ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン真@茨木市駅前

しん

醤油ラーメン

油分少なめ、スッと入るあっさり醤油。
高槻の名店で腕を磨き晴れて独立、醤油の線がクッキリと浮き出ており、
シンプルながら奥行きのあるスープを作り上げているあたりはさすがの一言。

きんせい栄町本店時代にお店を任されご自身のカラーを打ち出していたが、
その当時から店主さんの方向性は出汁よりもタレ優位なラーメンに映っていました。


醤油・塩ともにきんせいイズムを継承したラーメンを作り上げていますね。
麺は独自性のあるオリジナルなものに感じます。

醤油ダレに詰めた魚介と出汁の鶏、しっかりと融合しておりバランス感覚も抜群です。

今後の展開としてどんなラーメンが出てくるのか非常に楽しみです。
JET、JUNK STORYを筆頭とするきんせいのお弟子さん方は今や大阪ラーメンシーンにおいて中心的な位置にいます。

同じ師のもと学び得たものを存分に発揮しつつ、時に枠から飛び出たような独創的なラーメンを期待しています。

遅くなりましたが、開店おめでとうございます!

個人的評価 ★★★★(4.0)

しん 外観


「らぁめん真」

(住所)茨木市駅前1-3-4
(電話)072-621-3515
(時間)11時~14時、17時30分~22時
(定休)日曜
(最寄駅)JR茨木駅徒歩3分
スポンサーサイト

一夢庵@茨木市舟木町

久しぶりに心踊る新店に出会えました。
無価調アッサリ系で出汁が優位の生真面目なラーメン。

いちむあん しょうゆ

醤油ラーメン+ワンタン

こな出汁感が素晴らしい!
が、出汁がよく出ているからといってソレが美味さに直結するのか?
と言われたら答えは「NO」、なんですよね。

味の核は出汁でもなくタレにアリ、なのが個人的見解。
どんなに出汁が薄くてもタレさえしっかりしていれば、と思うところがあります。
代表的なのは大阪で店舗展開を広げている某醤油ラーメン専門店。
アソコは脂も凄く凝ってるけど。

一夢庵のラーメンはこのタレの部分がまだ詰めきれていない印象です。
溢れんばかりの出汁の美味さとタレとか結合しておらず、どこか出汁が浮いてしまっている感じ。
無化調モロ出しでボヤけた感じなんです。
でも・・・
このスープ(出汁)は本当に美味しい。
魚メインですが、動物系の下支えもしっかり。
野菜も使った重層的な出汁で本当に素晴らしいです。

麺は細ストレートでサクッとした食感。
この麺どこのだろ?
麺とスープの相性はすこぶる良く感じます。

トッピングにシャクシャクの食感の鶏つみれ。
レンコン入りです。
あと、オススメは100円プラスでトッピング可能なワンタン!
厚めの皮でチュルチュル系ではありませんが、
モッチリとした皮の食感でスープにしっかり馴染んでいます。

いちむあん しお

塩ラーメン

塩になるとビジュアルから変わります。
たっぷりのアオサ海苔が磯の香りを云々、と書きたいとこらなんですが、
色んな意味でちょっと邪魔(笑)

こちらも出汁をダイレクトに味わえる事が出来ますが、醤油同様どこかぎこちなさがあって・・・

兎にも角にも、タレさえバチっとハマれば劇的に変わるでしょう。

今のこのどこか不器用な感じのものもイイんですがね・・・
店主さんは独学で今の味を作り上げたそうですが、ここ絶対もっと美味しくなると思います。
根拠は今までの自分の経験と勘。
直感が告げてます。

最近は何か小手先で作ったような見た目だけで中身ペラペラなラーメンが多くて
正直大阪の食べ歩きおもんないな~とか思ってたんですが、
こういう出汁を前に出して愚直にウマイもの作ろうって感じるお店があまりなかっただけに
このお店はホントに応援したくなりました。

定期的に定点観測していきたいと思います。

余談ですが、このお店の醤油ラーメン、
以前惜しまれつつ閉店してしまった大阪市のあのお店と味の構成が被るんですよね。(自分も大好きでした)

個人的評価 ★★★☆(3.8)

いちむあん 外観2


「一夢庵」

(住所)茨木市舟木町15-1
(電話)072-665-9920
(時間)11時30分~14時、18時~22時(日曜11時30分~17時)
(定休)月曜
(最寄駅)阪急京都線茨木市駅徒歩5分

らぁ麺 よつば@茨木市春日

よつば ラーメン

塩ラーメン

新店と呼ばれるお店の中で一番通ってるお店です。
茨木のよつば。
当初は鶏白湯魚介系って謳ってたような気がしてたけど、
実態はグイグイ引っ張る魚の大群がスープに潜んでいます。
今回は塩のレポを。

