FC2ブログ

ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

浜っこラーメン@西宮市上田西町

P1040527.jpg

みそカッチン

香り。
見た目、実際食べた時の味、
案外クローズアップされないけど、ラーメンにおいて非常に重要だと個人的に思うのが「香り」。

嗅覚を擽る香りこそ丼が運ばれてきた瞬間においてボルテージが上がる瞬間。

味噌という日本人なら誰もが知っているものを1杯のラーメンの核に据えるラーメンだからこそ
味噌ラーメンというものは非常に難しいものだと思う。
誰もが知る味噌だからこそ、誰もが味噌ラーメンにはうるさい。

味噌と言えば日本人ならやはり味噌汁。
味噌ラーメンではなく、味噌汁なのだ。

味噌ラーメン=味噌汁の延長

そう捉える人がたくさんいる。
ソレは仕方のない事なのかもしれない。

味噌というのはそれだけ日本人にとって特別な調味料であり、
幼少の頃から自然と触れ合うものである。

その味噌をラーメンに使う・・・

関西圏において味噌ラーメンというモノは一体どういう位置づけにあるのだろうか?

お馴染みの袋麺である「サッポロ一番」でどの味が人気があるのか?

1位→みそ
2位→塩
3位→しょうゆ
サッポロ一番

調べてみると予想通り「みそ」がダントツでナンバーワン!

誰もが家で1度は食べた事があると思うサッポロ一番の袋麺。


しかしながら、外に出てラーメン食べようぜ!ってなった時には、
何故か味噌ラーメンと言うのは選択肢に上がってこない・・・

上がってこないと言うよりも、味噌ラーメンを出すお店が少なすぎるのです。

関西圏で味噌ラーメンと言えば・・・
数えるとわずか数軒しか頭に浮かばない。
醤油ラーメンや豚骨ラーメンならいっぱい出てくるのに。

誰もが親しむ味噌ラーメンなのに、味噌ラーメンを食べれるお店がないという不条理、
ソレは味にうるさいと言うか、味噌というものに対して過敏な食べ手側に問題があるのかな。
お粗末な味噌ラーメンならば家でおふくろが作る味噌汁の方が美味いわっ!
ってな声が聞こえてきそうで(笑)

前置きが長くなったけど、浜っこ。


まず冒頭に書いた「香り」。
ココの味噌ラーメンからは唸るほどの猛烈な香りがまず襲ってくるのだ。
食欲をビンビンに掻き立てる香の魔力にまずは魅了される。

中華鍋で調理された激アツスープに野菜と肉の美味さが溶け出すスープ。
個人的に味噌ラーメンには必須と思っている挽き肉、
クラシカルな味噌ラーメンの多くにはこの挽き肉が使われている事が多い。
挽き肉が生み出す肉の旨味は難しい調理法などを必要とせず、
単純に、かつわかりやすくスープに旨味をプラスしてくれるのだ。

濃い褐色のスープは見た目濃厚そのものに見えるけど、
実際にスープをすすってみたらホントに濃厚そのもの。

肉の美味さがギュッと詰まったスープと赤味噌メインのブレンドされたものと思われる味噌ダレが
融合し、どちらかと言えば、と言うか、
言わんでもわかるであろう味噌の力強いパワーがひたすら口の中を支配する。

味噌味噌しまくりなこのスープ、しつこさやクドさと言ったネガ要素を感じることもなく不思議とスルスルと
食べられるのは軽く感じる酸味、味噌ダレのキレ。
甘さ皆無の味噌本来の奥深く繊細なものに他ならないのではないでしょーか。

ひたすら味噌味なこのラーメン、味噌という調味料の魅力をラーメンに使うと言った観点においては比類なきものだと思う。
絶対的な美味さを求めると他にも美味しいお店なんて掃いて捨てるほどある。
しかしながらこの「味噌」を喰わすという意味では全国広しと言えどもなかなかないのでは。

一口食べた時の衝撃と、食べ終わってしばらく経った時にまで残る鮮明な味。

これがこのお店の最大の武器であり、魅力であると思う。
味噌ラーメン不毛の関西で、こういうお店がひっそりと営業しているのを見ると何か複雑な気持ちにもなる。

彩々やみつか坊主のような気鋭店もいいけど、
ココやさつき(神戸市)のような「食べたらなんだかホッとするような味噌」もイイ。
分類的にはクラシカルでありながらも、食べ手を唸らす重厚な味噌ラーメン。
浜っこここにあり。

個人的評価 ★★★★


「浜っこラーメン」


(住所)西宮市上田西町1-15
(電話)0798-41-0534
(時間)11時~14時
(定休)月曜(他臨休アリ)
(最寄駅)阪神鳴尾駅徒歩15分
地図。
スポンサーサイト



麺匠 四神伝@守口市藤田町

4月度限定!
P1040537.jpg

2月度の激辛らーめんがまだまだ記憶に新しい四神伝の不定期限定メニューですが、
今月末まではこのカレーつけ麺。
「炎の」、コレがめっちゃ引っかかるんですが(汗)
って事で、正体は・・・

またとんでもナイものになっちゃってますw
P1040543.jpg

メニュー表記にあるように、

1辛→大辛
2辛→激辛
3辛→危険

危険て(汗)

辛さの源、「ジョロキアパウダー」、コレがもうね・・・
とてつもなくヤバイ代物ですね・・・

ちなみに写真は0辛のノーマル仕様。
幾つものスパイスを折り重ねたちょっとピリッとする美味しいカレー♪
ベースはこのお店の柱となっている「豚骨しょうゆ」のスープとなっているのでかなりズシリと濃厚な
ものになっていますよ。
P1040546.jpgP1040547.jpg

このつけ麺にはサービスでプチサラダ(写真左)orミニおにぎり(通称キヨシ・写真右)が付いてきます♪
さっぱり柚子味のタレがかかったサラダをカレーの合間に食べるか、
P1040548.jpg

カレーと言えばご飯でしょ!って方は麺を食べ終わったあとにつけ汁に突っ込んでシメるのも良し!
いろんな食べ方が出来ますね(*^^)

辛さはと言うと、自分的にはちょっとピリッとする程度。
塩っ気が少し強く、カレーとしてもつけ麺としても食べられる、
そんな多面性を持ったつけ麺だと思いました。


2月のアレに比べたら全然大した事ない辛さやのぅ(*´゚д゚`*)

と、ドヤ顔してみた。
(当然と言えば当然、0辛には肝心のジョロキアは入ってイナイ)

そして・・・
P1040594.jpg

後日。
辛いの苦手なくせに興味本位で調子に乗って注文した1辛。



ぐはぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああ!!!!”_| ̄|○”


痛っっっっっっ!!!!!o((><o))((o><))o

辛いっつーか、痛い!

一口食べる→なーんだ大した事・・・・・・痛っ!

みたいなw


1辛でコレだと、3辛とか・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル 

ちなみに3辛完食者、多数いてるそうです・・・
怖いってば!

辛さ自慢の方、身の程わきまえましょうね(汗)
って、自分は辛いのダメなんで、1辛以上はありえない領域です(1辛でも辛すぎた)。

火を噴く「炎のカレーつけ麺」は4月末まで!


個人的評価 ★★★☆(0辛)


「麺匠 四神伝」


(住所)守口市藤田町3-20-12
(電話)06-6904-0888
(時間)11時~14時、18時~24時(ラストオーダー23時30分)
(定休)水曜
(最寄駅)京阪大和田・古川橋駅各徒歩15分
地図。

Template Designed by DW99