ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那そば 伊藤@秋田市中通り

市場の中にあるラーメン屋さん。
P1040415.jpg

秋田駅から近くでアクセス良好。
P1040414.jpg

中華そば

THE清湯キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

THE清湯→丼底まで見えそうな透き通りまくり、一点の濁りナシのスーパー透明スープの意。
(↑勝手に命名(爆))

はいっ、THE清湯のお時間です(何)。

秋田県の地ラーメンでもある「十文字ラーメン」の流れを汲むラーメン。

淡い醤油色のスープから覗く細ちぢれ麺。
哀愁を誘うビジュアル、かなり好きなんですよねぇ。

魚の匂いが漂う純和風スープ、こういう日本的な味わいは食べるとホッとしませんか?

かんすい無使用という事で中華麺とは違うんですが・・・ラーメンの定義から外れるなぁ。
天然塩で練り上げ低温熟成させた麺にコシは望めませんが、どこか乾麺チックなパリパリした食感でかなり独特。

節の旨味と脱力するようなあっさり感はある意味感動の域にあると思いますが、
途中から何か変化が欲しいかな。
ちょっと単調にも感じます。
シンプルイズベストとはよく言いますが、ちょっとシンプルすぎるかもしれませんね。

でも、秋田に来たら必食かな。(湯沢の三角そばやと食べ比べてみたい。)

個人的評価 ★★★

「支那そば 伊藤」

(住所)秋田市中通4-7-35
(電話)018-833-0866
(時間)7時~16時(月~土)11時~15時(日)
(定休)不定休
(最寄駅)JR秋田駅徒歩7分
地図
スポンサーサイト

名代 支那そば まると@秋田市川元開和町

P1040409.jpg

全国的に濃厚系が主流になりつつある中であっさり系で勝負する新しいお店。
P1040412.jpg

支那そば

煮干しベースで脂っ気を削いださっぱり味。
ほのかに残る煮干しのネガな苦味がクセを演出していますが、
これは好み分かれそうですね。
旨味は浅く、食べやすさに重点を置いたかのような一杯は朝からでもスルスルっと食べれそうなラーメンです。

手揉みのちぢれ麺はこのスープには抜群の相性に思います。

個性という点では少々弱く感じますが、煮干しのあっさりスープは結構後引くタイプ。
醤油のキレもあって結構好きかも。

支那そばって何かイメージ的に物足りなく感じるかもしれませんが、結構美味しいんですよね。
ちなみに、支那そばの定義って何なの?
ラーメン・中華そば・支那そば、大分類すると「ラーメン」ってひと言で言ってしまえばそれまでですが、
何か明確な定義ってあるのかなー

個人的評価 ★★★


「名代 支那そば まると」

(住所)秋田市川元開和町1-4
(電話)018-862-0054
(時間)7時~19時
(定休)無休
(最寄駅)JR秋田駅徒歩25分
地図。

初代 竹本商店@秋田市山王

秋田市内でラーメン屋さんが凌ぎを削る山王地区にお店を構える竹本商店。
P1040407.jpg

なんかいっぱいメニューありますね。
エストさん入ってるのかな。

デフォは味噌ラーメンのようですが、お昼時には二郎系を彷彿させるデカ盛り系もある。
P1040408.jpg

鮭だしの竹本醤油ラーメン

鮭節と煮干しを効かせ、さらに魚粉をも使った魚介系スープ。
個人的には胡麻がいりません。

結構独特の味ではありますが、ちょっと組み立てチグハグ。
スープは確かに魚のいいところが出てはいるけども、一杯のラーメンとしてのバランスが損なわれています。
煮干しか鮭か、どちらか一本を芯にして旨味は違う素材で補う感じで良いのでは?

煮干しの核酸成分であるイノシン酸と脂質の多い鮭はあまり相性良くなさそう。

ツルっとした麺肌の麺はプリプリっとした食感が特徴的でしたが、
魚ダシで粘度の低いスープにはあまり絡まずもう一つ。

個人的評価 ★★☆


「初代 竹本商店」

(住所)秋田市山王2-8-22
(電話)018-863-8852
(時間)11時~15時、18時~24時
(定休)月曜
(最寄駅)JR秋田駅徒歩25分
地図。

麺屋 十郎兵衛@大仙市大曲

ここの店主さんは元々ラーメンブロガーさんだったそう。
ブロガー→ラーメン店へと華麗なる転身。
うーん、行く前からいろいろ考えさせられるなぁ、と(汗)
P1040404.jpg

お店外観。
キレイです(^_^)

店内に入り食券機で購入したのはデフォのらーめん。
つけ麺と迷いましたが。
P1040405.jpg

さーて、いただきまーすと食べようとしたら・・・
P1040406.jpg

海苔がヘタっていたので写真撮り直し!って店主さん(笑)
なかなかユニークですね(*^^)v

鶏豚骨に魚をバチっときかせたスープは粘度が高くかなり旨味が深く感じます。
臭みのないスープに魚が巧く融合されその味わいは重層的。
「都会的」なラーメンです。
どこにでもありそうな構成のラーメンではありますが、
レベルはかなり高く感じます。

秀逸だったのは麺。
店内の製麺スペースで作られた自家製麺は中細と呼べるぐらいのストレート麺。
驚くべきコシを備えていて味も豊か。

つけ麺も非常に楽しみ。

東北のラーメン事情に詳しい方が「十郎兵衛は今後の秋田のラーメンシーンを引っ張っていく存在」と
仰っていましたが、その言い妙も頷けます。
その実力を垣間見えた今回のラーメンでした。

また行きたいお店です。

個人的評価 ★★★★

「麺屋 十郎兵衛」

(住所)大仙市大曲上栄町14-14
(電話)0187-63-5933
(時間)11時30分~20時
(定休)水曜
(最寄駅)JR大曲駅徒歩15分
地図。

伊藤@仙北市角館町

雪深き極寒の角館でずっとずっと行きたかった伊藤に行ってきました(*^^)v
P1040398.jpgP1040399.jpg

発見難易度がかなり高く、お店を見つける事が出来るか心配だったけど、
店先のプロパンガスを目印にすると大丈夫。
P1040401.jpg

肉そば

東京の「伊藤」をイメージしていましたが、
コチラのラーメンはちょっと違うみたいで、煮干し全開スープとは異なるもの。
煮干しと言うよりかは鰹風味の強い一杯ですね。

パツパツの麺は同じで、コレはホント独特のもの。
どうやって作ってるのかが謎なぐらい歯切れが全く他の麺とは違います。

味は思ったよりおとなしくて想像してたのと違いましたが、
来る事が出来てよかったです♪
店主さんはすごく気さくな方で、秋田弁でいろいろお話されてましたが何言ってるのかわからなかった(笑)
でも「大阪から来たんですよ」って話したらすごくテンション上がってました(^u^)


個人的評価 ★★★☆


「伊藤」

(住所)仙北市角館町金山下115-66
(電話)0187-54-3880
(時間)11時~17時30分(売り切れ終了)
(定休)不定休
(最寄駅)JR角館駅徒歩10分
地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。