ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らぁめん たむら@東大阪市長堂

6月度の「超らーめんナビ」による限定メニュー提供店がたむらです!
お得意の油そば!って事なんですが・・・

以前にも書きましたが、

◎油そば
◎和え麺
◎冷やし

この上記3つはどーも苦手で(汗)
日頃から油そばや和え麺は食べないですし、夏場の暑い時でもアツアツのラーメンが食べたい!
そんな自分なんで、今回の限定は正直食指が動かなかったのですが・・・

たむらには過去何度かお邪魔していますが、
食べたメニューは全て「豚骨魚介つけ麺」なんです(笑)
そんだけここのつけ麺が好きって事なんですが、たまには違うのも食べてみるちょうどいい機会。
P1040854.jpg

三段油そば(6月度超らーめんナビ限定メニュー)

うひょっ♪
彩り鮮やかでビジュアル的にかなりキレイですね(^_^)
食べ方がイマイチわかんないので同行したスエミー君にレクチャーされながら混ぜ混ぜしてみる。
P1040853.jpg

お店にあった食べ方POP。
とりあえずそのまま混ぜて食ってみ!って書いてるのでそのまま食べましょう。

香る生姜の風味にモッチモチの麺、これがなかなか美味いというか、
今まで油そばというものを避けて通ってきた自分にはかなり斬新な味わいに思えた!
油そばと言ってもそんなにギトギトしているものでもなく具材の構成上なのか意外にさっぱりと食べられる。
刻み紅生姜が特に効果的に清涼感を出していて大量のネギの食感も楽しい。
つけ麺もそうだけどこの油そばってのは麺が占める要素がかなり高くね?
この麺はホントモチっと感が強くて弾力に富んでいいチョイスだと思います。
つけ麺でも食べてみたい気もする。
P1040851.jpg

えーーーーっと!
次は酢もやし入れてみ!とPOPに書いてるので入れて食べてみる。
かなり強烈な酸味がプラスされてガラリと味が変わる。
味が変わると言うよりも元々酸味が強かったものにさらなる酸味が加えられるって印象。
甘酸っぱ感が麺に絡まりなんとも不思議。
で、赤い謎の液体「チョジャン」なるものをブチ込んで再度混ぜ混ぜ・・・

うーん、酢もやしでもかなりの酸味が加わったけど、チョジャン投入で酸味はMAX!(笑)
ついでに甘みも大幅増で辛味はちょっと足された程度。
ちょっと酸味に特化しすぎな感は否めなかった点は気になりましたが、
食べた事のない新鮮さ・真新しさにふんふんとアレコレ考えながら完食。
ペース配分間違って最後大量に具材が残ってしまいましたが、全部掻き込みました。

油そばは初体験ではないけどあまり食指が動かないので食べる事はこれからあるかどうかはわかりませんが、
こういうのもあるんだなぁと色々と勉強になりました!
世間を賑わしている「キムラ君」にもちょっと興味沸いてきた・・・


「らぁめん たむら」

(住所)東大阪市長堂2-9-14
(電話)非公開
(定休)月曜日
(時間)11時~14時30分、18時~24時(日祝は夜の部22時30分まで)
(最寄駅)近鉄布施駅徒歩7分
地図。
スポンサーサイト

つけめん 恵那く@京都市左京区

P1040735.jpg

つけめん

一乗寺ではここだけ?
魚介豚骨のつけ麺が食べられるお店。
つけ汁は少し甘めの味付けで、適度な粘度でしっかりとした旨さが味わえます。
魚介豚骨の中では比較的スタンダードな部類に当たるつけ汁に思えますが、
ここで一番個性を出しているのは麺。

極太で細うどんぐらいはあろうかという太さの麺は強靭なコシを併せ持っていて、
讃岐うどんのようなピチピチとした食感が味わえる剛麺。
ただ硬いだけではなくしっかりとした弾力があり、
つけ汁をよく拾ってくれる麺は麺主役型のつけ麺においては存在感抜群の麺と言えそう。
関西でも広く親しまれている濃厚系のつけ麺ですが、このつけ麺はその中でも結構ハイレベルに感じました。

