FC2ブログ

ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

【匠の冷やし】和dining清乃@有田市野

冷やし

匠の冷やし

去年食べそびれた清乃の冷やし。
今年も登場したので早速バビュってきました!

見た目は冷やしっぽくない仕上がりだなぁ。
少しとろみがついた冷たい醤油スープ。
直球で煮干主体のお魚がガツンとやってきた。
絡みの良い麺と逃げ場のない味、魚前面押しで旨い♪

キンキンに冷やす事なく、スープの温度は快適に、爽快に。
喉を通る弾力に富んだ麺はコチラも冷やしならではのもので、冷やしの醍醐味とも言えそう。
山葵は溶けばキリリと全体を締める扇の要。
この山葵に何かポイントがあるような。
出汁強く傑作だが、その強さ故の脆さも感じた一杯。

冷やしラーメン自体の経験値がかなり低い自分。
魚が冷たい時と熱い時ではかなり表情が違う。
冷たい方がより鮮明に直球でキますね。
この主張に耐えうるものが冷やしでは何になるのか?
突出したカラーの中でアプローチは単純明快。
醤油のキレあり美味かったです(*^^)v

個人的評価 ★★★★(4,0)


「和dining清乃」

(住所)有田市野696
(電話)0737-83-4447
(時間)11時~14時、17時~22時(ラストオーダー21時30分)
(定休)火曜、第3月曜(祝日は営業)月曜はお昼営業のみ
(最寄駅)JR紀勢本線箕島駅徒歩15分
地図。
スポンサーサイト



【味噌ラーメン】和dining清乃@有田市野

味噌

味噌ラーメン

実食日:2013年4月

清乃で味噌、と言えばあの衝撃の「秋鯖の白湯味噌」以来。
マジすかウホっ♪とテンション上がる。
今日の味噌もかなりパンチ力のあるもので、鯖と動物系と、
味わいは濃厚ながらサラッと喉奥へと淀みなく消えてくスープになってた。思わずウマッと声が出る。
絡む太麺、清涼感とアクセントを加味する生姜、めくるめく立体感、立方感。
心地よい酸味と、味噌らしい圧が口内に押し寄せる。
縦にも横にも広がる無限にも思える鯖と味噌のハーモニー。
コレはイカン。美味すぎる。文句なし!

清湯には清湯の、白湯には白湯の、
それぞれ特徴があるのですが、
旨味の持続感が長いのが清湯、瞬発力は白湯という認識においてはこの味噌はすげーなぁ。
去年の秋に食べた時も今回も、魚介の主張で味噌も脇役に回ってる。
支えとなるベーススープがしっかりしてたら・・・
って思うけど、清湯ではそのバランスが命綱。
この味噌の原理は清湯では生きないか(>_<)

個人的評価 ★★★★★(5,0)


「和dining清乃」

(住所)有田市野696
(電話)0737-83-4447
(時間)11時~14時、17時~22時(ラストオーダー21時30分)
(定休)火曜、第3月曜(祝日は営業)月曜はお昼営業のみ
(最寄駅)JR紀勢本線箕島駅徒歩15分
地図。

【紀ノ国地鶏の塩】和dining清乃@有田市野

紀ノ國

紀ノ国地鶏の塩

実食日:2013年4月


何やらレギュラーの塩がかなりパワーUPしたとの報せを受け突撃。
何やかんやの月イチ清乃詣。
完璧ハマっております、ハイ。
塩を食べたのはもう随分と前になる。
その間に鶏そば塩を挟んだけど、どうも塩系は旨味の訴求力に欠ける印象。さて今回はどうか。

ちなみに鶏そばは2回目で大きく変貌。
どうも原因の1つにタレがあったよう。
しかし大幅に切れ味を増した塩ダレに思わずウホっとこぼれた感嘆の想いはこの塩ラーメンにどう反映されているのかものっ凄く楽しみにしていたのです(前置き終わり)

って、顔がもうすでに1年前とは別物になっています。
四日市某のイケメン店主ばりのイケメンへと変貌してます。

で、まずはイリコがバリッと、そして貝。
魚貝の主張強し。メニュー名にもなってる鶏はと言うと随分と下がった位置から。
タレはキレがありながら、旨味を詰めて後味を残してる。
タレの貝に甘さを感じる。
醤油メニューの角長も同じ印象。タレに旨味を詰めて後味を残してる。
出汁はバリバリに感じるし、完全無欠へとさらに一歩前に出た。
けれど、どこかぎこちない感じがするのも事実。何だろうか?
しかし、以前食べたものとはまるで別物。今後どう変わってくんだろう。

