ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らーめん颯人@大阪市北区

今年大阪でオープンしたお店の中で最も話題となったお店ではないだろうか。

名店・カドヤ食堂出身との事で否応なしに注目度の高さばかりがクローズアップされているが、
実際にラーメンを食べてみると唸るぐらいウマイものが出てきた。
はやとしょうゆ

しょうゆらーめん

中華そばタイプで醤油ベース、良くも悪くも安定の一杯、と世間の評だが、自分はそうは思わず。
出汁、タレ双方の立たせ方が独特のように思えるその出で立ちは修行元のカドヤ食堂とは違うと個人的見解。
魚介もタレもスッと引いた、本当に毎日でも食べられそうな素朴な味わい。
ネオ中華そばとでも言おうか、もちろん素材の旨味はしっかりと引き出していながら何が目立つ、
という所のない完全バランサータイプ。
優しくもムダのない、そんな印象です。


はやと味噌

みそらーめん

コレは大阪で今までなかった味噌ラーメン。
一口食べて衝撃を受けたのがこちらの味噌。
どちらかと言うと優等生タイプの中華そばとは違いかなりパンチのある一杯で濃厚な味噌ダレと
スープから漂う何ともフレッシュな生姜の香りに一発KO、

何という生姜!!!

味の核を邪魔せず、それでいて半端ない存在感を示すこの生姜こそがこのラーメンの肝。

出汁が何やら味噌のブレンドが何やら、細かい事大事な事を考える事なく、ただただウマイ。

中華そば、味噌に共通するのは麺の美味しさ。
滑らかな口当たりでスルスルと喉を通っていく。

カドヤ食堂出身者はどこも美味しいラーメンつけ麺を出していますが、
オリジナリティに関してはあまり感じるものがなかったイメージですが、颯人は味噌の出来が出色。
カドヤ系列ではなく、関西圏に視野を広げてもこんなにウマイ味噌は見当たりません。

大阪は元々味噌ラーメン不毛な土壌でありますが、
その中でオープン即煌めく一番星の座をGETした、そんな風に感じました。

個人的評価 ★★★☆(3.5)しょうゆらーめん         
        ★★★★★(5.0)味噌ラーメン


はやと外観


「らーめん颯人」

(住所)大阪市北区南森町1-2-2
(電話)06-6312-8276
(時間)11時~14時30分、18時~21時
(定休)月曜
(最寄駅)大阪地下鉄南森町駅徒歩5分
スポンサーサイト

麺家 近@大阪市北区

チカ ラーメン

醤油ラーメン

ぶ厚い旨味のトルク、
鶏豚骨の半濁スープは結構濃厚な味わいです。
清湯でもなく白湯でもない、その中間にあたるようなスープ、
とにかく旨味が詰まりまくりでめっちゃ美味しい。
正直驚いた!なレベルでした。
多めの脂もしっかり馴染んで濃厚さをプラス。
重い作りなのに重さを感じさせず旨さだけを伝えています。
自家製麺は細麺で固めの茹で上げ。
正直このお店、いろんなメニューがあって当たり外れあるんですけど、
この醤油ラーメンは鉄板級だと思いますよ。

ここ、青葉出身ってホントなのかな?

個人的評価 ★★★★(4,0)


ちか 外観


「麺家 近」

(住所)大阪市北区国分寺2-2-41
(電話)06-6881-3912
(定休)水曜日
(時間)11時~14時30分、17時30分~20時30分
(最寄駅)地下鉄天神橋筋6丁目駅 徒歩3分

ストライク軒@大阪市北区

ストライク軒 ストレート

ストレート

ストライク軒、個人的には
ストレート>シンカー
ですね。

本当にオーソドックスな中華そば、少し東京っぽい感じで関西にありそうであまりない、
そんな感じの1杯がたまりませんね。
もうご存知かもしれないですが、長野の「王様中華そば」をインスパイアした一杯。
実際長野の有名店で王様中華そばを食べたのですが・・・
ストライク軒のストレートの方が断然美味しかったですね。

