ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍上海 山形店@山形市香澄町

P1050304.jpg

赤湯からみそラーメン

山形に来たらこのお店を食べずして帰れません(っつっても支店だけどねw)。

山形県赤湯地区発祥のご当地ラーメン(山形何種類ご当地ラーメンあるんだよとホントにツッコミたい)。
現在の南陽市の中華屋さん「龍上海」で生まれたラーメンで最大の特徴は唐辛子の入った味噌がトッピング。
この味噌をスープに溶かしながら食べ進んでいくというラーメン。

写真の丼中央部に赤い物体が鎮座していますが、ソレがこの辛味噌です!

南陽市の本店に行くべきところですが、営業時間と滞在時間が合わず今回は支点で我慢。
山形県内各地に支店がありますが、基本ベースは同じでスープの濃・淡、味の濃・薄の差異が本店と支店では若干あるようです。

辛い系のラーメンなのでさぞかしパンチのあるものを想像していましたが実態は違いました。
まず味噌を溶く前のスープ。
煮干しがガッツリと効いた準清湯(純ではない)、清湯をやや濁らせ気味のスープ。
味の要のタレはドーンと浮いた状態ですのでタレが効いていないスープを飲むと出汁感が非常に伝わりやすく、
ありがちなタレのみで押し切る雑いラーメンではなく、このラーメンの本質はしっかりと出汁を効かせた1杯で、
本当の意味で味噌を溶く事によって味の変化が楽しめるラーメンなのだという事。

その辛味噌を溶いてみましたが、辛さはピリリと伝わる程度。
それよりも味噌の芳醇な味わいが特徴的で平打ちの太麺とのマッチングが凄く良かったです。

色ものにありがちなおざなりな感じではなく本当によく出来た美味しいラーメンだと思いました。
本店にも行きたいな。

個人的評価 ★★★★

P1050306.jpg


「龍上海 山形店」

(住所)山形市香澄町3-10-4
(電話)023-623-9930
(定休)無休
(時間)11時~売り切れ終了
(最寄駅)JR山形駅徒歩8分
地図。
スポンサーサイト

手打 水車生そば@天童市鎌田本町

山形発祥の鶏中華。
鶏中華は和ダシのそばつゆのようなスープで中華麺を食べるあっさり系のラーメン。
具材にはほとんどのお店で鶏チャーシューが乗り老鶏を使うのが一般的。
笠岡ラーメンの煮鶏と似ているのかも?
この鶏チャーシューがコリっとした食感でやみつきになりそう・・・
他に共通項目として、揚げ玉や三つ葉、かまぼこなどお店によって差異はありますが、
各店工夫を凝らした具材がトッピングされます!
通常アツアツのスープの鶏中華が基本ですが、スープが冷たいバージョンもあるようで、
結構バリエーションの幅が広そうな感じがしますね(^_^)/

と、山形に行く前にすごく楽しみにしていた「鶏中華」。
鶏中華の元祖とも言われる天童市の水車生そばに行ってきました!
P1050302.jpg

鶏中華

元々まかない食だったものがメニュー化し、今や年間で10万杯も出る(らしい)というモンスターメニュー。
そば店ならではの鰹やサバ、昆布の効いた和のスープが特徴的。
カエシは少々甘口。
天かすがかなりの量投入されており、普通にラーメンを食べる感覚とは少し違う。
個人的には甘さがかなり気になったものの、その他の点では概ね納得と言うか、許容的と言うか。
イメージとしてはもう少し鶏のダシがバシっとくるものを想像していましたが、
実際食べたものは和の印象が強く、そばの延長上と言った感じでラーメンらしさはあまり感じられなかった。
ラヲタなら食べて欲しい1杯です。

個人的評価 ★★★

P1050300.jpgP1050301.jpg

「手打 水車生そば」

(住所)天童市鎌田本町1-3-26
(電話)023-653-2576
(定休)無休
(時間)11時~23時
(最寄駅)JR天童駅徒歩15分
地図。

中華そば 初代梵天丸@天童市大字矢野目

P1050297.jpg

赤丸中華そば

天童市の人気店。
お店と言うよりか、民家を改装し座敷に上がりこんで食べるラーメンはさながら田舎のおばあちゃんの家に帰省したかのような趣(笑)

メニューは和風だしあっさりの白丸と豚骨こってりの赤丸を基本ベースに置き、
味噌ラーメンもアリ。

脂っ気抑えめのスープはこってりとまではいかない濃度。
良く言えば食べやすい、悪く言えば凡庸でパンチに欠ける。
県外にまで名を轟かせるお店なので期待して行った分少し裏切られた感じかな。

タレの塩梅か少し味がボケたような感じがします。

ここは白丸かな?

