ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北◯@仙台市青葉区

さぁ宮城県ラストです。
青葉区一番町はたくさんのお店がひしめきあう激戦区。
その中でもお店を構えて長いこと支持を受け続けている北◯です。

が、お店の前に着くも準備中の看板(汗)
あれ?営業時間中なのに?

店内を覗いてみると普通にお客さんがいてたのでとりあえず中に入ってみる。

イケますか!?
どうぞー

ヨシ。

きたまる 


中華そば

おおー
シンプルな出で立ちがいかにも美味そうです。

スープは魚がバチっときますねぇ。
そして醤油がキリリと!

鶏と煮干の出汁がしっかりときいた出汁系ラーメン。
平打ちのプリっとしたちぢれ麺にこのスープとくればどこか米沢ラーメンっぽい感じもします。

スープと麺の調和がお見事。
このバランス感がラーメンにとって何より大事なんですよね。

仙台ラストという事でしっかりと味わって全汁!
このお店、かなり好みのラーメンでした。
特に煮干しの出し方!
旨味だけ絞ってネガな部分はほとんど感じない。
麺も美味いし、食べ始めから食べ終わるまでのペースは常に一定、
いや、むしろ最後の方がピッチ上がってたかも(笑)

夢中で食べれる一杯でしたね。

楽しかった宮城県遠征もコレで終わりです。
今回お店選びやルート、そしてナビゲートまでしてくれた
仙台ラーメン事情のsumireさん御夫妻には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました!

個人的評価 ★★★★(4,0)

きたまる 外観


「北○」

(住所)仙台市青葉区一番町4-4-23
(電話)022-711-5644
(時間)11時30分~15時、17時30分~21時(日曜11時30分~19時)
(定休)月曜
(最寄駅)地下鉄勾当台公園駅徒歩5分
スポンサーサイト

光華飯店@角田市

角田市の光華飯店です。
ここも先ほどのいろは本店(大崎市)に負けず劣らずの名物オヤジがいてました(笑)
お店に入ってからお店を出るまで終始ボヤきっぱなし!
ネットやら携帯やら見て来る客は云々等、毒も吐いておられましたが、根底にあるのは根っからの職人気質。
ブラックな事もなんか柔らかく受け流せる事が出来るのはこのオヤジの人柄なんでしょうかね。

こうかはんてん

ラーメン

新福菜館ばりの真っ黒スープ。
まさに漆黒、これが「角田ブラック」と呼ばれる所以なのですね。
正直出汁もへったくれもないような醤油汁的な感じなのですが、見た目とは裏腹に醤油辛くなく自然と飲めるスープ。
チャーシュー煮汁っぽい醤油ダレは肉の旨味を感じました。

具材のチャーシューは鬼塩辛いけど(´Д` )

麺は中太のポキっとしたような食感でしたが、この麺よ、ナンボ食べても減らん!
器もデカイしスープも多いし、麺も多いし、って、非常にCPに優れた一杯ですね・・・
麺多いなぁ~と言うと、

「そらそうよ、ウチはヨソより75g多いからなぁ」

とオヤジ談。
宮城県の標準麺量は140g前後だそうなので、210gぐらいの量になりますね(´Д` )
大阪の倍違い量だ。
そら多いわ(汗)

あと、ココはギョウザも名物だそうですが、メニューに「休んでます」の文字。
何やら作るのが面倒な時はギョウザを休むそうです(爆)
何とまぁ古き良きお店。

味以外にも色々と楽しめる県南の代表店です。


個人的評価 ★★★(3,0)

こうかはんてん 外観


「光華飯店」

(住所)宮城県角田市角田字泉町62-1
(電話)022-462-1389
(時間)11時~14時(現在昼営業のみ)
(定休)月曜
(最寄駅)阿武隈急行線角田駅徒歩3分

きく屋@伊具郡丸森町

次なる目的地はきく屋!
そう、前日にフラれてお店前で膝から崩れ落ちたお店にリベンジ!

