ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏香@寝屋川市香里園

けいか ラーメン

鶏香そば

鶏が香ると書いてけいか。
鶏は・・・香るのか?
まぁ、細かい事は抜きにして、問題は美味しいかどうか。

若干ごちゃつきを感じる具材の構成か、ダイレクトにスープを味わえない点が少し残念に
思えるが、おおむね水準レベル。
トロみがかったスープは鶏・・・なのか、ボヤけた感じには思えるものの、
味自体は美味しくいただけました。
麺はミネヤさんのだったかな、よく合ってると思います。
トッピングのつくねと鶏チャーが美味い◎

寝屋川近辺で貴重な食えるお店として使えるでと思います。

個人的評価 ★★★☆(3,3)

けいか 外観


「鶏香」

(住所)寝屋川市香里南之町34-22
(電話)072-831-3808
(時間)18時~翌5時
(定休)日曜・祝日
(最寄駅)京阪本線香里園駅徒歩5分
スポンサーサイト

麺屋 温鶏@枚方市川原町

おんとり ラーメン

塩ラーメン

細部にまでこだわりを感じる1杯。
スープはウンタラ、チャーシューはウンタラ、
そんな表記は正直どうでもよいのです。
美味しいものが出てくればブロイラーだろうがカナダの豚だろうが、
美味いものは美味いのです。

キレイな清湯スープで塩分濃度はやや高め。
比内地鶏と牛肉のスープとの事だがイマイチピンとこず。
鶏はなかなかにバシっとキマってはおりますが、これが比内地鶏なのかと言われたらわからんでしょう。
牛肉の方は感知出来ず。
まぁ自分の舌なんてこんなもんですわ。
面白いのはコレに結構タレも強めてるところ。
意図してそうなったかは不明ですが、なかなかキレのあるスープになってます。
出汁と一体、ってワケではないですが、結構好き。

お店の本業は居酒屋さん。
ラーメンは結構敷居高いですが、不毛な京阪沿線ではひと際光る存在であります。

個人的評価 ★★★☆(3,5)

おんとり 外観


「麺屋 温鶏」

(住所)枚方市川原町9-22
(電話)072-804-2588
(時間)月・火・土19時~翌5時(水~金12時~13時30分)
(定休)日曜
(最寄駅)京阪枚方市駅徒歩5分

つけ麺eiTo@枚方市大垣内町

えいと つけ麺

つけ麺

枚方市につけ麺のお店!
待望です。
何せ京阪沿線はラーメンの盛り上がりに欠けまくってるから・・・
こういうお店の出現は喜ばしいこと。

魚粉イカダとはもはや時代錯誤っぽい気もするが、まぁまぁ細かい事はナシにしましょう。
つけ汁はもう全開あのフレーズが聞こえてきそう感漂いまくりです!
レベル的には水準。
ただ、丸断面のこの麺、ちょっとポキっと硬質。
これがつけ麺にしては弱く思えた。
この手のものは溢れているが、枚方市には溢れていない(何)
ので、このつけ麺食べて!つけ麺ウメー!ってなって!
他のお店のつけ麺食べて!って感じでどんどんとラーメンの裾野を広げる、
枚方市の人達にとってそんな存在になって欲しいお店です。

個人的評価 ★★★(3,0)

えいと 外観


「つけ麺eiTo」

(住所)枚方市大垣内町2-7-19
(電話)072-807-6818
(時間)11時~15時、17時30分~23時
(定休)不定休
(最寄駅)京阪枚方市駅徒歩7分

麺や しき@守口市豊秀町

P1050440.jpg

しき麺

魚介が効いた醤油ラーメン。
ちょっと魚介がタレに埋もれてるかなぁ・・・という印象を受けたのが率直な感想。
んで、何だかラーメンらしくないところも気になった。
正直オープン間もない時期(2011年11月)に食べた時はネガに感じる点が多かったのですが、
最近はすごく評判が良いのですよねぇ。
自分の知人の方が大挙押し寄せては美味くなってるで!と口を揃えて言うのでこれはちょっと再訪してみなければ。
店主さんはいかにも和食の料理人です!といった風貌の方でかなり研究されてるんだろうなぁ。
再訪がすごく楽しみなお店です。
初訪時の評価は★★☆やったのですが、今はもう参考にもならんと思うので保留。