どうも注文数は見てる限り醤油の方が多い感じですが、
ボクのイチオシは塩の方です。
ベースは鶏白湯、って言っても濃いものではなく、むしろ薄く感じるぐらい。
主役は鰹をメインとした魚貝系の味ですね。
出汁とタレと、ビンビンに唸ってます。
とりわけ鰹の主張が強く、どちらかと言うとあっさり系なラーメンになるのですが、
インパクトは抜群でグイっ!と押してくる感じがたまりません。
凛とした雰囲気と筋の入った組み立て、通常なら鶏主役魚後追いのパターンが
ほとんどなのですが、ココよつばに関しては全くの逆のように思えてしまいます。

優等生っぽい作りにも思えますが、自分が受けた印象は違って、
ちょっとヤンチャな感じ。言い換えると荒削りな気もしますが、この魚の使い方は必食ものでしょう。
塩っ気がシャープに立っていて、ここがたまらなく好き。
ココは好みのラインでしょうが。
タレも面白そうですね。
何やらいろいろ詰めてそうで!

麺もウマイし、新しいお店の中では間違いなく上位ランク。
んで、お店の雰囲気も良くて、ってもう手放し褒めちぎり状態ですね(^u^)

今まで長いこと食べ歩きしてきて、ここ絶対もっともっとよくなるだろな~
とか、思ったりすることあるんですけど、

らぁ麺 よつば、
絶対いいですよ。
今でも美味しいけど、もっともっと美味しくなると思います。
経験と勘がそう告げてる。

個人的評価 ★★★★☆(4,3)

よつば 外観


「らぁ麺 よつば」

(住所)茨木市春日2-2-3
(電話)072-655-9636
(時間)11時30分~14時30分、18時30分~22時30分
(定休)水曜
(最寄駅)JR茨木駅徒歩5分

らーめん鱗@茨木市永代町

鱗 ラーメン

塩ラーメン

関西を代表する、と言ってもいいでしょう。
塩の名店「あす流」のネクストブランド店。
あす流の勢い凄いですね。
オープンはもう随分と前になるのに人気が再燃した感じです。

塩清湯に背脂の組み合わせはありそうでなかなかない気がしますね。
可憐なビジュアルがいかにも気鋭店らしさを物語っています。
鶏ベースの塩ラーメンですが、背脂の甘さが加わって面白い味わいになっています。
出汁もしっかりときいていて、塩分濃度もちょうどよく素直にウマイのひと言。

中央に載るのは鶏節かな。
コレをスープに浸しておくと後半香り高いスープに変貌しました。

麺はもっちりの太麺でこちらは間違いなくあの麺屋さんのものでしょうね。

間違いなく美味しい1杯だとは思いますが、個人的に感じた事・・・
なんか、魂?
なんと言うか訴えかけてくるものがあまりない・・・
何だろう?抽象的な事なんですけど、自分でもよくわかりません。

個人的評価 ★★★★(4,0)

鱗 外観


「らーめん鱗」

(住所)茨木市永代町10-19
(電話)072-665-8807
(時間)11時30分~14時30分、18時~売り切れ終了
(定休)月曜
(最寄駅)阪急京都線茨木市駅徒歩5分

麺や紡@茨木市宇野辺

つむぐ 熟成

熟成ラーメン

またまた紡シリーズ(何)
熟成ラーメン。

使ってる鶏が以前の店舗と変わり味に大きな変化が出た。
かなり雑味と言うか、ワイルド感に覆われている。
時折ツンと鼻をつく獣臭。
タレによる甘さもなくなり若干食べ手を選びそうな印象だ。

確か旧店では紀州地鶏を使ってたような。
現在はかに美鶏?
かに美鶏は山陰農芸さんの銘柄鶏。
格的には紀州地鶏の方が上だと思う。(本業ですw)
素材の変更は飲食店にとって勇気のいる事だけど、
スープの源となる鶏を変えるというのはすごく思いきったこと。

イノシン酸の含有量など、鶏によってまちまちだし、
同じ作り方でも鶏が変わればもちろん味も変わるだろう。

以前の熟成は本当に淀みのないタレと鶏の一体感で滑らかなスープだっただけに、
今回の熟成はちょっと驚きを隠せなかった。

個人的評価 ★★★☆(3,3)

つむぐ 外観2


「麺や紡」

(住所)茨木市宇野辺2-1-24
(電話)非公開
(時間)11時~15時
(定休)土曜・日曜・祝日
(最寄駅)大阪モノレール宇野辺駅徒歩10分

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。