄駅)JR中央線西荻窪駅徒歩2分

Template Designed by DW99