ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製麺処 蔵木@高知市帯屋町

くらき

牛もつつけ麺

ちっちょ系。
濃いめの豚骨魚介つけ汁に太麺のつけ麺スタンダード。
牛もつは小腸を使っているがやや臭みアリ。
製麺処と謳うだけあって麺は特筆ものの旨さ。

つけ麺スタンダードとも言える一杯で特徴はやはり麺の旨さが際立ちます。
ムチっとした食感でほんのりと甘みを感じる太麺はつけ麺で理想的な麺だと思います。

汁は濃厚とまではいかないですが、
お馴染みのオーソドックスな味。
牛モツのクオリティがやや低く思えたのが残念ではありますが、充分に満足感を得られる一杯ではないでしょうか。

ちなみに大阪のちっちょはFCだそうです。

個人的評価 ★★★☆(3.5)

くらき 外観


「製麺処 蔵木」

(住所)高知市帯屋町1-10-12
(電話)088-871-4059
(時間)11時30分~16時、17時30分~0時(土曜翌2時まで)
(定休)無休
(最寄駅)とさでん交通堀詰駅徒歩3分
スポンサーサイト

麺屋なかひら@高知市一ツ橋町

なかひら

鰹味噌ラーメン

豚骨をベースに鰹を加え濃厚な味噌ダレを合わせたスタイル。
コレに太麺を配しなかなかの食べ応え。鰹と味噌の芳醇な香りが沸き立ちどんどん箸を進めてくれる。

この味噌ラーメンはココだけのオリジナルですね。
独自性高く好印象。
味噌ダレも出汁も強くパワフルな一杯で麺も強いスープに負けていません。
ボリュームもあって嬉しいですねぇ。
味噌×鰹で味噌汁テイスト?と思われるかもしれませんが、全然違います。
関西圏では食べれない味噌ラーメン。
高知県の特産品である鰹をラーメンで体現化したご当地色の強い一杯。
オススメです!

個人的評価 ★★★★(4.0)

なかひら 外観


「麺屋 なかひら」

(住所)高知市一ツ橋町2-98-1
(電話)088-826-1788
(時間)11時~15時、17時~21時30分
(定休)月曜
(最寄駅)JR入明駅徒歩15分

【ご当地麺】須崎鍋焼きラーメン(まゆみの店・橋本食堂)

さぁ、須崎の鍋焼きラーメンです。
高知県と言えばご当地麺の鍋焼きラーメン!

すざき

須崎市は小さな町ですが、駅を降りたら目の前に鍋焼きラーメンのお店がある!
実食レポの前に鍋焼きラーメンの説明を。

鍋焼きラーメンとは。
高知県須崎市で企画された鳥スープを土鍋で煮込んだラーメンであり、
主に須崎市内のラーメン専門店や飲食店で提供される。
ご当地ラーメンであることを強調する際には須崎ラーメン、
須崎鍋焼きラーメンといわれることもある。

須崎市内の「谷口食堂」(現在は閉店)が戦後に考案した。
2002年(平成14年)に須崎市の名物として売り出そうと商工会議所・市役所などの有志により「鍋焼きラーメンプロジェクトX」が発足し、積極的にPRが行われるようになっている。
須崎市周辺のスーパーマーケットでは、家庭用の袋入り鍋焼き用生ラーメンが販売されており、
高知市内や高知龍馬空港などの土産物コーナーでは橋本食堂の生ラーメンなどを購入することができる。
また、ネット通販を含め、地方発送をしている飲食店もある。
高知市などには提供する店舗が複数あり、近畿圏でも提供する店舗が少数ではあるが誕生し、
時折メディアに登場している。
2013年1月26日から4月7日の間、「谷口食堂」の名前で新横浜ラーメン博物館に期間限定で出店した。

須崎商工会議所が発足させた「須崎名物『鍋焼きラーメン』プロジェクトX」では7つの定義を定めている。

1スープは、親鳥の鶏がら醤油ベースであること
2麺は、細麺ストレートで少し硬めに提供されること
3具は、親鳥の肉・ねぎ・生卵・ちくわ(すまき)などであること
4器は、土鍋(ホーロー、鉄鍋)であること
5スープが沸騰した状態で提供されること
6たくわん(古漬けで酸味のあるものがベスト)が提供されること
7全てに「おもてなしの心」を込めること

