ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中華そば】中華そば しま彰@紀の川市貴志川町

しま彰♪

中華そば

個人的に和歌山のラーメンではナンバーワンだと思っている「うらしま」のDNAを色濃く打ち出した1杯が
出たとの事で、その存在は気になっていたものの、なかなか行けずにいたお店。
だって、有田という関所が(笑)
場所は和歌山市から結構離れてて遠いです。
和歌山電鐡に揺られて甘露寺前って駅まで。
JR和歌山駅から30分ぐらいかな?車窓に広がるのどかな風景に癒やされますよ。

中華そばは・・・
おー!
うらしましてる!
豚骨と、水と、醤油。(おそらく)
舌に引っかかる濃いめの豚骨スープはツンとした獣臭さがありーの、
甘めの醤油(この醤油が曲者)がナチュラルなヒキをもたらす。
少し荒さも感じたものの、うらしま同様日によってコンディションが違うのかも。

ちょっと衝撃だったのは、うらしまに弟子がおったんかーと言う事。
どうもうらしまで店主さんに従事していたようで。。。
門外不出だと思ってたうらしま。
以前雑誌の取材でうらしまに行った時も全く取材にならなかった思い出があっただけに、
意外でした。

量がちょっと少なめ(3口ぐらいで食べ終わっちゃったw)なので、
メニューにあるダブルをおすすめしたいです。

個人的評価 ★★★★(4,0)

しま彰


「中華そば しま彰」

(住所)紀の川市貴志川町長原102 ジョイフルサンマリノ
(電話)0736-64-0710
(時間)11時~13時20分、18時~売り切れ閉店
(定休)火曜
(最寄駅)和歌山電鐡甘露寺前駅徒歩7分。
地図。
スポンサーサイト

【豚盛り・鶏そば】中華そば○丈@中央区難波千日前

豚盛りそば

豚盛りそば

個人的に2012年、最もハマった1杯ではないかと思われる。
このメニューは常設裏メニューとして知る人ぞ知る逸品で、古くは麺哲天保山時代から提供されていた。
麺哲天保山→○丈(天保山)→○丈(現在地)へと脈々と受け継がれた時代の系譜はそんじょそこいらのモノでは収まりきらない。
肉肉しまくりで活力に満ち溢れたつけ汁、効きまくり昆布にキリっとした魚介出汁。
そして何よりシャープなタレがヤミツキの要因か。
つけ麺では細めに映る麺が・・・
あぁ、書いてて食べたくなってきた(笑)

鶏そば ○丈

鶏そば

上記豚盛りの鶏バージョンとでも言えそうな鶏そばです。
コレもエグいぐらいヤバイ。(←意味不明)

提供前に火を入れる鶏肉から出た油が・・・
あぁ、魔性。

麺量は500gまで同価(1100円)。

是非とも500gで食べたい。
500gの麺も一気になくなる事でしょう。


甲乙つけがたい(って言うか、つけれん)2杯ですが、
デフォの中華そばも痺れるぐらいのもので、食べるものに迷ってしまいますね。

個人的評価 ★★★★★(5,0)


「中華そば ○丈」

(住所)大阪市中央区難波千日前6-16
(電話)06-6643-6633
(時間)11時30分~15時、18時~21時
(第1日曜はおはようラーメンの日7時~10時30分、11時30分~15時)
(定休)水曜
(最寄駅)各線日本橋駅徒歩5分。
地図はこちら。

【極太つけ麺】麺匠 四神伝@守口市藤田町

極太つけ麺

極太つけ麺

塩コッペの余韻に浸りながら返す刀で極太つけ麺。
四神伝不動の人気ナンバーワンメニュー。
久しぶりに食べてみたら、あらあら以前よりエライ醤油勝ち。
ってか、極太つけ麺提供スタートから5年ぐらいだろうか、
徐々に醤油が前に出るようになっていたが、今日のはほぼ前面にせり出しているぐらい醤油が強い印象を抱いた。

魚粉由来の魚、柚子の爽やかさまでも消されている。
醤油馬鹿にはたまらんだろうが、タレ・汁のバランスがいよいよ崩れてしまったか。
レシピはきっと変わっていないと思うので、スープのコンディションか、それとも単純にタレの量なのかは謎。
しかしながらコレはコレで食えるのが不思議だなぁ。

池村製麺所の太麺はデビュー当初の驚かされた印象はないものの、
小麦が詰まり非常に締まりのある麺で食べ応え抜群。
この麺がこのつけ麺の土台を担っているのは間違いない。
つけ汁のベースとなっている「豚骨醤油」も食べてスープの具合を見てみなきゃ。

個人的評価 ★★★☆(3,5)


