FC2ブログ

ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

麺人 ばろむ庵@奈良市杉ヶ町

バロムワンと言われても全く知らない世代なのですが(汗)
一部ラヲタで話題沸騰?どうも屋号にやられてるらしく(笑)

イカゲルゲがどーのこーのと、楽しい会話が聞こえてきました(^_^)
P1040790.jpg

新中華そば

京都のあっぱれ屋と被るビジュアルですが、どうやら無関係のようです。
でも店主氏があっぱれ屋を強く意識しているようで、「あっぱれ屋インスパイア」になるのかな。

豚骨中心の動物系は少し頼りなく感じたボディで煮干しがフワッと香ります。
濃厚と呼ぶには違和感がある濃度で後口はさっぱりと。
スープは動物系と魚介系のバランスが今一つマッチしていないようで、これからかな、という印象。

全粒粉配合の麺は今では珍しいイガイガ感があり、逆に新鮮に感じました。
食感はボソっとしていますが、ここらは好みでしょうか。
つけ麺やまぜ麺で威力を発揮する麺だと思いますが・・・

具材含め全体的に「雰囲気」は出ています。
個人的にはもう少しラーメン「らしさ」が欲しいかなと思いました。
卓上のブラックペッパー入れたら味がギュッと引き締まって良かったです。


個人的評価 ★★☆


「麺人 ばろむ庵」

(住所)奈良市杉ヶ町27
(電話)0742-24-8661
(時間)10時~14時
(定休)不定休
(最寄駅)近鉄奈良駅徒歩10分
地図。

無鉄砲がむしゃら@大和郡山市上三橋町

P1040795.jpg

魚介とんこつラーメン

無鉄砲と言えば豚骨、豚骨と言えば無鉄砲という世間のルールなのですが、
このお店に限っては話は別!
って言うのは「豚の骨」営業時のあのラーメンが忘れられないのです。
そう、あの「豚にぼラーメン」が!!!!

今は常時豚の骨に代わって「がむしゃら」での営業となっていますが、
やはりココに来たらあの豚にぼの残留オーラをせめて味わいたい。
純とんこつは大阪のお店で事足りるし!

無鉄砲の血を色濃く受け継ぐがむしゃらのラーメンですが、
無鉄砲とはちょっと違うようですね。

「がむしゃら」に来たのは初めてなのですが、麺・スープともに微妙に違う。
麺はカチっとした硬めの食感で食べ慣れた無鉄砲の麺とは違和感を覚えましたが、
やはりスープをよく拾ってくれますね。
魚介が入ったスープですがやはりソコは無鉄砲、そんじょそこらのラーメンとは一線を画すラーメン。

純豚骨のあのドロドロな濃厚さがやや食傷気味になってきた自分としては魚介が入り少し濃度が落ちた方が
食べやすいかもしれません。
ただ、6:4(豚骨:魚介)というスープ、完全に豚骨が勝っていますね(笑)
さすがムテ、やはり基本はムテ路線で豚骨=ムテの醍醐味。

しかし、豚の骨の豚にぼ喰いたいなぁ(*^^)

個人的評価 ★★★

「無鉄砲がむしゃら」

(住所)大和郡山市上三橋町152-1
(電話)0743-52-6440
(時間)11時~15時、18時~23時
(定休)月曜
(最寄駅)JR帯解駅徒歩15分
地図。

ラーメン 河@吉野郡吉野町

吉野川の畔ののどかなロケーション。
どこからともなくやってくるお客さん。

奈良の山中、吉野で食べられる塩ラーメンのお店、老夫婦お二人で営んでおられる関西でも有数の秘境系のお店。

鶏ベースのシンプルな塩ラーメンは誰からも好まれそうなあっさり味。
川の流れを見ながらラーメンをすする、これだけでも来る価値がありそうなお店です。
P1040787.jpg

塩ラーメン

麺メニューは塩ラーメンのみ。
サイドメニューには鶏丼とまぐろ丼。
上品ながらなかなかコク深いスープ、手作り感たっぷりのバラ肉厚切りチャーシュー。

どこか家庭的ながらもラーメンとして充分な出来映えに満足感に浸れます。

しかし
冒頭にも書いた、どこからともなくワラワラとやってくるお客さん。
さすがに開店1時間半前到着時は先頭でしたが、名前と人数を書いてお店の大将お勧めの「蜻蛉の滝」見に行って戻ってきたら!

