FC2ブログ

ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

ふれんち ラぁ麺 GASPARD@京都市中京区

我が心の故郷・京都(何)にすんげーお店が誕生!
そのお店の名前はガスパール!!!!!

京都で有名なフレンチのお店がラーメンに鞍替え!(って言ってもフレンチのお店は別店舗で展開してます)
行く前から非常~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~に楽しみにしていた(←楽しみにし杉!)
P1050033.jpg

地階に降りる階段を発見し一歩一歩階段を下りる時の気分はドラクエでダンジョンに入って何かすごいアイテム探すぞ的な感覚と似たようなものがあった!(←バカです)
P1050024.jpg

ふれんちラぁ麺はじめました

って、夏になると「冷やし中華はじめました」と掲示するそこらの中華屋とはワケが違うゼ!(何)
看板右下の「Rock'n Roll French」って、めっちゃテンション上がる~~~~(興奮)
何がロックンロールやねん!ってお店に入る前から脳汁満開なのを通行人に見られてたけど大丈夫ですっ!(何が?w)
P1050032.jpg

問題は何を注文するかだよ明智くん(誰?)
全てらあめん表記とありますが、2種類はつけ麺だぜ!ちょっとわかりにくいけど罠じゃないよ!
スープドポワソンって何だよ!フレンチ用語使うなよ!そんな上等なモノ食ったことねーんだよ!ラーメンにしか興味ねーからよ!と心の中でブツブツ呟きながらいざ店内へ!!!

ってここまでテンション上げて書いた理由→フレンチのお店=敷居が高いとの自分の中でのイメージ。

ラーメン屋さんとしてリニューアルしたものの、やはりフレンチという言葉に抵抗がある真性ラヲタな自分、
店内に踏み込むのにかなりの勇気がいります(汗)
そんなヘタレMAXな自分に喝を入れるべく無理矢理ハイテンションモードにしてお店に突入した精神状態をまずはラーメンの前にレポートしてみました(イランやろ(爆))

そんなこんなで店内へ。
うーん、やはりお店の雰囲気は気軽に入れる「ラーメン屋さん」のものではなくハイソな空間が広がっています。

黒板メニュー4品の中でラーメンはミネストローネとあさりの白ワイン蒸し、
つけ麺メニューがオニオンスープとスープ ド ポワソン。だからポワソンって(以下略)。
席に座ると紙に書かれたメニューの説明書きが置かれています。
ソレをじっくり読んで注文(たぶん10分ぐらい読んでたぞ)。
P1050028.jpg

オニオンスープ らあめん

メニュー名はオニオンスープラーメン
実際はオニオンポタージュチーズつけ麺。
悩んだ末にこれに決定!!!!

配膳されて早速いただこうとしたら・・・
ちょっと待ったと声がかかるw
仕上げのビネガーソースをつけ汁に注ぎます~
すいませんね、フレンチなんて食べた事がないもので(汗)と内心もうバクバクですわ(>_<)

食べた感想→わかりません(爆)

わかりませんと言うのはちょっと語弊がありまくりだなw

正直ラーメンという観点においてはすっごく違和感のあるものに感じる。
フレンチっていう観点においてはすっごく珍しいものに感じる。

フレンチ食った事ない自分が言うのは何ですが(爆)

ラーメンをフレンチやイタリアンっぽく仕上げたものは過去にもありましたが、
このお店は逆でフレンチをラーメンっぽく仕上げた印象。
ベースは当然ながらフレンチなのです。
ラーメンでは当たり前の豚骨や煮干しや昆布といった素材はもちろん、
醤油すらも使わないという徹底ぶり。
こだわりとは違う徹底、そこにフレンチで鳴らしたシェフの方の自信を垣間見る事が出来る。

つけ汁内には豚のコンフィ、温玉、カリカリのベーコン、バケットがin。
そこに麺をつけると正直この具達は邪魔で邪魔で仕方ないのですが(笑)、ちょっと発想の転換をしてみましょう。
ラヲタ脳からフレンチ脳へ。ハレンチじゃないよ(殴打)
麺をすするというラーメンつけ麺では当たり前の行為を放棄し、パスタを食べる感覚で食べてみよう!
そもそもパスタってフレンチなのかすらわかってないけども!(爆)
麺をすすらずにパクパクっと!
具とともに食べてみるとあら不思議!通常のつけ麺とは印象ががらっと変わります。
そもそも基盤となっているのは全開フレンチですので、普通につけ麺を食べるぞ!って考える事が間違いのような気がしてきたw
ここらは俊敏な対応力を示しましょう!笑
つけ汁は鶏ベースに玉ねぎのふんだんな甘みが特徴的。
麺によく絡むチーズとピリリと引き締まる黒コショウ、それに欧風エキスと言うべき仕上げにかけられたビネガーソースの酸味が加わり、ラーメン脳では複雑な味に思えますが、

旨いって!

