ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン 坊也哲@東大阪市西岩田

ぼうやてつ つけ麺

つけ麺

麺哲グループ、
店主の庄司さん、弘雅流の河崎さん、○丈の丈六さん、そしてこの坊也哲のヤスさん。
今まで麺哲豊中や天保山、そして高槻時代の坊や哲、
いろんな場所でいろんな方が作るラーメンを食べてきましたが、
結構各々特徴があったなぁと懐かしむ一方、麺哲から独立した今のお店ではなく、
麺哲時代にじゃあ誰が作ったラーメンが一番美味しいのか?
自分的にはこの坊也哲の店主さんであるヤスさんのが
一番自分に好みに合ったラーメンを出してくれていた(気がする)。
もちろん基本は麺哲味なので気のせいかもしれないのですがね(汗)

東大阪にオープンした坊也哲は以前の高槻の「麺哲支店」の文字が取っ払われました。
言わば独立ですね。
店長さんは旧くから食べ歩きに勤しんだあのお方を招聘。

うーん、感慨深いものがありますなぁ。

カウンター席の端っこでつけ麺すすってたら庄司さんに見つかり
何でつけ麺食べてんだよー
とダメだし食らいましたけども、麺哲で常設メニューではないつけ麺がメニューにあったので
思わずつけ麺注文してしまったのです(笑)

やや塩っ気の強いつけ汁が最高に美味いです~♪
で、麺がやはり問答無用!
これはもうここ10年くらいの大阪の麺事情の軌跡、言わば現在の自家製麺店のルーツでもあり、
目標でもあるでしょう。
某製麺屋さんが麺哲の麺より凄い麺作るぞ!のコンセプトに作られた特別な麺を作ったとの逸話もあるぐらい。

つけ汁は鶏ガラ、丸鶏、豚は骨ちゃうな、肉か、で、得意の昆布。
この昆布がボク的には麺哲の代名詞ですね。

東大阪は人口多いですが、ラーメン屋さんはあまり多くない地域なので
1人でも多くの方々にこのお店のラーメン食べてもらって、こんな美味しいラーメンあるんやな!
って思ってもらいたいですね。

個人的評価 ★★★★☆(4,5)


「ラーメン 坊也哲」

(住所)東大阪市西岩田4-4-46
(電話)06-4307-5659
(定休)月曜(月曜祝日の場合は火曜もお休み)
(時間)18時~24時(土日は12時~15時、18時~21時30分)
(最寄駅)近鉄奈良線若江岩田駅徒歩15分
スポンサーサイト

麺や 而今@大東市灰塚

じこん らーめん

鰯に乗ったトリトン

何かのイベントの何かのメニューだった一杯(←忘れるほどUPに時間差あるのか(汗))
でも味はしっかり覚えておりますので(笑)

着丼とともに煮干しが香る、おぉ、コレは確実にウマイやつですな♪
とテンション上がる。
スープは煮干しはガツン!・・・って来るほどには感じなかった。
旨味はどちらかと言えば動物系、とりわけ豚骨が強く、かなりどっしりとした重厚な味わいだ。
煮干しは、結構ネガな苦味渋味が出ていたけど、これが濃厚なベースのスープと合わさっている。
何と言うか、苦味のアクセント?
何か違うような気もするが、そんな印象。
麺がこれまた独特で超低加水の噛むとプツっと切れる細麺。
スープよりもこの麺の残像が鮮明に残ってる。

しばらく而今に行けてなくて久々行ったら随分とラーメンが変わったなぁと思いました。
まぁコレはイベント用の特別な一杯だったこともあるけど、自分が抱いてたイメージとは乖離があった。
もちろんいい意味で。
この一杯に関してはスープ押し、タレの存在が少し埋もれて一体感がなかったような感もあるけど、
他の限定やレギュラーも食べてみたい。
このお店は「鶏」のイメージから段々と「煮干し」のイメージに変わってきた気がするんですけど、
そこんところどうなんでしょう?