って、いろは本店で食べてからきく屋のある丸森町まではかなりの距離、県北からもうすぐ福島県という県南まで宮城県をバビューンと南北縦断です!

この日は事前に営業確認の電話をした(←学習しましたw)ので、フラれる心配はナシ!

おっしゃ~
空いてたぞぉおおぉぉぉ!

きく屋は今回遠征で2番目に行きたかったお店だけにやっと食べれる感が♪

きくや

ラーメン

この見た目よっ!
どうしても食べたかったのはそのビジュアルにあります。
何とも端正の取れたイケ麺具合だと思いませんか?
味も大事だけど、着丼された時にウォッ!となるのも大事なんですよね。

スープウメー!
あっさり淡麗な味わいですが、鶏と魚介のバランスが抜群!
それに甘めのタレを合わしています。
コレはご近所さんにはたまらんでしょう。
事実この地域は人口も少なく高齢者の方が多いのですが、ターゲットはまさに地元の方!

元々は柴田町で「ろっきん」という屋号でお店をしてたそうですが(かなりの人気だったとか)、
店主さんのご実家、丸森の地で再オープンしたのはやはり地元密着のお店をしたかったのかな、
と推測しました。

店内のお客さんはご家族連れとお年寄りの方が多くて、皆さん美味しそうにラーメンを食べている。

インパクト皆無のジワ系ラーメンで一口食べればもう一口、あ、美味しいなぁ♪
と最後まで飽きずにペロリと食べれる。

味付の塩梅が本当に優しい構成でした。
出汁もしっかりと出てますし、こちらも麺量たっぷり。
デフォで200gぐらいあるんじゃないかな~。
山形もそうでしたが、東北は麺量多いですねぇ。
連食にはキツいけど、美味しいものをお腹いっぱい食べれるっていう観点では
一般のお客さんからしたら嬉しいと思います!

あ~来れて良かった(^o^)

個人的評価 ★★★☆(3.8)

きくや 外観


「きく屋」

(住所)宮城県伊具郡丸森町字大舘3-36
(電話)022-472-4190
(時間)11時~14時(現在昼営業のみ)
(定休)水曜
(最寄駅)阿武隈急行線丸森駅徒歩10分

いろは食堂 本店@大崎市岩出山

さてさて、この日は朝からどこに行こうか、長時間にわたる前夜のミーティングの結果宮城県北のいろはに行く事に。

山形、福島、はたまた秋田(驚)という選択肢もあったんですが、せっかくの宮城県、という事で宮城県の名物店回り♪
山形福島はまた時間をかけて行きたいと思います。

仙台市から車で1時間ほど北上した場所にお店があるんですが、結構な田舎ですねぇ。
そんな立地にも関わらず週末には20~30人が列をなすとか。
この日も平日だったんですが、開店即満席の盛況ぶり。


さてさて、このお店、何が名物かと言いますと、女将さん。
名物女将に叱られるプレイに授かる事がラヲタにとっては栄誉な事だそうです(爆)

まず1つ、勝手に店内に入ってはいけない(汗)
とりあえず外待ち、そして女将さんが「何人!?」と聞いてくる。
3人です~と告げると、いいよ!入って!と、ココでようやく店内へ。(この時空席多数)

入ったら入ったで、勝手に座ると怒られる(笑)
女将さんがここどうぞ!と元気よく誘導してくれます。

そして、勝手に注文しても怒られるとかどんだけーw
注文は女将さんが聞いてきてから!