総体的にはすごく複雑に旨味が絡み合っています。
出汁、タレ、油。イリコ・鶏・貝・エビ。
詰め込んで詰め込んで、一体誰が指揮るのか!?仕切るのか!?
柱となるのは誰なのか!?
その辺りがベールに包まれてる印象で、各々突出しすぎてるのかな。

個人的評価 ★★★★(4,0)


「和dining清乃」

(住所)有田市野696
(電話)0737-83-4447
(時間)11時~14時、17時~22時(ラストオーダー21時30分)
(定休)火曜、第3月曜(祝日は営業)月曜はお昼営業のみ
(最寄駅)JR紀勢本線箕島駅徒歩15分
地図。

【豚骨醤油】和dining清乃@有田市野

豚骨醤油

豚骨醤油

思わずうおっ!って声が出ました(笑)

趣向を凝らし、丼の中に詰め込むだけパンパンに詰める、
そんなイメージがあった清乃のラーメンからの脱却。
このラーメンからは魂は感じますが、少しチカラの抜けたと言うか、
今までと違う方向性が見えた1杯。

乳化は全くない。
醤油色の濃さから尖りを感じるも、それもない。
あるのは、ただただ実直な豚骨の甘みと醤油のまったりとした芳醇な味わい。
豚骨の風味と言うのかな、これがハンパなく出てました。
豚豚しい力強さがありますが、重さは見当たりません。
しかし、物足りなさは皆無で、この矛盾こそがラーメンにおける隠された深意、もとい真意なのかも。

シンプルが故の奥深さ。
魚介は見当たらず、あるのはただただ己の感性との戦い。
コレ、受け入れれない人は少ないと思うけど。

一期一会な提供でレギュラー入りの予定はなさそうですが、
いつか日の目を見て欲しいと思った1杯でありました。

ただ、コレ出したら他の和歌山のお店から文句言われますよ!
って話してたのですが(笑)
あまりにも完成度が高くて、ね。
和歌山中華を昇華させたって、させすぎですw

個人的評価 ★★★★☆(4,3)


「和dining清乃」

(住所)有田市野696
(電話)0737-83-4447
(時間)11時~14時、17時~22時(ラストオーダー21時30分)
(定休)火曜、第3月曜(祝日は営業)月曜はお昼営業のみ
(最寄駅)JR紀勢本線箕島駅徒歩15分
地図。

【鶏そば塩】和dining清乃@有田市野


torisoba.jpg

鶏そば塩

実食日:2013年2月

前回限定で出た「東京鶏そば塩」がレギュラー化。
細部を詰めてグレードアップして帰ってきたようだ。

前回は極端に言うと「味がしなかった」様相だったのでリベンジ。
あの時よりも塩ダレを立たせクッキリとした輪郭を描いており前回のものとはまるで別物に感じる。
スープは自然な甘味に溢れ美味。
セセリと、他にも絶対何か使ってるやろと・・
思ったが真相は不明。
しかし、エライ印象変わったなぁーと思う反面、タレが立った弊害か、麺が埋もれた気も。
ラーメンって難しいなぁ。。。

塩ダレの変化はデフォの紀ノ国にも及んでいる。
塩系はじんわり型からキレ味系へと徐々に変わりつつある。
どちらが良いのかは正直わからない。
個人の好みもあるだろうし・・・
永いこと食べ歩いての経験をもとに考えると、俗に言う「淡麗系」はその場しのぎの旨さだけに留まる気が。
また食べたいなぁと思うラーメンには、必ずといっていいほど何か特徴がある。
淡麗系も特徴の一つには違いないが、ヒキがないんだよなぁ。
ラーメンって難しいなぁ。。。(再)

個人的評価 ★★★☆(3,8)

「和dining清乃」

(住所)有田市野696
(電話)0737-83-4447
(時間)11時~14時、17時~22時(ラストオーダー21時30分)
(定休)火曜、第3月曜(祝日は営業)月曜はお昼営業のみ
(最寄駅)JR紀勢本線箕島駅徒歩15分
地図。

Template Designed by DW99