ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺屋 吉宗@金沢市鞍月

P1050109.jpg

鶏濃厚魚介 にぼしらーめん

鶏白湯スープはトロミがついており濃度的にもかなり濃厚。
旨味も強く唇がベタベタになるぐらいのレベル・・・
あれ?
これ鶏白湯ラーメンじゃないよね???

注文はにぼしらーめん(かつおらーめんもある)、その煮干しは果たして・・・

ネギの上に降りかかった鬼のような粉末こそがこのお店の「煮干しスタイル」で、
レベル1~5まで選択可能。
ちなみに標準はレベル1のようですが、
ニボシストの自分は即答でMAXレベルの5をチョイスだぜバカヤロー!(イチエ降臨w)

っつーか、煮干しラーメンと謳うならば粉ではなく出汁で勝負して欲しいところなんですが、
まぁええわ!

大量の煮干しパウダーは粒子がかなり細かくネガなザラつきやモロモロ感は感じません。
濃厚なスープに粉を溶くと確かに煮干しラーメンに早変わりした!
でもベースの白湯との相性は正直疑問符がつくかな。
煮干しという素材の性質を考えるとやはり粉末ではなく・・・

粉末でもこうやって後から載せるのではなくて、粉末は粉末でもいいからスープに最初っから溶かしておいてくれた方がスープの温度も下がらないし濃いとこ薄いとこのバラツキも出ないだろうしなぁ。
でも面白いラーメンではあったかなぁ。

個人的評価 ★★☆

P1050113.jpg


「麺屋 吉宗」

(住所)金沢市鞍月3-27
(電話)076-266-3661
(時間)11時~14時30分、17時~21時
(定休)木曜
(最寄駅)北鉄浅野川線磯辺駅徒歩35分
地図。
スポンサーサイト

客野製麺所@金沢市西都

P1050107.jpg

ラーメン(薄口醤油)

和風ダシがバチっときいた淡麗テイストの醤油ラーメン。
豚骨鶏ガラ+魚介系というシンプルな組み立てに飾らないビジュアル、
しかし古臭さを感じず流行に巧く乗っているかのような味わいはスッキリとした後口のスープのなせる業かな。
あっさり系のスープに合わせる麺は内麦100%の細ストレート麺で硬めのザクッとした食感が特徴的。
内麦の弱点とも言うべき食感の緩さを微塵も感じさせずにコシを兼ね揃えた珍しい麺だと思いました。

スープは少しピリっとした刺激があり、何の辛さだろうなぁ。

店主はくじら軒で修行・・・
家にあるショップカードのくじら軒なんばパークス店(閉店)に客野店長の名が・・・
過去に大阪でお会いしてたようです(笑)

個人的評価 ★★★☆


P1050108.jpg


「客野製麺所」

(住所)金沢市西都1-69
(電話)076-267-5011
(時間)11時~14時30分、17時30分~21時
(定休)木曜・第3水曜
(最寄駅)北鉄浅野川線磯辺駅徒歩25分
地図。

ラーメン にぼいち@金沢市西泉

P1050102.jpg

煮干し豚骨(豚にぼ)

屋号から伝わってくる「煮干し」というキーワード。
このお店は煮干し系のラーメンをメインメニューとしたお店で煮干し中毒患者の自分にはたまらなく萌える!

Yahooが主催する次世代ラーメン決定戦の大会で地方店ながら関東の強豪店を破って優勝した「ラーメン一鶴」が、煮干しラーメンに特化して出店したお店だそうで、リスト作りしてた時からすごい行きたかったお店なんです(^O^)

スープは豚骨ベースに煮干しですが。。。
豚骨を吹っ飛ばす強烈な煮干し味は期待通りでもあり想像通りでもあった!
味わい自体はややアッサリ目ながら1にも2にも煮干しの主張が強く、
若干ネガな苦味等を感じるが自分は煮干しの苦味臭みが大好きなので無問題。
でもちょっと食べ手選びそうな感じはします。
P1050103.jpg

丼中央に添えられた物体・・・
煮干しペーストとでも言うべきか、このアイテムはニボパワー増強材的なものでスープに溶かす事によって更なるニボニボ感を得ることが出来ます(笑)

アンタこりゃちょっとやりすぎなんじゃねーの?(煮干しが)
と感じる人もきっといるでしょうが、一つの素材を突き詰めソレに特化するのならばこういうタイプのラーメンが個人的には好ましく、中途半端に香る程度の煮干しの使い方よりかはよっぽど好感が持てますね。

ちなみに個人的に煮干しラーメンの好きなところは、八王子の圓と新宿の凪(G街)。
煮干しラーメンと言っても対極に位置する両ラーメンですが、この2杯のような煮干しラーメンを地元大阪で食べたいものです・・・

個人的評価 ★★★★

P1050104.jpg


「ラーメン にぼいち」

(住所)金沢市西泉3-4
(電話)076-244-4121
(時間)11時~15時、18時~24時
(定休)水曜
(最寄駅)北鉄石川線押野駅徒歩15分
地図。

らーめん 左介。@金沢市上安原町

P1050099.jpg

らーめん

コクのあるあっさり塩味のラーメン。
金沢はどちらかと言うと濃厚系のラーメンが多い印象を今回の遠征で持ちましたが、
このお店は塩ラーメンを看板に掲げるお店。

盛りつけが丁寧でとてもキレイですね(*^^)v
洗練されたスタイリッシュなビジュアル、そして女性ウケしそうなソフトなスープ、
角がなく丸みを帯びたスープは正直自分の好みからは少しズレますが、
なかなかにヒキが強くどんどんと飲ませてくれるスープが秀逸。
サクッとした食感の麺がよく合っています。

器も通常のラーメン丼ではなくすり鉢状のものでとてもオシャレ。
味覚とともに視覚にも訴えかけてくるどこか品のある1杯でした。

そらそうと「らーめん 左介。」の「左介。」の「。」。
これ何か意味あるんかなー
「モーニング娘。」の「。」も意味わからんかったけど(爆)


個人的評価 ★★★☆

P1050100.jpg


「らーめん 左介。」

(住所)金沢市上安原町115街区8
(電話)076-240-8335
(時間)11時30分~15時、17時30分~21時
(定休)水曜
(最寄駅)JR野々市駅徒歩30分
地図。

かすみ屋@金沢市西念

P1050096.jpg

京だしとんこつ

スープは豚骨醤油味に後追いで煮干し。
一口目ズルっと食べた時は口当たりマイルドで何の変哲もない豚骨醤油系だなぁと思ったものですが、
食べ進むうちのじんわりとやってくる煮干しの方向。
ガツンとファーストインパクトでやってくるものとは違うアプローチでなかなか面白い♪
お店の雰囲気は本当に飾らない感じですが、それなのにラーメン屋然とした古めかしさもなく不思議な空間。
メニュー名の「京だしとんこつ」の定義がイマイチわからないですが、総体的にはいいお店。
金沢駅西側には多数ラーメン屋さんがありますが、ここはその中でも人気があり、常連さんが多いでしょうね。

個人的評価 ★★★☆

P1050097.jpg


「かすみ屋」

(住所)金沢市西念1-2-39
(電話)076-231-5537
(時間)11時30分~15時
(定休)日曜
(最寄駅)JR金沢駅徒歩15分
地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。