ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無鉄砲しゃばとん@奈良市六条町

P1040175.jpg

豚そば

無鉄砲とは一線を画すものですね。
屋号通りスープはしゃばく、無鉄砲のあの濃厚な豚骨スープとは全然違います。

豚骨をとことん煮込む無鉄砲の各店とは違い、
挽き肉や豚肉から取ったスープがメニュー名「豚そば」の由来になっているのかな。

麺が見えないぐらいの野菜の盛り・ニンニクが入るジャンク路線。

無鉄砲と言うブランドと、常に期待を裏切らない同店のプロデュースと言う点では
不満も感じなくはないよなぁと帰路で考えていました。


個人的評価 ★★☆


「無鉄砲しゃばとん」

(住所)奈良市六条町124-1
(電話)0742-36-2700
(定休)月曜
(時間)11時~15時、18時~23時
(最寄駅)近鉄京都線 西ノ京駅徒歩10分
地図。
スポンサーサイト

炙り鯛だしらーめん・つけ麺 サクラ@橿原市葛本町

P1040174.jpg

らーめん(あっさり)

奈良・富雄の「華山」の支店。
コンセプトは華山とはガラっと変わっています。
華山と言えば超アッサリの無化調・薄味のラーメンのイメージが強いですが、
コチラではこってりにも挑戦しているそうで。

注文したのは「あっさり」の方でしたが、
華山の真骨頂と言えばやはりあっさりなので、、、

鯛ダシと豚骨のスープは鯛と言うよりも他の節系の味が強い気もしましたが。
鯛はほのかにと言うか、捉え方によっては微塵も感じないかも。
醬油が少し立ってあっさりの食べやすいラーメン。

「炙り鯛だし」と謳うならばもう少し前面に鯛を出して欲しい気もします。

ラーメンスープの素材はオーソドックスなもの(豚骨や鶏がらなどや鰹や煮干しとか)以外の
特殊なものを使う時はその素材を活かす、一本筋を立てる、過剰なぐらいの素材感を出して欲しいと個人的見解。

見慣れぬ食材だからこそ見慣れぬ味になると思うし、中途半端では素材感も伝わらず、
食べ手に「鯛だしのラーメンスープ」と認識されなければ本末転倒だしね。

個人的にはオーソドックスな素材じゃない特殊な素材を使ったラーメンはどんどん食べてみたいです。
ラーメンの無限の可能性を少しでも知りたいし!
鯛は今に始まったわけじゃなく、結構前から使うお店もあったけど、
鯛干しじゃなく生の鯛のアラとかを使う「鮮魚系」のお店出てこないかなー。

個人的評価 ★★☆


「炙り鯛だしらーめん・つけ麺 サクラ」

(住所)橿原市葛本町808-1 グリーンタウン北八木内
(電話)0744-24-9990
(定休)火曜
(時間)11時30分~15時、17時~22時
(最寄駅)近鉄京都線 新ノ口駅徒歩15分
地図。

麺屋 一燈@葛飾区東新小岩

P1030892.jpg

濃厚魚介ラーメン

昨年のオープン以来都内でも有数の行列店となった一燈。
「麺屋こうじグループ」からの独立店舗、大阪のまる寅と同門。

「麺屋こうじグループ」は、田代 浩二氏を代表とする茨城県を本拠地とする会社で、大勝軒の山岸一雄氏の教えや味を各地に広めるために、「麺屋こうじ」や茨城大勝軒などのラーメン店の展開、若いラーメン店主の独立支援を行ってます。輩出されたメンバーは「麺処 ほん田」や「つけ麺 道」などの人気店があり、グループに「とみ田」が名を連ねてるなど、言わばラーメン界の虎の穴的組織になるのかな。


白濁したスープに鶏団子、ほうれん草、メンマ、のり、ねぎ、ゆず。
P1030893.jpg

この小鉢は魚介ジュレ。

スープはすごくクリーミーでまろやか。
突出した何かは感じないけど、食べやすくて非常にバランスの取れた端正なラーメン。
スープは白濁しているけど、どこかクリアな淡麗テイストを彷彿とさせる。
濃厚魚介と言うほど魚介はつよくもなく、動物系ボディとの調和を第一に考えたかのようなものに感じる。
飽きのこない美味しいラーメンなのは間違いないけど、
もうひと味欲しい気もするかなぁ。