個人的評価 ★★★☆


「つけめん 恵那く」

(住所)京都市左京区一乗寺高槻町20-2
(電話)075-201-1931
(定休)火曜・第3水曜
(時間)11時30分~14時30分、18時~20時30分
(最寄駅)叡山電鉄一乗寺駅徒歩5分
地図。

マルミヤ@京都市左京区

P1040796.jpgP1040797.jpg

四条河原町南座前にあった「とんとん来」というお店。
四条大橋を渡り観光客で賑わう四条通り沿いにあったお店は惜しまれつつ閉店してしまいました。
自分はここのラーメンが大好きでよく食べに行ったなぁ。
ニューウェーブ系の凝ったラーメンではなくすっきりとした醤油ラーメン(味噌もあったっけ)とチープな雰囲気の店内が大好きでした。
そのとんとん来がラーメン激戦区一乗寺で復活・・・
これは行かねばなりますまい。
店先の看板にもとんとん来が復活!と書かれています。
でも普段ラーメン食べない人ってとんとん来って知らんのでは(笑)

とんとん来で働いていた方を店長さんとして招聘したという話で、
経営は当時のとんとん来とは別なのかな?ここらは未確認ですが。
P1040798.jpg

ラーメン(並)

好きだったお店の復活は素直に嬉しいです♪
出汁感が少し乏しく調味料味な感じは否めませんが、現代の進化した多種多様に広がったラーメンとは違った旨さがあります。
激戦区で末永く営業していただきたいですね!

個人的評価 ★★★

「マルミヤ」

(住所)京都市左京区一乗寺宮ノ東町51-7
(電話)075-724-6886
(定休)木曜
(時間)11時~15時、17時~23時
(最寄駅)叡山電鉄一乗寺駅徒歩5分
地図。

麺や 而今@大東市灰塚

鶏料理のお店「華昌」がお昼営業で展開するラーメン店。
夜は鶏屋さん、お昼はラーメン屋さん。
経営母体が鶏屋さんのお店が密かに増殖中。
而今は店主さんが凄く熱心にラーメンに向き合っています。
以前寺田町のまるとらで偶然お会いし、色々とお話しをさせていただきましたが、
すごく向上心の強い方で今日より明日、明日より明後日といった感じで日々ラーメンを研究しており、
ラーメン提供当初と今とではそのデキは雲泥の差だとか。
P1040549.jpg

中華そば

コレ、4月1日に食べた分です(古)
きっと当時と今とでは全然違うラーメンになっていると思われます。
この時は醤油が立ちすぎてその醤油がクドくて出汁の良さが完全に殺されている感がありましたが、
今はどうなのかな。
近々再訪予定です!

個人的評価 ★★☆

「麺や 而今」

(住所)大東市灰塚6-7-9
(電話)072-873-0147
(定休)月曜・火曜(祝日は営業)
(時間)11時30分~14時30分
(最寄駅)JR学研都市線鴻池新田駅 徒歩10分
地図。

麺や 写楽@大東市赤井

P1040625.jpg

淡麗醤油ラーメン

写楽は既に閉店しています。
鶏白湯のつけ麺が秀逸で不毛な大東エリアで貴重なお店だったのですが残念です。
この淡麗醤油は清湯の醤油ラーメンで甘みのある醤油味のスープ。
淡麗系に求めがちな「キレ」はありませんでしたがじんわり食べさす1杯でした。
具材のクオリティ等、結構見るべき点は多かったお店だったのになぁ。

個人的評価 ★★★

「麺や 写楽」

(住所)大東市赤井1-4-1 ポップタウン住道内
(電話)072-873-2007
(定休)無休
(時間)11時~22時(LO21時30分)
(最寄駅)JR学研都市線住道駅 徒歩5分
地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。