ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燵家製麺@伊勢崎市中央町

P1050534.jpg

燵家製麺・改

群馬県に初上陸(ラー的な意味で)。
これでラーメン未踏の地はあと12県。
47都道府県全部行くのが当ブログのコンセプト(って言っても前身ブログからの合算ですが)ですが、
全県制覇までもうちょいだなぁーと感慨深げ。

さてさて、群馬県と言えばイメージ的に全くラーメンの印象が薄く、美味しいお店あるんかいなと思っていましたが、アマゾンで買った群馬ラーメン本を見るとなかなかの粒揃いっぽいではありませんか。

伊勢崎駅からほど近いこちらのお店にまずは小手調べに突入。
鶏白湯がオススメの気鋭店だそうで、店内入ると鶏のいい匂いが充満していました。
厨房のおねいさんは煮干しの頭をちぎり、ハラワタ掻き出し中。
煮干し系もイケるのか!?と思いつつ、ここはやはり鶏白湯で。
メニューの「燵家製麺・改」、鶏白湯を原型に改良を重ねているのでしょうね。

泡立った鶏白湯スープ。顔はかなりイイですねぇ。
濃い黄色の真面目な白湯スープ、と言うのがファーストコンタクト。
ツンと鼻を刺激する臭みがありなかなかにワイルドなスープですが、旨味はたっぷりと。
トロミのある濃厚な口当たりのスープはまったりとした味わいで甘みがあります。
旨味成分絞りきりました的なキチキチに詰まった鶏の旨さを充分に堪能出来るこのスープは秀逸のひと言ですが、
少しネガに感じた点はタレとの塩梅かなぁ。
旨味は充分ですが、どこかボヤけ気味で・・・
無化調?なのか、少しタレとスープのバランスがギクシャクした感じ。

麺は製麺の冠を屋号に持ってくるあたり自信があるのでしょう、
弾力のある平っぽい麺。
これがスープをよく拾ってくれます。
この辺りの相性はぬかりなく、実力の高さが伺えました。

このお店、もう一回行きたい。

個人的評価 ★★★☆(3,8)

P1050533.jpg


「燵家製麺」

(住所)伊勢崎市中央町19-8
(電話)非公開
(時間)11時30分~14時30分、18時~21時
(定休)月曜
(最寄駅)東武伊勢崎線新伊勢崎駅徒歩5分
地図。
スポンサーサイト

小三郎@栃木市大平町

P1050530.jpg

らーめん

佐野駅からお得意のチャリンコ爆走で12キロ先のお店まで(笑)
旅先でレンタサイクル→爆走はもはや定番となっています。
佐野ラーメン食べるのに佐野市でいいんじゃないの?と思っていましたが、
栃木出身の某バンタム君が小三郎ウマーとか言うもんだから行くっきゃないし(*^^)v

お昼を過ぎた時間帯でしたが、お店は超満員!広めの店内は活気に溢れていました。
入った瞬間「こりゃえぇお店だなぁ」と察するものがありました。
こちらは佐野市の名店「おぐら屋」出身のようです。

お客さんを見ていると生姜ラーメン!と注文しまくりです。
生姜ラーメン?(汗)
うーん、デフォはラーメン(メニュー先頭)なので迷いましたが、ここはデフォで。

ここも佐野系の透明なスープ。
前2軒に比べ薄味に感じます。
ちょっとあっさりしすぎな感もあるスープは油も少なめで本当にあっさり。
でもダシはしっかり効いてるなぁ。
ここも麺が美味いです。
スープがちょっと控えめなので余計麺が目立つ。

しみじみ美味いこういう系統のスープは不思議と全部スープまでいってしまうんですよねぇ。
淡麗系の薄味塩ラーメンは最近拒否反応すら起こるのに、似たような系統のラーメンなのにコレはイケる。
なんでかなぁー自分でもわからんです。

しかし生姜ラーメン、千切りの生姜がかなりどっさりトッピングされてたけど、
スープ負けないのかなぁと気になりました(>_<)

個人的評価 ★★★☆(3,8)


P1050532.jpg


「小三郎」

(住所)栃木県栃木市大平町西水代2865-1
(電話)0282-43-0414
(時間)11時~19時30分
(定休)月曜
(最寄駅)東武日光線静和駅徒歩25分
地図。

とかの@佐野市相生町

P1050529.jpg

ラーメン

ぬぉっと!
これは美味いど!
佐野ラーメン最強との呼び声も高いお店なのですが、ホントはスルーしそうになってたところお師匠から叱責をいただきまして突撃!
お師匠ありがたや~
アドバイスありがとうございますm(__)m

