ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺鮮醤油房 周平@松山市一番町

大阪にある周月と同系列のお店で本拠はここ松山のお店。
地元の方から聞いたけど、周平めっちゃ繁盛しよるよ~との事で、
行ってみると遅い時間帯なのに待ちが出てましたねぇ。
お店は大箱で30人弱は入りそうな感じ。
しゅうへい ラーメン

ラーメン
今となっては珍しくもないラーメンに魚粉、ですが、
その歴史は意外に浅く周平は早くから魚粉ぶち込み系のラーメンを提供していました。
開店は2005年という事で今から10年前。
早い段階からつけ麺や油そばの提供もしていた、すなわち麺へのこだわりを見せていた事になります。
かの有名な六厘舎も確かこの時期にオープンしているので、周平もその取り組みの早さが窺えますね~。

ラーメンの麺は麺肌が白く、あまり熟成されていないのかな。
その分小麦の風味が増してダイレクトに甘さが伝わってくる。
食感はややネチっとしていましたが・・・

鶏と多めの油で旨味を出したスープ。
そこに魚粉を投入しています。
この魚粉がイリコ。
味的に1番前に出ているのがこのイリコでした。
屋号にもある醤油房、という名にしては醤油がやや控えめに感じますが、醤油は地元のモノを使っているそうです。

大阪の周月はかなり酸味がきいたラーメンだと記憶していますが、周平のラーメンからは酸味はないかなぁ。

しゅうへい つけめん

つけ麺

つけ麺は醤油ラーメンのノウハウを進化させたような一杯で、こちらは醤油のタチと酸味が凄くきいています。
でも、つけ麺とラーメンではガラリと顔が変わる気がするなぁ。
出汁はおそらく共通なんだろうけど、タレが違うのかな?
個人的にはつけ麺の方がタイプです。

周平のオープンは松山にセンセーションを与えたそうです。
麺、汁、具全てにこだわりつけ麺の走りのして松山のラーメン界を引っ張ってきた存在として心酔するファンも多いとか。
具のチャーシューは提供直前に炭火で炙られて出され、香ばしくてウマかったなぁ。
食べ歩きをしていると、こだわりが足枷になりイマイチ纏まってないってお店を見かける事が多いのですが、
ココは全てにこだわりながら隙を見せないような感じでお店の貫禄みたいなのを感じました。

個人的評価 ★★★☆(3.5)

しゅうへい 外観


「麺鮮醤油房 周平」

(住所)松山市一番町2-4-11
(電話)089-945-1025
(時間)11時30分~翌2時
(定休)日曜
(最寄駅)松山市電大街道駅徒歩3分
スポンサーサイト

伊予源氏車@松山市花園町

濃厚豚骨魚介系つけ麺のお店。
トロミのある濃厚スープと極太麺の組み合わせは今となっては全く珍しいものではないが、
実際に食べてみると安定のウマさなんですよね。
げんじぐるま


つけ麺の中で個人的に1番好きな味はこの豚骨魚介系のつけ麺だったりします。
味のクオリティが上がれば上がるほど美味しいのはもちろんなのですが、
豚骨魚介つけ麺に関しては王道的な味わいで食べ応えもあり満足度も高い。

つけダレは骨太な豚骨と煮干やサバ節、宗田節等の複数の魚介系素材から成り立っており、
風味の良さが特徴的です。

極太麺がつけダレによく絡み魚介の香りが抜けていきます。
この瞬間が豚骨魚介つけ麺の醍醐味だなぁ。

麺はムチっとした食感で小麦がパンパンに詰まったような感じ。
麺量よりもかなり重たく感じる麺。

味としてはありふれたものですが、クオリティはすこぶる高く美味。
安定安心の一杯かな。
面白みを求められる方にはオススメしませんが。

個人的評価 ★★★☆(3.8)

げんじぐるま 外観


「伊予源氏車」

(住所)松山市花園町5-11
(電話)089-933-5005
(時間)11時30分~15時30分、17時30分~22時(祝日は11時30分~18時)
(定休)日曜
(最寄駅)松山市電南堀端駅徒歩5分

瓢太@松山市三番町

瓢系ラーメンでおそらく1番有名ではなかろうかというお店。
前日に行った瓢華はちょっと甘さが強すぎてダメだったんでドキドキしながらお店に(笑)

ひょうた

中華そば

スープのベースとなっているのは乳白色の鶏になるのかな。
それに甘い醤油ダレを合わせていますが、本当にカドがなくて丸い味、
それはおそらくチャーシューを作る時に出来る煮汁を醤油とブレンドしているんでしょう。
チャーシューの脂がスープをマイルドにしています。
チャーシューの煮汁流用はラーメン作りにおいてポピュラーな事ではありますが、
特に昔ながらの味を守っているお店に多いですね。
最近の新鋭店ではあまり見ませんが。
タレというのは本当にラーメンにおいて重要なウェイトを占めています。
タレは一朝一夕では上手く出来ません。
出汁が良くてもタレが、ってお店も多いのが事実。
ココ瓢太のタレは親子2代でずっと守り続けている昔ながらの製法でラーメンもどこか懐かしい感じのするもの。
甘さ一辺倒ではなく、しっかりとベースの旨味も味わえます。
甘さは嫌味には感じませんでした。
デフォでかかる胡椒が全体を引き締めていますよ。

