ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らあ~麺 SHOU@天王寺区玉造元町

しょう らーめん

豚骨醤油

ココきんせい(高槻)出身って聞いたんですがあってます?

ミドルボディ豚骨はツンとした獣臭アリ、やや泡立つスープは適度な濃度。
豚骨醤油系はやはりある程度の濃度がいると思いますが、その点は大丈夫。
タレの味が弱くどこか味気ない感じにも思えます。
豚骨を最大限味わって欲しい、とのコンセプトなんでしょうか?
味のメリハリなく平坦、にんにくとか合いそうです。

麺はスクエア中細。
コシがあって結構硬質。

個人的評価 ★★☆(2,8)

しょう 外観


「らあ~麺 SHOU」 

(住所)大阪市天王寺区玉造元町18-28
(電話)06-6762-2040
(時間)11時30分~14時30分、18時~23時
(定休)不定休
(最寄駅)各線玉造駅徒歩7分
スポンサーサイト

麺と心7@阿倍野区阿倍野筋

せぶん らーめん

W白湯セブン

思わずウホーーーー!っと。
ウンウン、めちゃウマイぞ。
失礼かもしれないけど、正直あまり期待はしてなかったのでいい意味で裏切られた。

白湯スープは裏越ししたかのような非常にキメの細かいまろやか仕立て。
舌の上で転がすとふわ~っと香る鶏の風味が堪らない。
土台がしっかりしてて線の細さは皆無。
ジャンクで感じていたペラさはこの白湯からは全く感じなかった。
優美ながら壮大、スケール感の大きいスープに魅せられ一気に全汁。
ジャンクの延長上でしょ、と思ってたけど少々趣が違う。
この点はラヲタ的には非常に嬉しい。
ただの2号店という位置づけではなく、いろんな事に挑戦していくであろう、
これからも定期的におじゃましたいお店。

次世代ラーメン優勝、おめでとうございます!

個人的評価 ★★★★☆(4,5)

せぶん 外観


「麺と心7」 

(住所)大阪市阿倍野区阿倍野筋4-12-13
(電話)06-6657-7479
(時間)11時~15時、18時~22時
(定休)無休
(最寄駅)大阪地下鉄谷町線阿倍野駅徒歩5分

らー麺 達@天王寺区小橋町

たつ らーめん

極達ラーメン

思わずうぉっと声が出そうになったお店。
その存在は知らなかったし、お店の前を通りかかった→あれ???ラーメン屋さん?→突撃
この流れ、言わば飛び込みで入って大当たり♪

鶏豚骨×魚介に低加水麺。
口の周りがテロテロになりそうなほど濃厚仕様のスープがたまらない。
お店の外に券売機が置いてあるのですが、この前に立った瞬間から猛烈な豚骨臭、
この時点ですでにテンションMAXでした(笑)
バーナーで炙られたチャーシューも香ばしく◎
とにかくスープが濃い!こってり好きには特におすすめしたいお店です。

この界隈、ジャンクもいいけどこちらも是非とも(^O^)

個人的評価 ★★★★(4,0)

たつ 外観


「らー麺 達」

(住所)大阪市天王寺区小橋町13-4
(電話)06-6764-5277
(定休)日曜
(時間)11時30分~14時30分、18時~0時(金曜土曜は翌1時まで)
(最寄駅)近鉄大阪上本町駅徒歩7分

【閉店】とんき@天王寺区堀越町

とんき らーめん

とんぶしラーメン

豚骨×魚粉。
ライトな豚骨に魚粉(鰹)と野菜を使ったスープ。
ザラザラ、モロモロ、粘度と言うか、何だ???
食感がスープのソレではなく、食べるスープの様相。
甘さは野菜由来。
クドさもあるが面白いスープ。

個人的評価 ★★☆(2,5)


「とんき」

(住所)
(電話)
(定休)閉店しました
(時間)
(最寄駅)

麺屋 彩々@阿倍野区阪南町

麺屋彩々。
大阪屈指の名店へと上り詰め日々行列。
一時期並びがあまりにも凄すぎたので近寄りにくくなったものの、
やっぱ彩々食いてーよなぁーと恐る恐る近づいては大行列→撤退、
そんな事も続いておりましたが、ある雨の日に行ってみたら並びはナシ、
速攻で突撃です(笑)

さいさい 白鶏醤油らーめん

白鶏醤油

白鶏醤油。
過去当ブログで★★★★★の最高点をつけた白鶏塩。
ハンパない鶏感に襲われたのが記憶に新しいというか、いつまでも記憶に残っているのですが、
醤油はと言うと、やや鶏が飲まれてるような印象。
ベースとなってる白湯スープとタレの醤油が結実せず、なんとももどかしさの残る感想となりました。

個人的評価 ★★★☆(3,5)

さいさい 味噌

味噌らーめん

彩々と言えば個人的に味噌の印象が非常に強い。
現店舗の前、針中野時代に張ってた看板メニューの称号がそう思わせるのかな。
黒味噌の配合は以前よりも若干弱まったか、ブンブンと振り回すタイプの強打者から
確実にミートするスプレーