ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺匠 四神伝@守口市藤田町

P1050706.jpg

とり煮干しつけ麺

2月の終わり、1週間のみ提供とちょっとハードルが高かった今回の限定。
今まで数々の限定を手掛けてきた四神伝が初であろう、煮干し系の1杯にチャレンジした。
かねてより店主さんと次の限定のアイデア等を話す事が多く、是非とも煮干し系をと懇願していた自分ではありましたが、このタイミングで出てくるとは思わなかった。
しかもつけ麺だし。
去年の夏にやった「冷や汁系」の味噌つけ麺の時の煮干しはかなり上品な路線でアレはアレで良かったが、
今回も結構気合い入ってたので早速行ってみました。

塩つけの麺と一緒なのはちょっと微妙だなぁと思いつつ、つけ汁に麺をつけて食べてみた。
煮干しは粗さと品の良さが同居したタイプでどちらとも受け取れそう。
ただ、中途半端とは感じないであろうしっかりと出汁のきいた味。
P1050707.jpg

鶏白湯ベースのスープはレギュラーにはないものでコチラはどうだろう。
濃厚ではなくスッと喉を通る食べやすい濃度。
合わせるニボ出汁とのマッチングは良好で、この辺りはバランス感覚に優れ器用に何でも上手くまとめあげる店主の力量が伺える。
ただ、いつも思う事だけどやはり「優等生」的な印象は今回も払拭できなかった。
美味しいのは間違いない。ソレはきっとこのお店の事を知っている人ならばほとんどの人が思う事だろう。
味の組み立てや実践力は超一級なんだけど、突き抜けるまではいかないのが最近の印象。
このお店のコンセプトを知ってる上であえて言いたい。
限定だけはもう少し冒険してもいいのではないだろうか?
冒険と言っても色々な意味で受け取る事が出来るだろう。
それは素材を変える事であったり、奇抜なものであったり。

店主さんとお店の事を知れば知るほどいろんな葛藤があるのを感じる。
いつもの雰囲気、いつもの美味しいラーメン、いつもの笑顔。
それはいつも感じている自分にとってかけがえのないものであり、何物にも代えられないものだけど、
店主さんの作る革新的な一杯を食べてみたいなぁ。
でもスタンスが変われば四神伝が四神伝じゃなくなりそうでそれも怖い(-_-;)
自分も変な葛藤があったりします。

個人的評価 ★★★★


「麺匠 四神伝」

(住所)守口市藤田町3-20-12
(電話)06-6904-0888
(時間)11時~14時、18時~24時(ラストオーダー23時30分)
(定休)水曜
(最寄駅)京阪大和田・古川橋駅各徒歩15分
地図。
スポンサーサイト

中華そば 閃@住吉区苅田

P1050370.jpg

醤油中華そば

屋号の如く閃光のように突如出現したニューカマー。
このお店の事は行きつけの某店店主夫妻からよろしくと伝えられていたのでオープン間もない時期に早々に突撃したものの、レポが今頃にw

こちらの店主さんは自作上がりだそうで、開業に向けて数々のお店を食べ歩いては自作に励み、基本となる中華そばの味を作り上げた。
そのバイタリティは底知れず、久しぶりに大阪で応援したいお店が出てきたなぁというのが率直な感想。

中華そばは様々複数の素材感をダイレクトで味わえる反面少し纏まりに欠ける印象がファーストタッチ。
それは煮干しであり鶏であり、タレに使われているのか、昆布であり椎茸でありと、まさに何でもアリの様相を呈していた。
しかしながらキラリと光る原石にも似た今後に抱く期待はメガトン級、それはこの丼の中からほとばしる一種のオーラのようなものを感じたから。
大阪でありそうでない、そんな印象を残してくれた閃の中華そば。
麺は三河屋製麺(今は知らんが)、スープには惜しげもなく大量の素材をブチ込み原価はまずは無視して美味しいものを作る!という意気込みが嫌でも感じられる。
それは高圧的でもなく、押しつけがましいものでもない、純粋なものだろう。
自作上がりで開業と言うと自分はかなり共感出来る部分があって、
こういう志の高い1杯に出あうといつしか自分も・・・なーんて思ったりするんです。

オープンからしばらく経ったこのお店のラーメンは日進月歩の勢いで日々進化しているのは間違いない。
次行った時にどんな1杯になっているのかが凄い楽しみ。

個人的評価 ★★★★

P1050371.jpg


「中華そば 閃」

(住所)大阪市住吉区苅田7-6-15
(電話)06-6608-5001
(定休)月曜
(時間)11時30分~14時30分、18時~22時
(最寄駅)大阪地下鉄御堂筋線あびこ駅徒歩5分
地図。

麺屋 八海山@高槻市芥川町

P1050365.jpg

煮干そば


ついにキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
何が来たねん?と言われるとアレなんですが、新潟の地ラーメンである「燕三条系」のラーメンが大阪に参入!
って事で、新潟現地でコレ食って悶絶した自分にとって嬉し過ぎるこのラーメン!

