ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華そば嘉一@仙台市青葉区

初の宮城県。
東北の中でも1枚レベルが落ちる、といろんな方から聞いていたからか、
東北の中で最後の訪問県となりましたが・・・

1軒目からちょっとその概念も崩されたぞ。

中華そば嘉一、念には念を、約1時間前シャッター。
関空7時発、ピーチに乗って仙台空港に降り立ったのが9時前。
そっからこのお店に直行。
お師匠から「仙台2強の嘉一、麺組。優先は麺組で」とのお言葉でしたが、
変な胸騒ぎと言うか、予感と言うか、自分の中での遠征時の鉄則、

「美味しいお店に先に突撃」

まぁ未訪県なので、どこが美味しいもへったくれもないのですが、
嘉一に先に行ったのは本当に直感でしかありません。
強いて理由を挙げると、11時オープンの嘉一と11時半オープンの麺組。
この30分の差かも。
(連食考慮して出来るだけオープン早めのお店を1軒目に選ぶ事が多い)。

さてさて、いよいよ実食!!!


かいち ラーメン

鶏チャーシュー麺醤油

お店に入ると充満する鶏の匂い。
店内の空気は鶏の匂いに包まれていた。
この時点でもう気分はウホーーーーー!なワケですが、
鶏チャーシュー必須との事で鶏チャーシューの醤油を。

着丼すると丼からおびただしいぐらいの(←表現変w)鶏の匂いが。
店内の空気の匂いの原因はまさに今この丼から漂う1杯のラーメンから発せられている事は容易にわかる。

で、恐る恐るスープを飲んでみると・・・

思わず唸った。
おそらく、うーんって声出た(覚えてないけど)

まさに鶏尽くし。
鶏の旨さがズガーーーーンとやってくる。
もうそれは、ハンパなく最短距離で、ダイレクトで。
甘ーーい香りが一瞬で駆けた後に、マジでパねぇ程の旨味の塊。

やれ鶏ガラだの、やれ丸鶏だの、やれ鶏油だの、
そんな全ての鶏系ラーメンが、今まで食べてきた鶏の旨さが云々言ってきたラーメンが、

一体なんだったのか!?

と思うほどのケタ違いの旨さ。

なんか、旨さのクラスというか、構造?組み立てが丸っきり違うような。

コレは・・・ただただひれ伏すのみか。
純鶏スープ、清湯・白湯の枠に嵌らない。

濃度的には白湯・清湯の中間ぐらいだけど、
そこらの鶏白湯と呼ばれるラーメンとはモノが違う。
まさに鶏系ラーメンの頂点に座るラーメン。
絶対王者。
ここより旨い鶏のラーメン出すところ、知りません。

お店の案内では「鶏だけで作った中華そばです」との事ですが、
この言葉だけでは伝わりきれないものがある。
確かに、鶏感はハンパない。
だけど、やはりソレを纏めるだけの技量があるのだろう。

麺はモチモチの手揉みちぢれ麺。
不揃いな太さの麺がこのスープを纏う。

鶏チャーシューは親鳥を使った煮鳥。
笠岡ラーメンのソレとは少し違うかな。

店主さんの弾むような動きも見どころの一つ。

しかし、凄いお店。

全てのラーメン好きに言いたい。

とりあえず行ってみ!って!

あーあ、自分の悪いクセ。遠征1軒目に1番行きたいお店に行く事。
後のお店が霞んでしまわなければいいが(汗)

個人的評価 ★★★★★★(6,0)

かいち 外観


「中華そば嘉一」

(住所)仙台市青葉区国分町3-8-12
(電話)022-265-5907
(時間)11時~15時
(定休)日曜
(最寄駅)仙台市地下鉄南北線勾当台公園駅徒歩5分
地図。
スポンサーサイト

りきどう@岐阜市島栄町

りきどう つけ麺

つけ麺(凄平麺)