この3つがこのお店の3大鉄則です。

怒られてハァハァしたいM系ラヲタはわざと粗相をしましょうね(´Д` )

ここまで、一通り書きましたが、この女将さんすごいですよ?
客席およそ30の広めの店内を1人で仕切っておられます。
入店誘導→席への案内→ラーメンの配膳→お会計→片付け
カウンター10席のみの店内と違いまっせ!
30席でっせ!
どんだけテキパキしとるんや!
チャキチャキ女将の1オペ最強!と味以外にも勉強になる事がたくさん。

いろは

特製らぁめん

醤油色の濃いスープに何やらデカイ野球のグローブみたいな物体( ゚д゚)
なんじゃこれ!?
と思ったら1枚ものの豚のロースを揚げたものですね。
珍しいトッピングです。

お味の方は・・・
黒いスープですが塩っ気皆無のカドのない醤油味!
スープ上澄みの油が多めでアツアツです。
油はラードでしょうね。
それに揚げた豚肉の油が溶け出してコクを加えています。
出汁は鶏ベースのシンプルなもの。
タレに昆布等で旨味を補っているかもしれませんが、強く感じたのは澄んだ鶏の味。
丸いタッチの味わいです。
麺は白肌の細ストレート麺を固茹でに仕上げています。
この麺、麺線長すぎ!
今まで食べた事ないぐらい長くて、ズルズル~と一気にすすらないと無理ですね。

たっぷりの麺量にたっぷりのスープ。
食べ応えのある豚ロース肉にかぶりつき麺をすする。
すごく幸せな気持ちになる一杯ですね♪

スープの味は薄めなのですが、不思議とどんどんと食べ進める事ができます。
タレはやや甘めにしてあって過剰な感じではなくナチュラルな。

何よりのスパイスはやはり女将さんの人柄だろうなぁ~。
お客さんは常連さんが多くて見てると何だか家に帰ってきた感じで、
お母ちゃん、ラーメンしてや~、みたいな雰囲気でした。

名物女将の人柄が滲み出たその醤油ラーメンは遠征ラヲタ必食の1杯です!

個人的評価 ★★★★(4.0)

いろは 外観いろは 外観2


「いろは食堂 本店」

(住所)大崎市岩出山字二ノ構30-1
(電話)022-972-1131
(時間)11時~売り切れまで
(定休)月3回(曜日は決まってません)
(最寄駅)奥の細道湯けむりライン岩出山駅徒歩15分

麺組分店 沼田商店@宮城県岩沼市

JR岩沼駅前にある沼田商店です。
こちらのお店は超有名店である麺組の分店的な立ち位置ですが、
提供しているメニューは麺組とは違い当然味も違うとの事で非常に楽しみにしていました!

お店前で前回麺組を御一緒していただいた姐さまと合流し3名で突撃~♪

メニューは味噌、塩、醤油。
3人でそれぞれ違うメニューを注文し味見をさせてもらう。
自分が注文したのは塩。

ぶんてん しお

塩中華

黄金色のキレイなビジュアルにウットリですね♪
鶏が色濃い(魚介はナシか)出汁で丸みを帯びた優しい感じのスープです。
塩カド皆無でジワジワっと寄せてくる出汁の美味さと、ソレを脇から支える塩ダレが一体感を演じています。
ビックリするような味ではありませんが、何というか、毎日でも食べられそうな、そんな味わいですね。
油が少し多めではありますがギトついたところもなく自然と飲めるスープに思えます。
系統的には淡麗テイストかな。

ぶんてん 醤油ぶんてん 味噌

醤油と味噌。
味噌で有名な麺組譲り、さすがに味噌はパンチのある一杯でハッキリと美味い!と感じれるもの。
麺は麺組よりも少し細めかな。
味わいはアッサリにシフトしてある気がしましたが、充分なインパクトあり。

醤油は塩と同様優しくもどこか懐かしい系。
チープ感はなくて、仕様は現代風に思えます。

塩、醤油に関しては共通項としてどのパーツにも突出した部分っていうのはありませんが、
出汁と控えめなタレで丸い輪郭を形成しています。
味噌はさすが麺組!と言えるような出来映えでわかりやすい美味さが特徴かな。

近くに住んでたらフラっと入りたくなるようなお店。
麺組との違いも楽しめますよ。

個人的評価 ★★★☆(3.8)


ぶんてん 外観


「麺組分店 沼田商店」

(住所)岩沼市館下1-4-1
(電話)022-323-3633
(時間)11時~15時、17時~21時
(定休)火曜
(最寄駅)JR東北本線岩沼駅直結!

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。