ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風来房@長岡京市神足大張

風来房 つけめん

白虎(辛1)

長岡京市の担々つけ麺専門店。
このカテゴリ1本で営業されているのは凄いなぁ。
しかも繁盛店だし。

白ゴマベースのマイルドクリーミーなつけ汁だが、
追加トッピングの辛さが刺すような刺激でカラウマ。
ま、辛いのダメなので辛さ1が自分のデッドゾーンギリギリではありましたが(汗)
細麺は味香なく、食感と回転率に特化したような感じです。
低加水麺でしなやか。
甘・辛・酸、非常に調和の取れたつけ汁です。

ちょっと変わったメニューのこういうお店で繁盛させてるのって本当に凄いと思います。
味はさておき、ビジネスモデルとして一度味わって欲しい一杯ですね。

個人的評価 ★★★☆(3,5)

ふうらいぼう 外観


「麺家 近」

(住所)京都府長岡京市神足大張8番地
(電話)075-951-1747
(定休)不定休
(時間)11時30分~15時、18時~21時
(最寄駅)JR東海道本線長岡京駅徒歩15分
スポンサーサイト

中国料理 草魚@京都市中京区

草魚 ラーメン

五目そば

中華料理屋さんの五目そば。
鶏ガラベースのスープに野菜がたっぷり入ったヘルシーな1杯。
ヘルシーながら野菜はたっぷりと入り卵が落とされています。
淡い味付けは調味料やスパイスに頼らない優しい味です。

中華料理って結構濃いめの味付けのところが多いの¥ですけど、
そういうイメージからはかけ離れていますね。
あと、中華は野菜を食べる料理って勝手に思っていますが、
これはそういう意味ではそのまんまな感じ。
シャキシャキの野菜と優しいスープ、スルスルっと食べれますね。
ココは他に一品ものが美味しいみたいで、五目そばと一緒にギョウザも食べてみました。
他にも名物的なメニューがあって、存在は目立ちませんが地元のお客さんに人気のお店のようです。
年季の入ったお店でノスタルジーという言葉がすごく似合うお店ですね。

個人的評価 ★★★(3,0)

草魚 外観


「中国料理 草魚」

(住所)京都市中京区聚楽廻西町88-2
(電話)075-811-1698
(時間)11時30分~21時
(定休)月曜
(最寄駅)JR山陰線二条駅徒歩10分

セアブラノ神@京都市中京区

セアブラ ラーメン

背脂煮干しそば

醤油×煮干し×背脂

見た目のインパクトとは裏腹に自分は優しさすら感じた穏やかな1杯に思える。
新潟・燕三条系のラーメンだけど、現地のものとは少し違ったように思えるんですよね。
見た目ほどマニアな感じではなく、味の間口の広いラーメン。
京都で煮干し、ってあまりないけど何か親しみのある味なんだよなぁ、って。

煮干しの使い方なのか、はたまた酸味のきかせ方なのか。
煮干しは出来上がり直前に追い煮干しをされていましたね。
麺は太麺。
再元度、といった点ではかなり高いです。
それに、今では他にも燕三条系のラーメンをデフォとして扱うお店もあるものの、
まだまだ関西圏においてはレアな1杯には違いなく、その内容も特殊な事から貴重な1杯である事は
間違いありません。

生のタマネギはコレ系には最大の威力を発揮しますね。
研究熱心な店主さんの事、またさらに旨くさせてるんだろうな。

しかし、前身の「麺屋 中野」の時とガラッと変えてますが、引き出しいっぱいありそうで今後の展開にも
目が離せませんね。

個人的評価 ★★★★(4,0)

セアブラ 外観


「セアブラノ神」

(住所)京都市中京区壬生相合町25-4
(電話)080-3119-8558
(時間)11時30分~14時30分、18時~20時(売り切れ終了・日曜昼のみ)
(定休)第3日曜
(最寄駅)阪急京都線大宮駅徒歩10分

