ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭川らぅめん青葉 本店@旭川市二条通

北海道3日目最終日!
札幌を離れてこの日は旭川に行ってきました(^O^)
北海道の3大らーめん処と言えば「札幌・旭川・函館」と勝手に思っているのですが、
札幌の味噌、旭川の醤油、函館の塩がセオリーですね♪
今回函館は行けなかったので次回以降の宿題として、旭川はガッツリ廻ります!(5軒だけだけど)

旭川ラーメンのイメージは、大阪ではやっぱりとっかりですねぇ。
ってか、とっかり以外知らん(笑)
自分の頭の中ではかなりとっかりなイメージそのまま引きずって旭川に行きましたが、大丈夫なのか!?
という不安がありました。
だって、とっかり美味しいから(笑)
2011年、年間で最も行ったお店が上新庄のとっかり2、すなわち旭川ラーメンの基準がとっかり2。
そのとっかりを超える1杯が本場・旭川にあるのか、懸念していましたが・・・

1軒目!
青葉の本店です。
今は亡き「明石ラーメン波止場」で青葉のラーメンは食べてますが、
味忘れた(爆)
なので、食べ直しっ!(笑)
青葉 しょうゆ

正油らぅめん

朝9時30分からの営業は連食ラヲタにとってありがたい限り。
スタートの時間が早ければ早いほど杯数稼げるからね♪
海と山、双方の香り漂う醤油ラーメン。
オーソドックスな一杯で心温まります♪
油若干多めで少し酸味のあるスープ。
この酸味が好き嫌いありそうですが、自分は好きかなぁ(*^^)
麺は低加水のちぢれ。
旭川の麺は多加水をイメージしてましたが、違ったのね。
スープをよく持ち上げてくれてます。

うん、旨い。
染み渡る美味しさで心温まる1杯でした!

さぁ~次や!
サクサク行くでぇ!

個人的評価 ★★★☆(3,8)

青葉


「旭川らぅめん青葉 本店」

(住所)旭川市二条通8丁目左8
(電話)0166-23-2820
(定休)水曜
(時間)9時30分~19時50分(日・祝は18時50分まで)
(最寄駅)JR旭川駅徒歩7分
地図。
スポンサーサイト

いそのかづお@札幌市中央区南5条西

いそのかづお さっぽろぶらっく

札幌ブラック

てつやで食べてこの日は撤退しようと思ってましたが、もう1杯いっときましょう!
夜22時~開店のユニークな屋号のお店。
場所がワケわからんとこにあって焦りましたが、匂いで見つけました(笑)
夜22時からの開店、22時30分ごろ到着で外待ち13人(汗)
カウンター6席のみの小さなお店に大行列です(驚)

メニューもユニークなものが並びますが、このお店のデフォにあたる札幌ブラックをチョイス!

漆黒のスープは溜まり醤油&マー油のコラボでかなろジャンキー。
激アツでかなり香ばしい。
個性がありなかなかよろしいですねぇ。
正直成熟度や1杯の「味」としては他に秀でたお店がたくさんありますが、
札幌の夜にキラリと輝く個性は捨てがたいものがあります。
並びがソレを証明してますね♪

北海道2日目も9杯~
これで9杯+9杯で18杯になりました!
3日目最終日7杯で目標クリアだ!

個人的評価 ★★★☆(3,3)

いそのかづお


「いそのかづお」

(住所)札幌市中央区南5条西5-21
(電話)011-520-5533
(定休)日曜
(時間)22時~翌7時
(最寄駅)地下鉄すすきの駅徒歩7分
地図。

らーめん てつや南7条本店@札幌市中央区南7条西

てつや しょうゆ

正油らーめん

知名度は全国区。
かつて一世風靡したてつやのラーメンですが、今となってはもう過去の名店なのか?
北海道出身の某せんにん様が是非とも食べてみて、と言うからには行かないワケにはイカンですなぁ。

