ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺屋 つくし@富山市太郎丸本町

大阪に戻る電車まで時間があったのでもう一杯、この日9軒目(笑)
富山市内に戻ってこちらのお店。
P1040303.jpg

麺屋 つくし

札幌味噌ラーメンのお店です。
「すみれ」出身のお店で、店先まで香るラードの匂い、ここは北海道か?と勘違いしそう。

P1040302.jpg

味噌ラーメン

スープ表面の油膜、アツアツのスープ、黄色がかった太麺。
すみれそのものですね。

店内に漂う匂いからもうたまりません。
匂いで煽り、舌で感じる。
美味いラーメン屋は匂いもイイですよね。

スープをすすると玉ねぎの甘さと生姜の香り、油のコクが一体となった「札幌らーめん」です。

別にわざわざ富山まで行かんでも関西圏内では京都で「すみれ」が食えるのですが、
この手のラーメンは食べた後の満足感がたまらん。

初めて「ラー博」ですみれのラーメン食った10年ぐらい前、あまりの衝撃にビビったもんなぁ・・・

個人的評価 ★★★★


「麺屋 つくし」

(住所)富山市太郎丸本町3-10-1
(電話)076-423-2941
(定休)水曜
(時間)11時~15時、18時~21時45分(土・日は夜の部17時~)
(最寄駅)富山市電小泉町駅 徒歩8分。
地図。
スポンサーサイト

ラーメン DOG HOUSE@富山県入善町

富山県北東部、エライ遠くまでやってきましたよっと(笑)
新潟との県境に近い場所である入善町にあるお店のラーメンはニューウェーブ系。

当地に根付く富山ブラック、他府県からやって来た家系ラーメン、
そして独自の味が楽しめるこのお店、
富山のラーメンは結構バラエティ豊かですね。
地方都市に行った時にいつも思うのですが、味の系統少ないからなぁ。
結構飽きちゃう事が多い。
P1040300.jpg

ユニークな店名、「DOG HOUSE」って何か意味あるんでしょうかね。

ここは鶏白湯のラーメンがウリ!
P1040298.jpg

鶏白湯ラーメン

濃厚鶏白湯に魚粉ブチ込み系。
結構魚も強い!

スープの組み立てはあまり珍しいものではありませんが、味付けが結構独特で個性的。
ベースの鶏はかなり濃厚で食べ応えアリ。
田舎町(失礼ながら)でこんなラーメン出てきてビックリ・・・

店主さんのこだわり・意気込みが感じられるラーメンですね。
オリジナルに溢れ、どこか都会的。
大阪で出てきてもコレはかなりのハイレベル。

遠いですが、美味いよ!

つけ麺、あえ麺もアリ。

個人的評価 ★★★★☆


「ラーメン DOG HOUSE」

(住所)富山県下新川郡入善町上野1285
(電話)0765-72-5586
(定休)月曜
(時間)11時~14時、17時~22時(日・祝11時~15時、17時~21時)
(最寄駅)JR入善駅徒歩15分
地図。

はじめ家@魚津市吉島

富山市から車で30分ぐらい。
富山県内でネットでの評判がいいお店、以前から自分もこのお店の存在は知っていましたが、
今回行く事ができてよかった♪

P1040297.jpg

ココは所謂「家系」のお店なんですが、
本場・神奈川における家系の中でも屈指の「吉村家」の直系。

P1040295.jpg

らーめん

もちろん「味の濃さ」「油の量」「麺の硬さ」等チョイスできますが、全てノーマル。

富山とゆう土地柄、エライしょっぱいのにカスタムされてたらどうしようと思いましたが、
食べてみるとそんな事もなく、マイルドな豚骨醤油の家系テイストで一安心(笑)

スープはちょっと線が細いかなぁと感じました。
濃度的にもうひとつ。
油の主張がかなり強く、少しオイリーに感じましたが、この辺りはアレンジしたのかな。
吉村家はもっとドロコテっだった気がするし。

個人的評価 ★★★☆


「はじめ家」

(住所)魚津市吉島67-1
(電話)0765-23-1789
(定休)月曜(祝日の場合翌日)
(時間)11時~23時
(最寄駅)JR魚津駅徒歩15分
地図。

大喜 根塚店@富山市根塚町

西町大喜で食った後、口の中がエライ醤油臭くなってしまいました(笑)
案内していただいた富山の方に「醤油臭いで(笑)」と笑われたw

次に向かったのは同じ大喜の違うお店とかw
でも西町のお店とは味も違うし、お店も別物らしい。

富山県内で数店舗ある「大喜」ですが、いくつかのグループに分かれているらしいです。
P1040294.jpg

デフォがチャーシュー麺で並と大のみ、こちらはご飯アリ。
P1040292.jpg

チャーシュー麺

先程の西町に比べるとスープは茶褐色。
塩辛さはあるものの、「美味しく食べれる」レベルの塩辛さ。

うんうん、コレは美味いぞ。

薄切りチャーシューに醤油スープ、関西では茨木の「雄来」、神戸の「もっこす」のような感じかな。
塩分濃度はエライ違うけど(笑)

初めて富山ブラックを食べたい!
でもしょっぱいのは嫌!
って方にはこちらがオススメかな。

富山ブラックと呼ぶには少し醤油が茶色いですが・・・

近所には「西町大喜」の根塚店もあるのでご注意(ややこしいなぁ)


個人的評価 ★★★


「大喜 根塚店」

(住所)富山市根塚町4-2-8
(電話)076-491-2929
(定休)水曜
(時間)11時~20時
(最寄駅)富山地鉄バス 富山市民病院前・富山市民病院口両バス停から徒歩約5分
地図。

西町大喜 本店@富山市太田口通り

富山ブラックの元祖である「西町大喜」へ。
P1040289.jpg

関西圏で今まで食べた富山ブラックと言えば・・・

アメ村にあった「ZAKARI」と京都拉麺小路の「麺家いろは」のみ。

どちらも「?」がつくようなラーメンだったよなーという記憶しかなく、
本場富山でのブラックはどんなんだろうか。
P1040290.jpg

中華そば・小

今まで食べた数千杯の中でナンバーワンの塩辛さw
この辛さは頭痛が起こってしまうようなレベルに思えます。

漆黒の醤油スープは「黒の衝撃」とでも命名しましょうか、とにかくインパクトがある・・・

醤油&胡椒のジャンク路線ですが、コレは美味しいマズイではなく、合う合わんの問題ではないでしょうか?

元々富山ブラックの始まりって、肉体労働者が仕事の後にご飯をおかずに食べていたラーメンって事で、
この塩辛さは納得できますが、普通に食べると・・・

合う合わないがあるでしょうが、自分にはちょっと合わないかな。
と言うか、塩辛すぎてムリでした(泣)

メニューに白ご飯がないのは何故だろう?
一説によるとご飯炊くのが「面倒くさい」って聞きましたが、面倒でも出してくれればなぁ。
このラーメンがもっと引き立つと思うんだけど。

個人的評価 ★★


「西町大喜 本店」

(住所)富山市太田口通り1-1-7
(電話)076-423-3001
(定休)水曜(祝日の場合は翌日)
(時間)11時~19時45分L.O(土曜は20時50分まで)
(最寄駅)富山路面電車「西町」停から徒歩3分。

地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。