個人的評価 ★★☆

P1050299.jpg


「中華そば 初代梵天丸」

(住所)天童市大字矢野目1432-2
(電話)非公開
(定休)月曜
(時間)11時~14時
(最寄駅)JR天童駅徒歩15分
地図。

麺武者@新庄市五日町

P1050295.jpg

麺武者らーめん

鶏もつラーメンが強い新庄市で今風の首都圏ラーメンを提供しているお店。
特に白湯系の濃厚スープは評判でご当地麺どころにおいても人気を博しているようです。
屋号の名を冠した麺武者らーめんをチョイス。

スープは濃厚豚骨魚介系の白湯スープ。
豚骨、丸鶏などの動物系と魚介系を合わせた今や定番的なものとなったラーメン。
鰹の風味が強く、魚介系の旨味をプラスしています。

少し塩辛さを感じたものの、魚が前面に出た中々にパンチのあるスープは旨味たっぷり。
動物系の濃度もかなりのものでパンチのある仕上がりです。
麺は弾力に富んだモチモチ麺。
この麺でラーメン食えるならつけ麺も美味しいのだろうなぁ~

焼きアゴを使った魚介系清湯スープのあっさりラーメンもあるし・・・
また行きたいお店なのは間違いないけど山形は遠い(汗)

個人的評価 ★★★☆

P1050296.jpg


「麺武者」

(住所)新庄市五日町字清水川1280-37
(電話)0233-22-3797
(定休)木曜
(時間)11時~14時30分、17時30分~21時30分
(最寄駅)JR新庄駅徒歩10分
地図。

末広@新庄市末広

山形県北部、最上・新庄地域の局地的ご当地ラーメンが「鶏もつラーメン」。

鶏もつラーメンについてウィキから引用
↓↓↓
もともとの新庄地区のラーメンは、一茶庵に代表される縮れ麺で具が少なめのあっさりとした鳥ガラスープを使った「醤油ラーメン」がスタンダードであり、その他、急行食堂の激辛「地獄ラーメン」、ならま食堂の味噌味「すりばちラーメン」などが知られていた。「とりもつラーメン」が昔からメニューに記載され、一般的に食べられていたわけではない。
実際、市内のラーメン店ではとりもつラーメンという名称を使わず、スタミナラーメンと呼称しているものもある。
原料のもつの産地は明かされていない。

元来、最上地方では鶏を飼う農家が多かったことから、農村部では、祝い事の時に鶏を一羽潰してモツ煮込みにして食べる習慣があった。ただ、この風習はごく一部の局地的な風習で、一般には浸透していない。新庄市内の居酒屋でもメニューとして鶏のモツ煮込みを出していたところ、いつの頃からか、一部の常連客がラーメンと鶏のモツ煮込みを同時に注文して食べるようになり、その食い合わせの妙に気付く者が現れた。これが、やがて「とりもつラーメン」の誕生へと繋がった。

 山形新幹線延伸を契機に、新庄・最上地方を観光地として広く宣伝する運動が始まり、注目されたのがとりもつラーメンである。御当地ラーメンの流行もあり、これを新庄の特産として売りだすこととなった。市内のラーメン店は合同で「とりもつラーメン」をメニューに取り入れ、各店が味を競いあうようになる。

「愛をとりもつラーメン」というキャッチフレーズを決め、2003年に十勝新津製麺より「新庄・最上名物 愛をとりもつラーメン」というカップラーメンが全国のサンクスで発売した。

県内至るところに局地的ご当地ラーメンが点在しているラーメン王国山形ですが、
清湯を基本としたスープが多く、酒田編でもレポートしましたが麺がすごく美味しいのです(^_^)/
P1050291.jpg

スタミナラーメン

スタミナラーメンというメニュー名で鶏もつラーメンを提供しています。
澄んだスープに玉状になってキラキラ輝く油がなんとも美しいですね。
鶏もつは様々な部位が入っていてコリコリの食感のものから卵巣かな?ちょっと変わったものまで本当に色々。
噛みしめるたびに濃厚でちょっとクセのある味わいが口のなかに広がります。
ネガな臭さは皆無ですが、苦手な人は敬遠しそうな感じがします。

スープがまた旨いですねぇ。
あっさりながらも鶏と酸味の効いたものでグイグイ飲んでしまいます。
ヤワメの自家製麺はツルツルで喉越しがよくこれまた珍しい。
関西では味わえない1杯に大満足でした♪

個人的評価 ★★★★

P1050290.jpg


「末広」

(住所)新庄市末広1-36
(電話)0233-23-4558
(定休)第2,4,5日曜
(時間)10時30分~18時30分
(最寄駅)JR新庄駅徒歩5分
地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。