のハズでしたが・・・

食べた感想は率直に「美味い煮干しラーメン」だな、と。
杭州飯店で食ったあのバチバチに煮干しをきかせたスープに比べたら完成度は劣る・・・
比べる事自体が酷なのかもしれません。
旨味と酸味、そして醤油のキレ、全体的に少しづつ足らない。
その少しが一杯のラーメンにおいてはかなり食べ手を左右するのです。
店主さんはこの辺り充分にご理解している様子でした。
学生時代を新潟で過ごし、「大阪に燕系のラーメンってないじゃないですか、だから作りました」と非常に意義があり、高い志を持って開業されたのが少し会話して伺えました。

背脂と煮干しをきかせた醤油スープの迎合はこと大阪に関しては今までありそうでなかった1杯。
オリジナリティに溢れ評判は上々のようですが、コレが完成系ではないのは一目瞭然。
今後に(かなり)期待してます!


個人的評価 ★★★☆


P1050366.jpg


「麺屋 八海山」

(住所)高槻市芥川町1-14-9
(電話)072-684-1778
(定休)火曜
(時間)11時30分~15時、18時~21時(平日は昼のみ)
(最寄駅)JR高槻駅徒歩5分
地図。

ラーメン家 みつ葉@奈良市富雄元町

P1050363.jpg

豚CHIKIしょうゆラーメン


思わずウホッと声が出そうな顔の良さ。
いわゆる見た目からイケ麺なのですが、こういう泡立ちの良いスープが最近多いですねぇ。
さながらカプチーノのようなビジュアルは新時代の幕開けとも言えるまろやか系スープの特徴。
味わい的にはこってりとあっさりの中間に位置する極めて微妙な立ち位置にいますが、
そこはかとなくまろやかでクリーミーなスープは他店にないもの。
鶏メインの白湯で豚骨少々といった動物系のスープは後口が非常に軽やか。
それでいて物足りなさ皆無の秀逸なもの。
あえて難点を挙げたら優等生すぎる点。
毒っ気がなく強烈なヒキを感じない事。
まぁコレは食べ手(自分)の勝手な解釈であるのでそんな事はどうでもいいのですが、
間違いなく旨いラーメンだと思います。
個人的に2011年開店の新店ランキングでかなり上位(ベスト3)には入るデキ。
随所に感じる「あっぱれ屋」のDNAをさらなる高みへと昇華させている最中に感じるこのお店のラーメンは定期的にチェックしたいところ。
麺も美味いです。

個人的評価 ★★★★☆


P1050364.jpg


「ラーメン家 みつ葉」

(住所)奈良市富雄元町3-15-1
(電話)0742-51-0328
(定休)日曜・祝日
(時間)11時~14時30分、17時30分~20時30分(火曜・木曜・土曜は昼のみ)
(最寄駅)近鉄奈良線富雄駅徒歩7分
地図。

麺屋 きょうすけ@中央区安土町

P1050342.jpg

鶏白湯魚介醤油

ここって都島にある炉端のお店「おぃと」が展開するラーメン屋さんでOK?
なかなかに本格仕様の1杯で食べてみて驚かされたのがこのラーメン。
しび節って何じゃいなと思ったらマグロ節の事なのね(汗)
そのしび節をガツンと・・・って、確かに魚介の味は強いが「これがマグロちゃんです」といった主張は感じられないものの、結構濃厚めの鶏白湯との組み合わせは面白く、それでいてクオリティはかなり高い。

マグロはアラとかでダシ取ったらかなり魚臭さが立つものの、節にしてしまうとちょっと淡白な印象があり、
これをラーメンに使うのはアイデア的には面白いと思います。
ただ、難しそう。
いかにキャラを立たせるかとう観点から見たら主役になりきれないのがラーメンにおけるマグロ。
ラーメンのダシとしてはポピュラーな存在ではないだけに、逆に大々的にしび節を謳うこのお店のスタンスには非常に好感が持てます。
魚介醤油でなく、鶏白湯の方が完成度高かったでっせーとお友達のブロガーさんが行ってたのでそちらも楽しみ。

ボリュームも結構あって食べ応えがあるのも良かったです(*^^)v

個人的評価 文字色★★★☆


P1050341.jpg


「麺屋 きょうすけ」

(住所)大阪市中央区安土町1-4-5
(電話)06-6226-7263
(定休)日曜・祝日
(時間)11時~売り切れまで
(最寄駅)大阪地下鉄中央線堺筋本町駅徒歩5分
地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。