ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那そば 王王軒@板野郡藍住町

P1050328.jpg

支那そば(肉入り)

1つ前の記事で白系喰わないといかんよなぁとか書きながら茶系の有名店に突撃してるあたりが自分の適当万歳な性格を表しています(爆)
だって、茶系がやっぱり好きなんだもん!!!(←言い訳)

何が好きかって?
そう言われると難しいけど、一言で言ってしまうと「わかりやすさ」かなぁ。
茶褐色で濃厚なスープ、味付けもはっきりと醤油色が強く、肉が (゚д゚)ウマー!

春陽軒、やまきょう、巽屋、西食、そしてここ王王軒!
どこで食べても基本的には味わいは同じですが、なんしか美味いのです。

中でもここ王王軒は他店と比べてかなり濃度が高く、豚骨臭が強い。
クセがあって中毒性が高く結構独特。
注目すべきはやはりスープの濃度・・・
かなりドロっとしていて粘度が高く、ズシリと重いスープが魅力的。
濃けりゃいいってもんでもないですが、こと徳島茶系に至ってはスープに負けない存在感のある醤油ダレとのマッチングが絶妙で見た目ほど醤油辛くない所以はしっかりとしたスープ濃度があるからかもしれません。
基本的に茶系は濃厚路線ですからね。

伝統的な徳島のラーメンですが、ココはちょっと他店と違って独自にブラッシュアップさせた「ネオ茶系」的なイメージがありますね。


個人的評価 ★★★★


P1050329.jpg


「支那そば 王王軒」

(住所)板野郡藍住町徳命字牛ノ瀬446-15
(電話)088-693-0393
(定休)木曜
(時間)11時~20時
(最寄駅)JR高徳線吉成駅徒歩50分
地図。
スポンサーサイト

光軒@吉野川市鴨島町

P1050330.jpg

中華そば

吉野川市にある光軒へ。
いわゆる「徳島白系」のラーメンを提供しているお店。
徳島ラーメンと言えば一般的には茶褐色のスープにチャーシューではなく豚バラを甘辛く炊いたものがトッピングされ生卵が乗るスタイルの「徳島茶系」がポピュラーではありますが、白系も立派な派閥の1つ。
歴史はかなり古く「岡本中華」とか代表的なお店もありますよ。
他には黄系があったりと徳島ラーメンはかなり懐が深く、食べ歩きをしていても飽きないし、美味しいお店が多くて楽しいです!
この白系は小松島市を中心に出されているもので「小松島系」とも呼ばれています。

店内は昔ながらのラーメン屋さんっといった雰囲気ですごく和めます。

茶系の濃厚で甘めのスープとは違い、やや黄色がかった乳白色のスープが特徴的。
ベースは豚骨になると思いますが濃度はライトでもヘビーでもなく中濃と言った感じで食べやすく、とっつきやすいです。
臭みもなくお約束とも言えるヤワめの麺と適度な化調。
店の雰囲気さながらラーメンも「古き良き」スタイルのある意味潔さすら感じるシンプル路線です。
ほんのり甘く獣臭さも猛々しさもない毎日でも食べれそうなホッとする一杯です。
ベースは違えどどこか一乗寺の「高安」を思い起こすようなラーメンでした。

徳島では茶系のシェアがかなりのウェイトを占めているのですが、ココ食べた後に思った事は改めて白系も探索したいなぁって事。
でも徳島行ったらどうしても茶系に走ってしまうんですよねぇ。


個人的評価 ★★★☆


P1050332.jpg


「光軒」

(住所)吉野川市鴨島町鴨島394-19
(電話)0883-24-2693
(定休)日曜
(時間)11時~15時、17時~20時
(最寄駅)JR徳島線鴨島駅徒歩10分
地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。