3月オープンの新店。
東海のラヲタさん達の間で話題沸騰の注目店のようだ。
店主さんは東京のお店出身との事で、どこのお店か気になる。
ココは何と言っても「凄平麺」なる幅が広い麺が特徴的。さてさて。

きしめんよりも余裕で広い麺幅、
麺帯からそのまま切り取りました的な何ともラザニア風とでも言おうか、奇抜な麺。
麺と呼ぶのもどうか?
凪@ゴールデン街のいったんも麺より硬質で粉が強い。
すすると言うよりパクつく感覚で食べる。

つけ汁はどうか?
醤油押しなカラーで出汁のニュアンス弱し。
店内は和出汁のいい匂いで充満していたのに〜。(悲)
鶏、鰹、昆布、その他魚介に多めの油。
タイプ的にはすっきりだが、ちょっと醤油立たせすぎ。
話題のお店たが、ホントにちょっと話題先行しすぎな感。

個人的評価 ★★★(3,0)

りきどう 外観


「りきどう」

(住所)岐阜市島栄町2-53
(電話)058-214-4385
(時間)11時~15時30分、17時30分~22時
(定休)不定休
(最寄駅)名鉄岐阜駅徒歩35分
地図。

ガチブタ(我一豚)@大垣市中川町

ガチブタ ラーメン

あっさり煮干しラーメン

濃厚豚骨がウリのお店であっさり系に逃げてる時点で食べる前から未食扱いになってしもうた。(爆)
4連食目で濃い豚骨はキツイw

煮干香る醤油ラーメン。
煮干のネガ感まで感じれた結構なニボニボ仕様だが、
何か違和感あるな、動物系か?

やはりココはウリである濃厚な豚骨がイイかなぁ。
同行者の方のスープをちょっと味見させてもらいましたが、ウマー!な感じでした。

個人的評価 ★★★☆(3,5)

ガチブタ 外観


「ガチブタ(我一豚)」

(住所)大垣市中川町1-732-3
(電話)0584-51-2895
(時間)11時30分~14時、18時~22時
(定休)水曜
(最寄駅)JR東海道線大垣駅徒歩20分
地図。

中村屋@大垣市寺内町

中村屋 つけ麺

つけ麺

タレで甘みを酢で酸味を唐辛子で辛味を。
甘辛酸の3拍子揃った調和を奏でるつけ麺のお手本とも言えそうな一杯。
麺線長くすするのに苦労するが、こちらも「すする」と言うつけ麺の醍醐味を存分に体感できる。
以前食べた尼崎の中村屋とは別物に感じる。

店員さんが客席に睨みをきかし、接客はイマイチだがお客さんはひっきりなし。
特に目力のある女性店員さんの視線が鋭い。

流行の味ではないが、ウケる味なのか、つけ麺がよく出てたなぁ。

個人的評価 ★★★☆(3,5)

中村屋 外観


「中村屋」

(住所)大垣市寺内町2-58-1
(電話)0584-73-3558
(時間)11時~14時、18時~23時
(定休)無休
(最寄駅)JR東海道線大垣駅徒歩20分
地図。

マルト屋@大垣市船町

マルト屋 ラーメン

中華そば

鶏×和出汁、多めの油で厚みを持たせたスープ。
味わいはスッキリとしながら素材感を前に出しており、
出汁の良さが伺える。
醤油ダレはまったり感ありキレのあるタイプではない。
ジワ旨系。チャーシューは鶏と豚の2種類。

魚介のクッキリとした膨らみのあるスープが特徴的で、ダシの旨さが後を引く。
細麺と抜群にマッチしており、トータルバランスも高い旨い1杯!

個人的評価 ★★★☆(3,9)

マルト屋 外観


「マルト屋」

(住所)大垣市船町2-7-1
(電話)非公開
(時間)11時~14時(夜営業たまにあり、お店ブログ参照)
(定休)月曜(祝日の場合翌日)
(最寄駅)JR東海道線大垣駅徒歩15分
地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。