30人ぐらいの開店待ち( ;´Д`)
開店前、開店してからも続々とお客さんが車でやってくる。
本当はこの吉野の地で細々と営業したかったんじゃないかぁと思うと複雑な気持ちになります。
ネットの普及でいつの間にやら行列店になってしまってます。

店主さまご夫婦はお身体に気をつけて末永く営業していただきたいです。

※参考データ
 訪問日→日曜
 時間→開店1時間半前着先頭、滝見学後開店40分前で20人待ち、開店時30人待ち以上。
 

P1040777.jpgP1040778.jpg
P1040779.jpgP1040784.jpg


個人的評価 ★★★☆&滝萌えー♪


「ラーメン 河」

(住所)奈良県吉野郡吉野町菜摘470
(電話)0746-32-8384
(時間)11時30分~14時、17時~20時(夜営業休業中)
(定休)木曜(2011年6月より第1、第3水曜休み)
(最寄駅)バイク・チャリンコのツーリングで行ってみ!
地図。

創作中華 縁@中央区東心斎橋

P1040770.jpg

鶏ネギ汁そば

中華っぽい清湯スープ、と言うよりは毛湯スープという表現がハマりそうな透き通った鶏ベースのスープに白ネギと蒸し鶏のみのトッピング。

麺のチョイスが可能で細麺の中華麺と揚げ麺だったかな、選択できます。

麺でだいぶカラーが変わりそうですが、細麺選択での印象はシンプルは鶏塩ラーメン。

ラーメンのみでの入店は少々敷居が高いかもと思わせる綺麗な店内。
他に麺メニューとして担々麺があります。

個人的評価 ★★★

「創作中華 縁」

(住所)大阪市中央区東心斎橋1-18-2
(電話)06-6281-0373
(時間)18時~翌3時
(定休)日曜・祝日
(最寄駅)大阪地下鉄心斎橋駅 徒歩10分
地図。

北新地 朱月@北区曾根崎新地

個人的関西圏すっぱいラーメンランキングで日本橋の周月と双璧をなす朱月に再訪。
P1040767.jpg

デフォのすましは醤油(既食)、前回のあの強烈な酸っぱさはもう随分と前に食べたのに今なお鮮明に覚えているぐらい個性の強いラーメンだった・・・

場所柄飲んだ帰りのお客さんが多いのだろうけど、
飲んだ後にあの酸味はどう味覚に訴えかけてくるのか!?
かなり気になるものの、ラーメンを食べる時はシラフな自分、
いつの日か検証してみたい気もする。
P1040768.jpg

うしお(塩魚麺)

恐る恐るスープを飲んでみると・・・・・・・
あおの強烈な酸味はこの塩スープにはナシ!

ビジュアルからして結構作りこまれていそうなラーメン、
動物っ気を全く感じない。
おそらくスープには鶏や豚といったラーメンでは定番とも言える「出汁」の核である動物系は一切使っていないのでしょう。
組み立ては魚介のみ、鰹・昆布を中心とした和出汁ベース。
場所的なものか、この塩も極めてアッサリで、食事としてのラーメンと考えるとちょっと弱いかなぁという印象。
やはり飲んだ帰りに・・・というコンセプトで作られているのか、
ラヲタ的には少し物足りなく感じてしまう。

ゆず皮使ったり具材の野菜も清涼感のあるものばかり。
重い食材を使用せずに胃にも優しい1杯に仕上げてあるあたり、
お店としてのこだわりと言うか、意図が汲み取れる。

凄いなぁと思ったのは接客。
一見ぶっきらぼうだなぁと思う店主さんの言葉の一つ一つにお客さんへの気遣いを感じた。
すんなりと人の心に入ってくる言葉使いと言ったらわかりやすい?(←わかりにくいw)

社会人としてこの接客は見習わなきゃなぁ。


個人的評価 ★★★


「北新地 朱月」

(住所)大阪市北区曽根崎新地1-6-24
(電話)06-6345-3139
(時間)21時~翌6時
(定休)土・日・祝
(最寄駅)JR東西線北新地駅徒歩5分
地図。

Template Designed by DW99