個人的評価 ★★★☆(3,5)

じこん 外観


「麺や 而今」

(住所)大東市灰塚6-7-9
(電話)072-873-0147
(定休)火曜、月曜夜
(時間)11時~14時30分、18時~21時30分(月曜は昼のみ)
(最寄駅)JR学研都市線鴻池新田駅徒歩15分

大金星@東大阪市長堂

だいきんぼし ラーメン

ラーメン

大阪の局地的ご当地ラーメンである「高井田系」を昇華させたような印象の残る1杯。
高井田系といえば個人的に毒っ気がある何とも竹を割った性格なラーメンな印象だが、
ココのはその毒を少し抑えて魚という調和材を投入、って感じ。

ジワっと旨味が寄せてくるスープは自然と飲みたくなるようなヒキの強さはあるが、
個人的にはちょっと牙を抜かれた狼のようにおとなし過ぎる印象を受けた。

狙いは杯数限定の鶏白湯だったのだが、前客であえなく売り切れ。

移転されて席数も増えたので若干行きやすくなったかな。
布施界隈で行列の出来る人気店。
人気の秘訣は味だけでなく、店主さんのキャラクターにもあると思います。

個人的評価 ★★★☆(3,3)

だいきんぼし 外観


「大金星」

(住所)東大阪市長堂2-12-6
(電話)非公開
(時間)11時30分~14時30分、18時~20時
(定休)水曜・日曜
(最寄駅)近鉄布施駅徒歩7分

【閉店】石切 麺屋 一@東大阪市東山町

彗星の如く現れ、流星の如く消えて行った・・・
2月のオープンから瞬く間に話題になりあっという間に閉店(-.-)

店主さんは今どこにいるのかな。
東京帰りたいと言ってたけど・・・。

浜田山のたんたん亭→めじろ、これだけでこの人の歩んできた系譜は推して知るべし。
ラーメンには度独自のスパイスを加えていた。
タダモノではなかっただけに惜しいなぁと思う。

いち しょうゆ

醤油ラーメン。
魚介がビシ~!っときいたエッジの立ったスープ。
煮干しと、秋刀魚か、それより、なんとも複雑かつ重層的。
原価かかってるん丸出しのスープは他に鶏と、豚。
妙に肉っぽい感じだった。
醤油は後ろからの追い出し。
ちょっとネガ要素もあったけど、出汁がかき消してた。

いち しお

塩ラーメン。
醤油よりもコチラの方が自信でっせと息巻いてた。
こっとは醤油とは構成がガラッと変わる。
蛤に甘~い和のエキス、椎茸か何かをタレに潜ませていたんだろう、
随分とアプローチが醤油と異なる。
さらにピンクペッパーの刺激が口をつく。
コレが不思議と合ってたなぁ、などなど、今となっては思い出。

残念ながら閉店してしまったけど、きっとどこかでまたお店やるだろうし、
その時に「石切 麺屋 一」の話をしたいなぁと思います。

個人的評価 ★★★★(4,0)


いち 外観


「石切 麺屋 一」

(住所)東大阪市東山町18-20
(電話)
(時間)閉店しました
(定休)
(最寄駅)

細見商店@東大阪市足代新町

細見商店 金味噌

金の麦味噌

みつか坊主、彩々、じゃんぷ亭(順不同)。
大阪味噌御三家揃い踏み、って、何年この3軒におんぶに抱っこなのか大阪の味噌ラーメン事情(汗)
僭越ながら、某誌審査員をさせてもらってる身、嘆くなり味噌ラーメン部門の不毛さ。
毎年上記3店の独占状態だったけど、個人的に注目はココ細見商店の味噌。

味噌と辛さのコンボ。
とりわけ辛味の使い方が絶妙。
辛さに耐性ない自分には汗をかくほどの代物だったが、これがドンドコ引き込まれて気づけば全汁!
まさにクセになる、ヤミツキになりそうな1杯だった。

もちろん味噌特有の芳醇なタチと、しっかりとした存在も同居しておりなかなかに鋭い仕様。
名店きんせいのDNAを引いたお店、目立たぬがやはりその実力は折り紙つき。

個人的評価 ★★★★(4,0)

細見商店 外観


「細見商店」

(住所)東大阪市足代新町8-2
(電話)06-6224-7068
(時間)11時30分~15時、18時~翌1時
(定休)月曜(祝日の場合翌日)
(最寄駅)近鉄布施駅徒歩3分
地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。