お店はラーメン屋さん、って感じではなく仕事帰りにちょっと一杯的な飲み屋さんな感じ。
酒やおつまみも豊富でゆっくりしたいお店。


個人的評価 ★★★(3.0)

ひょうた 外観


「瓢太」

(住所)松山市三番町6-1-10
(電話)089-931-5133
(時間)11時30分~14時30分、17時~23時
(定休)日曜
(最寄駅)松山市電南堀端駅徒歩3分

烈骨神麺 AJI10@大洲市東大洲

伊予の小京都と呼ばれる大洲市のお店です。
松山から八幡浜に向かう途中、八幡浜の少し手前が大洲市です。
こちらに今話題のお店「AJI10」があります。
鶏白湯をメインにつけ麺など手広くメニュー展開しており麺は自家製との事。

JR大洲駅から歩いて20分ほど、お店に到着しました。

あじと

2代目鶏白湯

見ての通り顔も華美でレアチャー、玉ねぎなどツボを押さえてある。
が、いかんせん甘い。鶏の旨さは感じずただタレの甘さが口をついた。

思ったよりちょっと残念な感じではありました。
白湯は味が抜けたような感じで過剰な甘さがあってタレが完全優位。
スープはどちらかと言うとサラっとしたようにも思えましたが、この辺りは個人差ありますので。
麺は文句ナシにウマくて具の配分も申し分ないと思いました。
知人のささ丸さん情報では違うメニューがメチャ旨!との事だったので、また行かなきゃいけないですね。
愛媛は宿題としてひかり食堂@伊予土居(今月末突撃予定)がありますが、ココもセットで行きたいなぁ。
真価はその時に・・・

個人的評価 ★★☆(2,5)

あじと 外観


「烈骨神麺 AJI10」

(住所)大洲市東大洲783-1
(電話)0893-57-6123
(時間)11時~15時、17時~22時(土日祝は通し営業)
(定休)月曜
(最寄駅)JR予讃線大洲駅徒歩20分

【ご当地麺】八幡浜ちゃんぽん(丸山ちゃんぽん・イーグル・ロンドン)

全国的にちゃんぽんと言えば長崎ちゃんぽんが屈指の存在ですが、
愛媛でちゃんぽんと言えば八幡浜!
人口4万人の小さな町でちゃんぽんを出すお店は40軒を超えているという盛況ぶり。

その歴史を紐解くと、八幡浜は古くから九州との交流が盛んで、長崎からちゃんぽんが持ち込まれたという説と、
戦後貧しい時代に食材の切れ端を入れて食べたのがきっかけ、という説と色々とありそのルーツは現在も定かではないらしいです。

長崎ちゃんぽんは豚骨ベースで白濁した濃厚スープであるのに対し、八幡浜ちゃんぽんは鶏がら、鰹、昆布などで出汁を取った澄んだスープでその味わいはアッサリ。
麺は長崎の唐灰汁麺ではなく、カンスイ使用の中華麺。
たっぷりの野菜に八幡浜の特産品であるカマボコやジャコ天などの水産練り物が具材として使われています。
洋風にアレンジしている変わり種のものもあって、決してスタンダードだけに留まっていないあたりが懐の深さを感じさせますね。

八幡浜ちゃんぽんの元祖は丸山ちゃんぽん。

まるやままるやま 外観

鶏と魚介のダブルスープにたっぷりの具材で美味。
思った以上にアッサリしてて朝早い時間帯からでも問題なく食べれそう。

ちゃんぽん亭イーグル。

イーグルイーグル 外観

野菜が丼一杯に150g以上入っているようです。
鶏ガラスープを白濁させないように仕上げた出汁は染み入るような優しさ。
野菜の旨味も溶け出して深いコクがある。
ここは焼飯も人気で、新福菜館ばりの真っ黒な焼飯も美味しそうだった。

ロンドン。

ロンドンロンドン 外観


創業60年以上の老舗の看板メニューがちゃんぽん。
半世紀以上変わらぬ味を守り続けている。
シンプルなのがこだわり、というお店の方が言ってた通り、野菜の甘みがたっぷりのスープがウマイ。
ここは魚介を使ってないっぽい。


他にも回りたいお店はたくさんありましたが、今回はとりあえずこの3軒のみの紹介です。
松山から八幡浜へはJRの鈍行で1時間半ほど。
ちょっと足を伸ばしてご当地麺である八幡浜ちゃんぽんを食べに行ってみてください^_^
新しいお店や限定メニューを追いかけるのもいいけど、
地方に行くとこのようなご当地麺が全国いろんなところにあります。
その地域の文化に少しでも触れる事も食べ歩きの楽しみの一つですね♪

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。