猪一@京都市下京区

猪一 醤油

支那そば 黒

人気ですね、猪一。
人気の秘訣は何なんだろう。
和出汁を前面に押し出しさらに醤油を強めた1杯ははっきりくっきり、
明瞭に旨さがわかりやすい。
あっさりの中にも力感溢れたスープだが、個人的には少し押しが強く思える。
カラー的には山崎麺二郎(円町)と似てるような似てないような、
完成度はもちろん麺二郎。

肉感溢れるチャーシューに極太のメンマ。
具材もしっかりツボってますね。
パツ麺は少しダレるの早かったけど・・・

最初オープンした時はビジュアルが東京の八雲にそっくりだったので、まさか!?
と思いましたけど違ったみたい。

後日再訪して、支那そば白の方も食べましたけど、白醤油で甘めの一杯は出汁を殺してるような
印象を受けました。

個人的評価 ★★★☆(3,5)

いのいち 外観


「猪一」

(住所)京都市下京区恵比寿之町528
(電話)非公開
(時間)11時30分~14時30分、17時30分~22時30分
(定休)月曜
(最寄駅)阪急京都線河原町駅徒歩7分

マンマル@京都市中京区

ラーメン屋さんらしくない、フレンチ?イタリアン?
はっきりせん系のお店の勝手なイメージは

ゲテモノ系
キワモノ系

見た目は派手で中身伴わずなお店が多い印象。
かつてのガスパール(京都烏丸)のような例外もあるものの、興味本位で食べてみたら、
あらやっぱりな(凹)な体験が多かった。

そんな中京都烏丸のマンマル。
こちらもおよそラーメン屋さんらしからぬ内装とラヲタ1名で突撃しにくい雰囲気の中・・・
パンとサラダ

パンとサラダとか出てくるやろ。
まあセットメニューで注文したんだけどw

サラダをポリポリ食べてるとキタキタ、ラーメンが。
サーモンクリーム

サーモンクリーム

うほー
華美ですなぁ。
洋風チックな出で立ちで女子ウケしそうな顔。

で す が 、

ファーストアタックはなんとなんと煮干してどんなけ想像を絶するねん(笑)
んで、昆布。ここまで和の趣ビンビン。
動物系は鶏らしいのですが、マスキングされてイマイチわからない。
その鶏を塗りつぶしていたのは見た目からも伝わるまろやかなクリーム感。
煮干しとの融合がハチャメチャすぎるものの、しっかりとミックスされていて、
見た目パスタやん的なイメージとは違いしっかりとラーメンとして成り立っております。

具に目をやると、
白菜→意味不明。存在不要。
炙りサーモン→彩りを添え、具材の中心的存在。
ヤングコーン→スープとともに食べると幸せが訪れます。
パプリカ→以下同文
粉チーズ・バター→パワーアップアイテム

まあ、おおよそラーメンらしくないものがずらずらと並ぶものの、
至極当然でしょみたいな感じでこのスープにはハマります。(白菜は除く)

絶対アカンやろな、と失礼ながら思ってましたけど、
食べてビックリの一杯はある意味見事に期待を裏切るものでした。
白いビジュアルからは想像出来ない和の趣があるラーメン。
麺は平打ち硬めでこちらはパスタチック。
和洋入り混じりの創作性の高い1杯は必見。
しかし価格設定がね。。。
1杯1000円とこちらは強気。
あと、我々のようなキモヲタ1匹で突撃するのに勇気いります(笑)

って、今食べログのレビュアーさんが挙げてる写真みたら何か全然変わってるっぽいんですけどw

個人的評価 ★★★☆(3,8)

マンマル 外観


「マンマル」

(住所)京都市中京区菊水鉾町587
(電話)075-223-6699
(時間)11時30分~15時、17時~21時
(定休)日曜
(最寄駅)阪急京都線烏丸駅徒歩3分

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。