昔テレビで見たコワモテの店主氏。
スープのデキが悪くて寸胴をひっくり返し、お弟子さんを怒鳴り散らしていたバイオレンスな店内の空気を
想像してたけど、全然そんな事はありませんでした(笑)

ここもお店の外にまで漂う豚骨臭が凄い。
どこも真面目にスープ作ってるんだなぁ。(当たり前か)

背脂を散らした豚骨醤油のスープはどことなく家系テイスト。
ベースの豚骨がしっかり出てます。
マイルドでまろやか。そして食べやすい。

うんうん、美味しいですね。
単純な組み立てですが、しっかりと味わえます。

このラーメンは幅広い客層に親しまれるだろうなぁ・・・
日々限定ものや新しいものを探すラヲタにはちょっとアレかもしれませんが(笑)

個人的評価 ★★★☆(3,5)

てつや


「らーめん てつや南7条本店」

(住所)札幌市中央区南7条西12-2-19
(電話)011-563-0005
(定休)水曜
(時間)11時~翌3時
(最寄駅)札幌市電西線6条 徒歩5分
地図。

とりらーめん専門店 鶏花@札幌市中央区北1条

けいか しお

とり和風塩らーめん

おっと、ここでもお麩が登場ですね。
札幌のラーメン屋さんはお麩をトッピングしてるところが多い♪
美味しいスープをたっぷり吸ったお麩はかなりツボです(*^^)v

立体感アリ、彩りもバッチリ。
見た目本当に美味しそうなラーメンです。

さっぱり和風のあっさりスープ。
少し平板に感じましたが、鶏の旨味はきっちりと。
北海道来て思ったこと、ラーメン屋さんの店内がどこもイイ匂いしてるんですよねぇ。

スープに浮かぶ胡麻は少しミスマッチに思えました。
麺は白肌の硬質な中太ちぢれ麺。
なんしかゴツっとした食感でした。

個人的評価 ★★★☆(3,5)


けいか


「とりらーめん専門店 鶏花」

(住所)札幌市中央区北1条東7-10
(電話)011-261-8609
(定休)水曜
(時間)11時~20時
(最寄駅)地下鉄東西線バスセンター前徒歩10分
地図。

国民食堂@札幌市北区新川

こくみんしょくどう しろ

しょうゆらーめん 白

なんとも心和む屋号ですねぇ♪
札幌市の北部、チャリカッ飛ばして行ってきました。

ココはスープが最大の見どころと言う事で、
札幌のラヲタさんの間ではスープの魔術師やらの異名がついてるとか(笑)

アレコレメニューがありましたが、現地の方のオススメでしょうゆの白をチョイス。

イイ顔してます(*^^)v
少し油が多めに見えます。

牛脂の香りのような甘い香りが鼻をつきます。
昆布がビシっときいた少し甘みのあるスープ。
白醤油特有の口の中にまとわりつくような何とも言えないナチュラルな甘さ。
出汁感豊富で何よりよかったのはその香り・・・
芳醇、もとい豊潤なスープは悶絶級。
とっつき易くハッキリとした旨さの訴求、非常に親しみやすい1杯に仕上がっています。
具材含め完成度が高い1杯。
気づけば全汁でした。

正直、各々のパーツは突出したものは見当たりません。
汁・麺・具。
丼の中で一体、と言うよりも、結束し合って1杯の「ラーメン」を構成している。
食べる前の香りから一口目の安心感、食べ進む際のヒキ、そして余韻・・・
1杯のラーメンの中でこれほどまでに起承転結を演じているモノは稀有でしょう。

個人的評価 ★★★★★(5,0)

こくみんしょくどう


「国民食堂」

(住所)札幌市北区新川3条11-10-21
(電話)090-2053-9510
(定休)水曜
(時間)11時~15時、18時~20時
(最寄駅)JR新川駅徒歩30分
地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。