ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風来軒 加納本店@宮崎市清武町

P1050191.jpg

とんこつラーメン

宮崎県下に一大勢力を誇る風来軒の総本山。
風来軒と言えば古くからの関西ラヲタにはおなじみのお店。
一時ラーメン複合施設が関西圏に次々と出来てはこの風来軒が出店していたし、
西宮の中津浜線沿いには路面店を構えていたし。

ラーメンテーマパークの中の風来軒はまぁアレでしたが、
西宮にあった風来軒は個人的にめちゃ好きだったなぁ。
懐かしい!

あの無鉄砲のルーツとも言われているお店ですし、
関西圏で散々食べましたけどやはり宮崎に来たならば本店に行かないワケにはいきません!

デフォの豚骨。
ズシリと重いヘビー級豚骨。
口当たりは意外にナメラカでタレ弱めの豚骨の旨みを前面に出した方向性のラーメン。

うんうん♪
本店だからか、その辺はわからんが美味いぞコレは(((o(*゜▽゜*)o)))
西宮のお店はもっとタレがきいてさらに豚骨の濃度も濃かった気がするけど、コレはコレで全然アリ。

個人的評価 ★★★★

P1050193.jpg


「風来軒 加納本店」 

(住所)宮崎市清武町加納甲1836-2
(電話)0985-84-1620
(時間)11時~23時
(定休)元旦
(最寄駅)JR日豊本線加納駅徒歩10分
地図。
スポンサーサイト

虎太郎@鹿児島市山之口町

P1050176.jpg



鹿児島では珍しい鶏白湯専門店。
日本三大地鶏と言われる薩摩地鶏をスープに使ったラーメン。
口当たりまろやかで濃厚なスープは濃度的なものは不満はないものの、旨みが思いの外浅く、どこか単調。
しっかりとしたスープは引けているのに何だか勿体無く感じる。
やや甘めのスープが好み分かれそう・・・
麺はサクっとした食感の細麺でこちらも鹿児島では稀少。

個人的評価 ★★★

P1050175.jpg


「虎太郎」

(住所)鹿児島市山之口町3-8
(電話)099-247-3868
(時間)11時30分~15時、19時~翌3時(月曜は夜のみ)
(定休)不定休
(最寄駅)鹿児島市電高見馬場電停徒歩5分
地図。

鹿児島ラーメン豚とろ@鹿児島市山之口町

P1050173.jpg

ラーメン

鹿児島の老舗有名店。
味は良くも悪くも豚骨ベースのライト系鹿児島ラーメン。
本当は遠征リスト入りしてなかったけど、やはり老舗、敬意を表して突撃してみました。
鹿児島市随一の繁華街天文館界隈はラーメン屋さんが乱立しかなりの選択肢がある。
そんな中このお店が人気店な理由は•••

わかりやすく、かつ食べやすい。
ライトな豚骨スープは万人受けする仕様で飲んだ帰りにでもOK!
でもなー
ラヲタ的にはなー
って感じますが、豚の旨味は存分に感じますし、
何と言ってもチャーシューが名物。

個人的評価 ★★☆

P1050174.jpg


「鹿児島ラーメン豚とろ」

(住所)鹿児島市山之口町9-41
(電話)099-222-5857
(時間)11時~翌3時30分
(定休)なし
(最寄駅)鹿児島市電高見馬場電停徒歩5分
地図。

のぼる屋@鹿児島市堀江町

P1050169.jpg

ラーメン

鹿児島市歴史遺産的な存在のラーメン店。
メニューは一つのみで着席と同時に調理スタート。

うどんダシのようなスープにかなり水を吸ったブヨ麺。
正直大阪でこういうラーメンが出てきたら発揮寸前なんでしょうが、
遠征地では許せてしまうのが旅の醍醐味(爆)

おババ軍団の存在•接客のおかげで店内にはかなりユルイ空気が流れている。
帰り際どっから来はったの?と聞かれ大阪です!と答えるとお土産いただいちゃいました(^-^)
他府県から来た遠征組には漏れなくお土産プレゼントのようです。
味はまぁ置いといてとりあえず行って良かったかなぁ。

個人的評価 ★★☆

P1050170.jpgP1050171.jpg


「のぼる屋」

(住所)鹿児島市堀江町2-15
(電話)099-226-6695
(時間)11時~19時
(定休)日曜
(最寄駅)鹿児島市電いづろ通駅徒歩5分
地図。

麺歩バガボンド@鹿児島市山下町

P1050165.jpg

つけ麺

豚骨ラーメン文化の鹿児島においてこういう首都圏型魚介豚骨系のつけ麺は受け入れられるのか?
答えはどうやらYesの模様。
店主は「麺屋武蔵無骨外伝」で修業されたらしく、その時のつけ麺を鹿児島に持ち帰ったようです。

ご当地ラーメンが根づく地方ではなかなか新たなラーメン文化を取り込むのは容易ではない土壌があったりします。
関西圏で言えば和歌山やひと昔前の京都がそうですね。
しかしながら今や当たり前に全国的にニューウェーブなラーメンが各地に飛び火し、つけ麺なんて今さら・・・と思う方もいるでしょうが、なかなかどうしてまだまだつけ麺という食べ物に対する認知度が低い地方があるのも事実。
ココ鹿児島や自分がよく行く徳島、その他地方都市でもつけ麺がメニューに入っているのが珍しいってのはまだまだ当たり前のようにあるのが現状です。

そんな鹿児島においてつけ麺って食べ物はどうゆう風に認識されているのかなー。
大阪でも非ラヲタな人はつけ麺って何なの?といまだにそんな事を言ってたりするんですが(笑)
自分の周りにもいっぱいいます。

ただ単に汁と麺を分けただけやん、ってよく言われるし、麺が冷たい意味がわからんともよく言われます。

そんな困ったちゃんにはこう返します。

どっちかって言うと汁はどーでもええので麺を味わうことに全神経を集中せぇや!
とキレ気味に(爆)

何事にもチャレンジしてみないと始まらないのと同じでつけ麺だって食べた事なけりゃ食べてみないとわからんから、ツベコベ言う前にとりあえず食ってみ!とラーメン・つけ麺普及活動に勤しんでます(爆)

話が逸れまくりましたが、ここのつけ麺。
魚ガッツン系のテロテロっとしたつけ汁はなかなかになかなかな味わいで結構濃いぃなぁってのが第一印象。
少し甘みが強く(甘味料的な)少し苦手なタイプではありますが、こんぐらいがちょうどいいのかなー

甘みは旨味

とはよく言ったもので、甘い=旨いと感じる人がこの世にはたくさんいらっしゃるのです。
自分は甘さの種類にもよるのですが、甘い系は基本的に好きでして、過剰な人工的な甘さ以外は甘さに対する守備範囲はかなり広いです。

ピチピチでセクシーな麺、色白で美味しそうでしょー(^_^)
味・香りは乏しいですが、喉越しイイ麺は口の中で踊ります。
結構食感に特化した麺だなぁ。

個人的評価 ★★★

P1050168.jpg


「麺歩バガボンド」


(住所)鹿児島市山下町12-27
(電話)099-225-7858
(時間)11時15分~15時、16時30分~21時
(定休)月曜(祝日の場合翌日)
(最寄駅)鹿児島市電市役所前駅徒歩40秒
地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。