ただ旨いしか言えません。
だってフレンチなんてわからんもん(爆)
もう開き直りますわ。

そもそも作り手側からすると「つけ汁」って概念ではないのでしょうねコレは。
「ビュレ」?「フォン」?

その中で感じたウィークポイントは麺!
これだけはフレンチではなく「つけ麺」の麺。
そのアンマッチ感がなんだか気にはなりましたが、そんな事はどーでもええわ。

感想は一言!
美味いマズイの前にスゴイ!って事!

以前一乗寺で極鶏のラーメン食べた時にも書きましたが、
想像していたものの遥か上を行くものを食べた時の感想は美味いよりも凄いという念を抱きます。
このお店に限っては上と言うよりも斜め68度ぐらい「斜め上」と言う感想ですが、
いやはやこれは他の残り3メニューを食べないワケにはいきません。

ちなみにメニューは付き出し→麺→シメご飯の順番で出てきますが、コレは4メニューとも共通。
違うのは麺メニューの内容とシメご飯の中身!
P1050025.jpg

付き出しのハムのムースとプチパン。
P1050030.jpg

シメのハヤシライス!

どっちも美味しいです♪
特にハヤシライスは家庭で食べるものと全然違う!
赤ワインをブンブンにきかせた本格仕様のもの。

この内容で880円て・・・
ヤりすぎだよ奥さん!(壊)
奥さんは関係ないやろという怒りのメッセージが届きそうなのでしょーもない事書くのはもうやめますw

個人的な話ですが、「ラーメン屋さん」は基本的に男の空間だと思っている自分がいます。
何やら昭和臭い考えなのですが、作る側も食べる側もやっぱり男社会なところがあって、
たとえば彼女とデートする時とか、女の人が混じって外食する時とか、ラーメン屋さんで食事をするという選択肢って基本ないに等しいと考えていますが、ここのお店はそんな考えも覆されますねぇ。
今度是非とも彼女連れてってあげよ♪

個人的評価 ★★★★☆



「ふれんち ラぁ麺 GASPARD(ガスパール)」

(住所)京都市中京区烏丸蛸薬師下ル東側  四条烏丸スタービル B1F
(電話)075-212-1382
(時間)11時30分~翌2時(水曜は22時まで)
(定休)木曜
(最寄駅)阪急京都線烏丸駅徒歩5分
地図。
スポンサーサイト



らーめん あじどの@中央区千日前

P1040983.jpg

ラーメン

千日前ビッグカメラの向かい、つけ麺のつぼや跡地にオープンした横浜家系っぽいラーメンを出すお店。
っぽいって言うのはですね、っぽいからなんですよ(意味不)
他の家系のお店同様に味の濃さや油の量を選択可能。

カウンターだけの路面むき出しのお店の作りなので暑い~
厨房の熱風と外気の熱風がモロに直撃ですが、個人的には暑い時こそ暑いラーメンやろが!と思っている変態なのでこの辺は大丈夫です!(爆)

家系特有である屋号に「~家」とはついていないけど、
味のカスタムが出来たりと張り紙見たらわかると思いますがシステムは家系そのままです。
(そういや旭区のそらの星も屋号がちがうなぁ)

スープは黄色がかった浅めのスープ。
豚骨ベースには違いないっぽいのですが、やたらと強い鶏風味は油の仕業か!
家系ラーメンの鶏油はスタンダードなものでしょうが、スープを食ってしまうほどの鶏油は・・・
って言うより豚骨のスープが浅すぎるからこう感じるのでしょう。
麺は家系でもお馴染みの御三家の製麺所のものかは不明。
でも麺線短めで雰囲気はあります。
全体的になんちゃって感がある家系「っぽい」ラーメンっていうのが率直な感想。
家系インスパイア、疑似家系?今はそんな表現しかできません。

個人的評価 ★★☆

P1040984.jpg


「らーめん あじどの」

(住所)大阪市中央区千日前1-4-10
(電話)???
(時間)11時~翌5時
(定休)無休
(最寄駅)各線日本橋駅徒歩5分
地図。

らーめん ペペ@北区堂島

P1040965.jpg

ペペ醤油

北新地にニューオープンしたお店。
何かと話題のお店ですが、その実力は如何に!?
とりあえず醤油!!!