2011年(平成23年)1月現在、プロジェクトXが編集した資料には36の須崎市内の店舗が掲載されている。
これらの店舗では、共通の幟を店頭に出しているので、認識しやすい。

以上Wikipedia大先生より引用。

実際行ったのは2軒だけと少ないですが、その2軒は須崎でも有名なお店!
まず1軒目は「まゆみの店」です。

まゆみまゆみ 外観

蓋を開けたらグツグツに煮立ったスープ
とご対面。
醤油と、鶏。
双方の匂いが瞬時に立ちこめる♪
具材は少なめですごくシンプルです。

出汁はもちろん鶏、醤油はやや控えめな感じですね。
火入れのせいか少し風味に乏しい気もしましたが、ジワ~っと寄せてくる鶏の味と醤油がバランスよく合わさり美味。
味はもちろん調整されていますが、決して嫌味になる事なくナチュラルに。
細麺はダレずに最後まで楽しめます。
何か作り方が特殊なのかな。
こんだけグツグツに煮立てたスープだけど、伸びずに食べれたのにビックリしました。

続いて橋本食堂。

はしもとはしもと 外観

鍋焼ラーメン普通
ヒネの出汁がよく出てますなぁ。
具はネギ、ちくわ、廃鶏の身。
この鶏のコリコリした食感がたまらんですたい(誰)
まゆみの店に比べると結構濃いめかな?
出汁も強く、醤油も強い。
お客さんは橋本食堂の方が多く、地元ではこちらの方が人気のようです。

橋本食堂の麺は固めで出されるものの、少しダレるのが早かったような。
醤油と鶏ダシのシンプルでチープな一杯。
ウマ♪

以前大阪でも鍋焼きラーメンのお店があったんですよね。
なんばパークス内→箕面へと移転したマルハシ食堂。
懐かしさに浸りつつ、その味を思い出しながら2軒を食べ歩きしましたが、感想としては、
マルハシ食堂の鍋焼きラーメンってホンマもんだったんだなぁって事。
貴重な高知の味だっただけに閉店してしまったのが本当に残念です。

しかし、まゆみと橋本、ラーメンのビジュアルほとんど同じで区別がつかない(笑)
本当はあと数軒行きたかったのですが、時間がなくて行けなかったのです。
高知再訪することがあれば今度はゆっくりと須崎の鍋焼きラーメン回りたいですね。

とさの家@高知市はりまや町

とさのや

ラーメン

濃い豚骨醤油に多めの鶏脂、
麺線短い酒井製麺と言えば安定の家系ですね。
濃度もしっかり、味付もバッチリ。
遅い時間でも大賑わいの店内も頷けます。
家系って本場横浜より地方のお店の方が濃くない?

家系こってりは一般層に大受けのジャンルの1つで、小難しいこと抜きで単純にウマイと感じるラーメン。
ラーメンという食べ物を1番楽しめるのはこういう一杯じゃないかな、と思います。
願わくば家系ラーメンがもっともっと増えて欲しいです。

個人的評価 ★★★☆(3.5)

とさのや 外観


「とさの家」

(住所)高知市はりまや町1-4-22
(電話)088-885-1038
(時間)11時~15時、17時~24時
(定休)月曜
(最寄駅)とさでん交通デンテツターミナルビル前駅徒歩5分

ソライロ@高知市追手筋

ソライロ

とりそば醤油

メニュー表記はとりそばだがシンプルな中華そばって趣のあっさりした一杯。
鶏と醤油のストレートな味わいでやや甘めの醤油ダレ。
パツっとした細麺。
ちっちょ、蔵木と同系列なのね。
メニューが多く食べるものに迷ってしまいますね。
つけ麺は同系列のちっちょにお任せなのでここはラーメン系からチョイスしたいところ。

個人的評価 ★★★(3.0)

ソライロ 外観


「ソライロ」

(住所)高知市追手筋1-5-1
(電話)088-821-8833
(時間)19時~翌4時
(定休)不定休
(最寄駅)とさでん交通蓮池通駅徒歩5分

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。