P1050441.jpg

「麺や しき」

(住所)守口市豊秀町2-1-3
(電話)06-7174-0625
(定休)不定休
(時間)11時~15時、17時30分~21時
(最寄駅)地下鉄谷町線守口駅徒歩3分
地図。

尾道ラーメン 山長@守口市寺内町

P1050007.jpg

けんさんのきつね尾道ラーメン

携帯サイト「超らーめんナビ」9月度関西限定メニューの紹介です。
8月度の四神伝に続き同じ京阪沿線の山長が協力して下さいました♪
限定メニューのイメージが全くない山長ですが、今回協力していただけて個人的にすごく嬉しいです。

らーナビ紹介文抜粋
↓↓↓
大阪でも指折りの尾道ラーメンの名店がこの度限定を提供してくれた事にまずは感謝したい!
今回提供されるラーメンは「けんさんのきつね尾道ラーメン」。
この商品名にある「けんさん」とは・・・
平成14年、現在の場所にお店を構える事になった際、店主・長谷部哲子さんとともに幾多の苦難に直面し、開業当初から山長の土台となりお店を支え続けてきた長谷部さんの友人である「けんさん」という人物・・・
店主の友人でもあり、良き理解者として共に歩んできたけんさんが賄いとして食べていたものが今回表舞台に登場する事となりました。

豚骨、鶏ガラから取ったスープに瀬戸内の小魚と昆布から取ったダシを合わせ、
生の背脂と炒った背脂を加えて煮込む。
丼から漂う海の香りがなんとも心地よい醤油スープに店主の親戚筋にあたる「尾道ラーメン本舗 はせべ」のソフトでコシの強い平打ち麺が絶妙に絡むのが山長のラーメン。

基本のラーメンに今回特別にトッピングされるのが「油あげ」。
甘い味付けは大阪でお馴染みのきつねうどんを連想させるもので、
このきつねが濃い醤油スープと絶妙に合わさった味わいはダシ文化・大阪で育った全ての人に楽しめるような出来となっている。

今回お話させていただいた中で強く感じたのは店主の人柄。
そして・・・
開業当初から苦難を共に乗り越えてきたけんさんは昨年病気で亡くなりました。
長谷部店主のけんさんに対する想いと、けんさんの魂がギュッと丼の中に詰まった今回の特別仕様の尾道ラーメンは店主の「人ガラ」がたくさん入ったまさに入魂の一杯。

今回このラーメンに触れた感想は、毎日の仕事や生活の中で走り続けた時、
立ち止った時、疲れにため息を漏らした時。
そんな時に食べたくなる、ふと生まれ育った土地の情景が浮かんでくる、

望郷の念に駆られる。

長谷部店主が尾道に対して抱く感情と、亡き友に鎮魂の意味を込めて。

「此処が尾道ラーメン山長でございます」
帰り際、店先に掲げた看板にはたくさんの人の熱き想いが汲み取れた。


店主・長谷部さんから味の事はあんまり書かんでいいからと言うリクエストでして、
紹介文にはあまり味の事は書かれていません。
メニュー名にもなっている「けんさん」という人物に対する店主さんの想いがすごく特別なもので・・・
お話を聞いているとこっちまでウルウルしてしまいました(泣)

店主の長谷部さんはすごく人情味に厚い方。
一見無愛想で怖いイメージありますが、温かい人だなぁと今回取材させてもらって思いました。

このメニューは営業時間内であればいつでも注文可能!
9月ひと月間の限定メニューです!


「尾道ラーメン 山長」

(住所)守口市寺内町1-3-5
(電話)06-6993-3754
(定休)月曜
(時間)11時~14時、17時~21時(土・日・祝11時30分~20時頃)
(最寄駅)京阪守口市駅徒歩5分。
地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。