ほんのり獣臭漂う醤油味。
豚が強めながら構成自体はシンプル。
それでも旨味は濃く、強めの塩っ気がこれまた強めの麺を引き立てる!
強めの麺と言うのは太さもバラバラ、ちぢれ加減もバラバラ、手打ち麺ならではの不揃いな麺ですが、
ガチムチな食感がなんとも堪らないハリのある麺。
ハイパー多加水麺とでも形容しようか、最強のツルモチ感が地方色アリアリでたまらんとです。
大阪には間違いなくありません。
これ、加水率ナンボでしょう?中華麺として成り立つギリギリのラインっぽい。

やや化調強めだが自分にはこれぐらいがちょうど良い。
スープの一口目、麺をすすった時。
この顔でありながらインパクトはかなりある。
ヘタなコッテリや濃度特化型の濃いラーメンよりも衝撃が強かったラーメン。
佐野来たらとりあえず行ってみ!なお店です。

個人的評価 ★★★★★(5,0)

P1050527.jpg


「とかの」

(住所)栃木県佐野市相生町2831
(電話)0283-24-7038
(時間)11時30分~14時
(定休)月曜・木曜
(最寄駅)JR両毛線佐野駅徒歩10分
地図。

叶屋@佐野市久保町

P1050526.jpg

手打ちラーメン

青竹打ちで有名なご当地ラーメン・佐野ラーメンを食べに栃木県佐野市まで。
竹を使って麺を打ち、超多加水の麺が非常に特徴的。
コシが強いちぢれ麺が一般的で、平打ち麺のお店もある。お店によって微妙に違う点は山形の酒田ラーメンにも共通するポイントか。
スープは澄んだ醤油味。クリアな味わいで一見塩ラーメンかと思うほど透明感のあるすっきりとしたスープが特徴。

ざっと佐野ラーメンの事前知識を書きましたが、関東でも一大勢力を誇る佐野ラーメンです!
ご当地ラーメンどころはいつ行ってもテンション上がります!
佐野と言えば北関東。都心からは遠く離れた地(電車で2時間ぐらい)で首都圏的なラーメンとは無縁のラーメンどころ(*^^)v
洗練された都心のラーメンもいいんですが、ご当地ラーメンめぐりは遠征ラヲタにはたまらん楽しさがあります。

佐野駅から近い「叶屋」さん。
まさに佐野ラーメンのお手本とも言うべき1杯でクリアで透明感溢れるスープ。
少し薄いか!?と思いきや塩加減もバッチリで非常にコクの豊かなスープはグイっと飲んでしまいます。
みずみずしい平打ち麺はすんげー弾力。
見た目よりも主張がちな醤油の立たせ方がこのラーメンのポイントですね。
美味しかった!

個人的評価 ★★★☆(3,8)

P1050525.jpg


「叶屋」

(住所)栃木県佐野市久保町154-1
(電話)0283-22-2837
(時間)11時30分~14時、17時30分~19時30分
(定休)月曜
(最寄駅)JR両毛線佐野駅徒歩10分
地図。

らーめん 土竜@淀川区塚本

土竜

醤油豚骨ラーメン

雀の塚本店で食べた後に駅の反対側にあるこのお店に3人で突撃。
聞いた事もないお店だったのでついつい・・・コレクター心に火がついてしまいました(笑)
やや嫌がる友人(ス○ミー君)を強制連行。
女性の方お一人で切り盛りされてまして、メニューには馬刺しとかもありました。
居酒屋使いも出来そうなお店ですねぇ。
醤油豚骨、塩豚骨、味噌ラーメンとあったので3人で話し合い注文するメニューを決める!
だって、みんな同じメニューじゃつまらないでしょ?(笑)
自分は醤油豚骨に決定。
たっぷりの胡麻、豚骨「風」のスープ、もやしにネギ・・・

ワンコイン500円と考えたらこんなものかもしれませんが、何か味気ないと言うか。
メニュー構成等考えたらどさん子系のFCか何かか?と頭をよぎりましたが真相は謎です。

個人的評価 ★★(2,3)

P1050480.jpg


「らーめん 土竜」

(住所)大阪市淀川区塚本2-28-4
(電話)06-6885-6042
(時間)18時~0時
(定休)日曜・祝日
(最寄駅)JR塚本駅徒歩2分
地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。