鶏ガラベースのスープに多めの油。
大量のネギがスープと良く合っててめっちゃウマ♪
三河屋の細麺も凄くイイし、本当に大好きな1杯ですね。
オープンしてからシンカーは1度だけ、ストレートは10回以上食べてる(笑)
一部ラヲタからはストレート、チャラいとか聞きますけどね。
前身である「ぬんぽこ」の時の中華そばも良かったけど、
さらに旨さを重ねてきた印象です。

個人的評価 ★★★★☆(4,5)



「ストライク軒」

(住所)大阪市北区天神橋5-8-8
(電話)06-6352-0633
(時間)11時~売り切れ終了
(定休)月曜
(最寄駅)大阪地下鉄天神橋筋6丁目駅徒歩すぐ

極濃拉麺 らーめん小僧@大阪市福島区

小僧 らーめん

極濃豚骨らーめん

関西圏では豚骨ラーメンの新店が減っています。
無鉄砲、天神旗、アンタッチャブルすぎる存在のこの両巨頭を脅かすような豚骨ラーメンを
作る事は容易ではないのは周知の事実。

ど真ん中(茨木)、かしや(玉出)こそが次世代豚骨の旗手と以前にも書いた事がありましたが・・・

そんな中待望のお店が出現。
ド豚骨を看板に据える新店。

メニュー名の「極濃」の文字、期待を裏切らないスーパー豚骨!
実食時の印象は少し濃度に頼ったような感じで、と思ったんですが、
それでもイイんですよね。
一本気で芯のある豚骨スープは最近の新しいお店ではほとんど見かけなくなってただけに・・・
一本気が故に逃げ場のない味、豚骨の旨味は少し足りない気がします。
塩分濃度、甘み、少しづつ足らない印象。
でも、そんな事は関係ない、味以前にこの1杯からは魂が感じられた。
そんなラーメンに出会う事が最近めっきり減っている事実。
久しぶりに本気で応援したくなった、そんなお店です。

個人的評価 ★★★★(4,0)


「極濃拉麺 らーめん小僧」

(住所)大阪市福島区福島3-8-10
(電話)06-6453-3436
(時間)11時~15時、18時~23時(スープ切れ終了)
(定休)日曜
(最寄駅)JR東西線新福島駅徒歩5分

麺や ぶたコング@大阪市北区

ぶたコング ラーメン

新潟長岡生姜醤油ラーメン

新潟と言えばラヲタ的にすぐにピンと来るのは燕三条系でしょう。
でも新潟は新潟でも長岡系と来たか。
有名どころで言うと、青島食堂が代表される生姜を使ったラーメン。
以前新潟行った時に食べたんですがめっちゃ美味しかったんですよね。

見た目からもう美味しそうなのが伝わってきます♪
濃い醤油色のスープは豚骨清湯かな、ぶ厚い旨味がまずはブワ~っとやって来た!
一気にテンション上がって~
そっからキタキターーーーー!
生姜!
でもちょっと待て、青島とは何か違うぞとココでクエスチョンマーク。
長岡=青島な図式の自分には少し戸惑いのある味。

油にネギっぽい風味、ネギ油。
風味が生姜以外にも入ってくるんです。
確かに生姜は生姜なんだけど、一本調子じゃなくて、いろんなものが混じってる。

長岡系といってもお店によって色んな種類があるんだろうし、ちょっとわかりませんが青島ではない・・・
と思ってたら、このお店は青島食堂出身のヒグマインスパイアだそう(後で調べてわかった)。

しかしこのラーメン、スープ飲むの止まらなかったですね。
勝手に飲んじゃう。
醤油と生姜、それに油はラードで作られているので余りあるコクを感じる。
清湯だと思ってあっさりかな~とかそんな単純なものじゃない。

具のチャーシューや穂先メンマも抜かりナシ。

今や関西圏でもお馴染みの燕三条系に続き長岡醤油系も食べられるなんて嬉しい限りです。
場所がちょっと悪いけど、ココはまた行きたいお店。

個人的評価 ★★★★☆(4,3)

ぶたコング 外観


「麺や ぶたコング」

(住所)大阪市北区兎我野町2-7
(電話)06-6312-0588
(時間)11時~15時、18時~22時
(定休)日曜・祝日
(最寄駅)大阪地下鉄谷町線東梅田駅徒歩7分

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。