ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中富@鳥取市南安長

中富 ラーメン

しょうゆらーめん

化学調味料を使わず素材の旨さを直に感じる事の出来るラーメン。
豚骨に鶏ガラ、野菜に昆布。そして味の中心となっている煮干し。
各々素材が喧嘩することなく1つの丼の中でギュッと詰まった旨さを構築させているのはお店の技量。
第一印象は「天然」。
優しいスープは煮干しと、肉系の旨味を帯びた丸い放物線を描いている。
ゆえに天然という言葉が似合う、素材感を打ち出した1杯。

醤油ダレはカドのないものでおそらくチャーシューの煮汁を流用してそう。
大ぶりのチャーシューはとろとろで柔らかく、スープもそうだけど、具も丁寧に作られている印象です。

個人的評価 ★★★☆(3,8)

中富 外観


「中富」

(住所)鳥取市南安長2-632-4
(電話)0857-21-7273
(時間)12時~14時、17時~23時(日曜12時~15時、17時~21時)
(定休)水曜
(最寄駅)JR山陰本線鳥取駅徒歩25分
スポンサーサイト

すみれ飲食店@東伯郡琴浦町

すみれ 牛骨

ラーメン

鳥取県中部の浦安。
創業半世紀を越えた老舗店は地元客から愛され続けている。

このお店の看板は牛骨ラーメン。
スープを口に含むと強い牛の香りが口の中にブワ~っと広がる。
まとわりつくような官能的芳香。
鼻をくすぐる牛骨のアプローチがたまりませんね。
味わい的にはあっさりな部類ですが、この香りだけでやられてしまいます。
地元産の醤油を使った醤油ダレが後押しでスッと喉を通っていきます。
スープとタレのバランス、そして中細のちぢれ麺の選択も◎

ラーメンの他にめちゃめちゃ美味しそうなおでんもアリ。
食べたかったけど連食中につきグッと我慢。
ココは鳥取牛骨を語る上で外せないお店だと思いました。

個人的評価 ★★★★☆(4,5)

すみれ 外観


「すみれ飲食店」

(住所)鳥取県東伯郡琴浦町浦安189
(電話)0858-52-2817
(時間)11時~15時、17時~21時
(定休)なし
(最寄駅)JR山陰本線浦安駅徒歩15分

宗杏@米子市茶町

天心を出たあとテクテクと歩き向かった先は、
ますみ 外観

牛骨ラーメンで有名な満州味。
でしたが、謎の臨休orz

ならばと次に向かったのが・・・
むさし 外観

こちらも有名なむさし、で し た が、
看板消えとる。
中に入ると大将が、今日はもう終わりっ!

ってorz

んで、
大田屋

太田屋真っ暗やし(-_-;)
ここに来てまさかのフラレ3連発はさすがにキツイやろ・・・

こんなことなら先に「麺や」、「三鈷峰」を先に攻めるべきやったと思うももはや手遅れ。
地方の夜は早く、閉店時間が20時や21時のお店が多い。
2時間ぐらい歩き回って3軒にフラレ収穫ゼロは臨休クソ食らえな自分にもさすがに応えた・・・

で、意地でもどっかで食うたるぞということで神戸にも出店している宗杏へ。
宗杏 鳥取

魚宗塩

一応牛骨ベースだそうですが、牛骨は微塵も感じず(+_+)
スープのベースはと語る前に、とりあえず酸っぱすぎて、思わず酸っぱっっ!と声が出てしまう(汗)
単純に酢が多いです。
酸っぱいッ酢(何)

口が慣れるとようやく魚介を掬い取る事が出来ました。
鰹中心とした節系がメインだと思われます。

感想はとにかく酸っぱいの一言。

ってか、米子に来て牛骨ラーメン1杯も食べれてないという惨状につき18切符でリベンジ決定。

個人的評価 ★★☆(2,3)

宗杏 鳥取 外観


「宗杏」

(住所)米子市茶町27-1
(電話)0859-21-7006
(時間)11時30分~14時30分、17時30分~22時
(定休)無休
(最寄駅)JR山陰本線米子駅徒歩7分

天心@米子市東山町

天心 ラーメン

ラーメン

鳥取県西部の米子市。
東部の鳥取市とは違いこってり系が多い場所ですが、この天心はあっさり系。
米子市でも人気のお店で知名度が高く、鳥取のラーメン屋さんの中では特に有名。

メニューはしょうゆと味噌に大別されてあとはトッピングをお好みで、って感じです。

ベースとなるスープは鶏ガラと野菜のすっきりしたもんですが、なかなかどうしてパンチのきいた味。
おそらく大量の煮干しを使ってるであろう、ネガな部分も全部ひっくるめて1つとして成り立っています。

ボリュームがかなりあって食べ応えありますね。
醤油は淡く、出汁押しではありますが、冒頭でも書いたなんとも言えない毒っ気アリ。
優しさと激しさが同居した1杯で忙しいです(笑)

ちなみに、このラーメンですが、味の大元となっているのは「尾道ラーメン」との事。
全く尾道っぽくないのですが、
(尾道の定義がそもそも曖昧でわからない)
1杯のラーメンとして見るべき部分が多かったですね。

ストレートの中太麺はあまり印象に残らずでした。

個人的評価 ★★★☆(3,5)

天心 外観


「天心」

(住所)米子市東山町38-2
(電話)0859-33-5661
(時間)11時~14時30分、17時~20時
(定休)日曜
(最寄駅)JR境線博労町駅徒歩10分

香味徳 赤碕店@東伯郡琴浦町

香味徳 ラーメン

牛骨ラーメン 小

鳥取県下3店舗、東京・銀座にも出店している香味徳の中でも特に評判の赤碕店です。
創業は昭和14年の超老舗。
お店は国道沿いのドライブイン的な佇まいで広々とした店内。
ラーメン専門ではなく、一品ものや定食も揃う食堂ですが、ここのラーメンが絶品!

牛骨ラーメンはじっくりと煮込まれた牛骨特有の甘みが口いっぱいに広がり官能的な様相。
牛の旨味がギュッと詰まったスープは牛がダイレクトにドンッ!とやってきます。
口の中にまとわりつくような濃密な感覚、今までに味わったことのないものです。

麺は中太のちぢれ麺。
スープを最大限拾ってくれるベストチョイス。

穏やかな旨味の中でもキレある味付け、タレがその存在感を示していますが、
ベースとなる牛骨の邪魔をせずにピタッと追随していますね。

うーん、これが噂に聞く鳥取牛骨ラーメンか。
想像を超える美味しさにプチ感動。
今回倉吉にある牛骨ラーメンの有名店「いのよし」をスルーしてしまったのですが、
ココはなんとしても行かなきゃなと思いました。
連食を考慮して香味徳ではラーメンの小を注文してしまいましたが、これも悔いが残ります。

個人的評価 ★★★★☆(4,5)

香味徳 外観


「香味徳 赤碕店」

(住所)鳥取県東伯郡琴浦町赤碕1979
(電話)0858-55-0003
(時間)11時~21時
(定休)月曜(祝日の場合は翌日)
(最寄駅)JR山陰本線赤碕駅徒歩10分

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。