「麺匠 四神伝」

(住所)守口市藤田町3-20-12
(電話)06-6904-0888
(時間)11時30分~14時、18時~24時(ラストオーダー23時30分)
(定休)水曜
(最寄駅)京阪大和田・古川橋駅各徒歩15分
地図。

【塩コッペ】麺匠 四神伝@守口市藤田町

塩コッペ

塩コッペ

四神伝@守口市。
友達夫婦が営むお店。
12/1、いよいよスタートした冬の定番「塩コッペ」。
今年は今か今かと待ちくたびれたファンが多かったみたいで、絶大な人気を誇る四神伝のスターメニュー。
セコガニ漁解禁時のみの本当の意味の期間限定品で、蟹を芯に組み立てた関西では稀有な一杯だ。
提供初日に早速駆けつけてきました。

このラーメンの面白いところは食べ手の食べ方によってその味の受け取り方がかなり変わるだろうという点。
そういう意味では食べ手カスタマイズ型ラーメンとも言えそう。
基本は鶏ガラ清湯にセコガニ出汁を合わせたダブルスープ。
メニュー名の塩コッペの「塩」にこのラーメンの肝が隠れているが・・・
果たして気付く人はいるのだろうか。

鶏を軸に据え、鮮烈な甲殻フレーバーが口の中を支配。
魚では感じない独特の風味。
例年よりもより鮮烈に感じたのは気のせいだろうか?2種のワンタンの黄色い方、
内子が詰まったワンタンはそのまま食べてもよし、崩してスープに溶かすもよし。自分は全部溶かす派。

さらにパワーアップした蟹の風味が鼻を抜ける。
うーん、至極。
この境地に辿り着いた時にはスープも麺もだいぶ減ってます(笑)
中盤以降は丼にへばりつく柚子胡椒を投入。これがスープに更なる膨らみを持たす。
一杯の丼の中で見事なまでの起伏を演じているラーメンも珍しい。

計算されたものかどうかは定かではないが、食べ終わるまでのヒキの強さ、食べ終わった後の余韻が強烈。
価格は900円と少し値は張るが、対価に見合う価値は充分。
鍋をコンセプトにしているらしいが、こんな鍋ないやろと思わずツッコミたくなります。

四神伝ではレギュラー、限定全て食べてきたが・・・

四神伝史上最も華がある一杯なのは間違いない。
毎年提供される事がその証明。
脳内に降り積もるどのラーメンよりも塩コッペを愛してるとでも言っておこう。
気のせいかもしれないが、今年のは特に美味しい。
四神伝初の★★★★★を進呈。ごちそうさま!

ちなみにこの日、提供初日とあってか、コッペ目当てのお客さんが殺到、
当日仕込み分が全て昼営業でなくなってしまい、急遽中休みを使って夜の分の仕込みをされたそう。
週末は争奪戦か!?

個人的評価 ★★★★★(5,0)


「麺匠 四神伝」

(住所)守口市藤田町3-20-12
(電話)06-6904-0888
(時間)11時30分~14時、18時~24時(ラストオーダー23時30分)
(定休)水曜
(最寄駅)京阪大和田・古川橋駅各徒歩15分
地図。

【あっさり野郎】らーめんチキン野郎@彦根市大藪町

チキン野郎 あっさり

あっさり野郎

チキン野郎@彦根市。
あっさり野郎。
開店当日夜の部に突撃。夜の部開店時外待ち20人ほど。
肉そばにっこう跡地。
メニューは白湯醤油味のこってり野郎と清湯塩味のあっさり野郎の2種と非常に潔い。
出元は同市の人気店のにっこう。
その中でも個人的ににっこうで1番好きな清香をイメージし、あっさり野郎をチョイス。

キリキリと立つ塩ダレに旨味をたっぷりと含んだ鶏のスープ。
かなり攻撃的清湯で自分の大好きな風花(京都市)、福々亭(伊東市)とカラーが被る。
となれば、自分の好みにドンピシャ!ボヤけた丸い感じの塩ラーメンよりも、シャープな塩角、
キレ味のあるスープの方が断然良い。

食べ始めから食べ終わるまで、スープの温度が下がってもなお、
小気味の良い刺激と豊潤な旨味が口の中に広がる。
コレは美味かった!
お次はこってり野郎だなぁ。
にっこうの鶏白湯は清湯の清香や晴香よりも個人的に落ちるが、比較が楽しそう。

来月からはつけ麺もスタート。
湖国ブラックも出そう。再訪が非常に楽しみ♪

個人的評価 ★★★★★(5,0)

チキン野郎


「らーめんチキン野郎」

(住所)彦根市大藪町21-22
(電話)0749-27-6171
(時間)11時30分~14時30分、18時~22時
(定休)火曜
(最寄駅)近江鉄道本線彦根口駅徒歩20分
地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。