鶏清湯にいりこのWスープのようですが、風味は少し弱めでタレの強さが際立っている印象です。
オープン前のレセプションではダシ感優位のラーメンって聞いたのですが、あら?
まぁ自分のお粗末な味覚なんてこんなものです(自爆)
少し甘めの醤油ダレ、ラーメンらしさを出す「香味油」に頼らずダシに特化した1杯を目指されているのか、
その真意は汲み取れたような気がします。
棣鄂の麺は巧く合わされていますね。
でしゃばらずスープとの均衡を保っている印象。
全体的に総じて甘めの味付が気にはなりましたが、もう少しダシ感を感じる事が出来ればかなり美味しいラーメンとなりそう。
トッピングがユニークな塩ラーメン、他にも白湯もあるみたいだし早々に再訪してみます。

個人的評価 ★★★


「らーめん ペペ」

(住所)大阪市北区堂島1-3-23 大阪屋北新地ビル2F
(電話)06-6344-5844
(時間)19時~翌6時
(定休)日曜
(最寄駅)JR東西線北新地駅徒歩5分
地図。

麺屋 伏見商店@福島区福島

P1040967.jpg

塩らぁめん

お昼はジャクソンズ、夜は伏見商店。
お昼は濃厚系、夜はあっさりの清湯。
昼と夜で異なるラーメンを提供する二毛作営業のお店。
お昼のジャクソンズで食べた濃厚系のラーメンがかなり気に入っていたのですが、さぁ夜はどうだろう!
修行元・静岡の卓朗商店は基本は清湯だし期待大。
基本メニューの中華そばではなく注文したのは塩。
理由は卓朗商店で食べた塩がめちゃめちゃ美味しかったから。

ベースは鶏、魚介・・・そんな事云々の前に味つけ・ベースのボディの線が細いく感じる!
玉状になったキラキラ輝く上質の脂、この脂の風味が強くてスープ(ダシ)は完全に殺されてるかのようで・・・
味わいは淡麗テイスト、その中でも個人的に苦手な「おすまし系」のようなあっさりで悪く言えば変哲のない味。
醤油ベースの中華そばは概ね好評のようですが、この塩、たまたまなのかはたまた。
くっきり芯を感じるストレート細麺のザクザク感は非常にこのスープには合っていると思いますが、
個人的に1杯のラーメンにおいて楽しみたいのはスープ。
うーん、もっかい行ってみよ!

個人的評価 ★★☆

P1040968.jpg


「麺屋 伏見商店」

(住所)福島区福島5-16-20
(電話)06-6345-3545
(時間)18時~23時
(定休)日曜
(最寄駅)JR大阪環状線福島駅徒歩3分
地図。

ラーメン人生JET600@東成区東小橋

P1040970.jpg

味噌鶏煮込みそば

濃厚鶏白湯味噌のこのラーメン。
ハンパなく濃いです(汗)
スープの濃度・味の濃さ。
パンチがあり塩気が強めのスープはちょっと食べ手を選ぶかもしれません・・・
味噌ダレは合わせでしょうが、赤味噌が強いのか香り高い。
惜しむべきはやはり塩分濃度の高さ。
重厚感あるボディもかき消し、舌に刺さる塩角で箸があまり進みません。

スープは少しネガな感想になってしまいましたが、その中において麺の旨さが際立っていました。
以前福島の無限→JETと連食した時にも感じましたが、やはりJETの麺は旨い!
季節によって変えてはいるようですが、いつもながら麺の旨さを感じます。
濃厚なスープに負けない平麺ですが麺の存在感がくっきりと。

現時点でのメニューは福島のJETと路線は同じっぽく感じます。
でも単なる2号店の位置付け、コピー店では面白みに欠けるかなぁって印象ですが、
これからどんな展開をするのか楽しみですね(*^^)v

個人的評価 ★★★

P1040971.jpg


「ラーメン人生 JET600」

(住所)大阪市東成区東小橋1-3-2
(電話)06-6981-1778
(時間)11時~15時、18時~23時
(定休)無休
(最寄駅)JR大阪環状線玉造駅徒歩5分
地図。

Template Designed by DW99