魚介はほんのりで、スープもやさしい味なので、非常に食べやすかった。

このお店のウリの一つではる紅白のチャーシューはデフォでは付かないのね・・・(泣)
後から知ったよw

ココは麺が特徴的。
かなり硬茹でのビシッとした麺でサクサクとした歯切れでした。

つけ麺、芳醇香味そばも食べたいので再訪するぞ。
頑張って並ぼう!

個人的評価 ★★★☆

「麺屋 一燈」

(住所)東京都葛飾区東新小岩1-4-17
(電話)03-3697-9787
(定休)月曜(祝日の場合翌日)
(時間)11時~15時、18時~22時
(最寄駅)JR総武線新小岩駅 徒歩5分
地図。

中華そば つし馬@台東区浅草

P1030901.jpg

バリ煮干しそば

ネーミングからして萌えるの一言!

煮干し星人必食の煮干し香りまくりのバリバリの煮干しスープです。
P1030902.jpgP1030903.jpg

この緑がかったスープ。
煮干しを煮潰した時の独特のもので、味わいも独特。
とにかく煮干しの味がハンパない・・・

「津軽煮干し」を標榜する都内でも個性的なお店、
ご当地ラーメンとして「青森」はそれほど知名度・認知度は高くないと思いますが、
都内で敢えて青森系津軽中華そばで勝負する貴重なお店。

エグみも苦味もお構いなしに抽出されたであろう煮干しスープ、
煮干しと言っても種類は色々、青口から白口、大から小まで様々なものがあります。

個人的な話になりますが「自称・煮干し研究家(何)」として家で自作ラーメンをする時、
最近のテーマはいつも「煮干し」。
煮干しと言う素材はホント、奥が深いです。
朝の食卓にちょこんと出てくるあの煮干し、ラーメンのスープになると一筋縄ではいかないんです!

ココつし馬の煮干しラーメン食べたら大阪で煮干しラーメンを名乗る玉五郎や六三六がすごく微妙に感じる。
いい意味で「煮干しラーメン」として「つし馬」の1杯は煮干しラーメンとしてシックリきます。

煮干しのインパクトでは「伊藤」よりも上かな。
1杯のラーメンとして凄く個性的で孤高的。

麺はヤワヤワでダレるのがめっちゃ早いです。
コレが少し残念。

でもココはスープだけで煮干し好きならアレコレ語れそうなぐらいの強烈なキャラを持ったお店。
好き嫌いはハッキリ分かれそうですがw

個人的評価 ★★★★☆

「中華そば つし馬」

(住所)東京都台東区浅草1-1-8
(電話)03-5828-3181
(定休)無休
(時間)11時~21時30分
(最寄駅)東京メトロ浅草線 浅草駅徒歩5分
地図。

中華そば 鍾馗@淀川区東三国

P1040571.jpg

中華そば

2月の開店時から即話題になっているお店で自身2回目。
初訪時は「可も不可もなく」な印象を受け、web上で書かれている程の好感は得られなかったけど。

知人の方も話しによると、店主さんはかなり研究熱心で、
この1杯をさらなる高みに昇華させたいそうで、日々試行錯誤されているそう。

初訪時と同じくどこか甘ったるいベシャっとした平面的なスープがちょっと苦手。
背脂・昆布かな、甘みのつよい2つの特徴的なスープ材・・・
1杯500円と言うCPや開店間もない事等、味だけではなく色んな角度で見るといいお店なのは間違いない。

噂ではこの後スープが劇的に変わったそうで、近々また行かなきゃ。

個人的評価 ★★★


「中華そば 鍾馗」

(住所)大阪市淀川区東三国6-16-5
(電話)非公開
(定休)月曜
(時間)11時30分~15時、17時~21時(日曜は昼のみ)
(最寄駅)大阪地下鉄御堂筋線東三国駅徒歩10分。
地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。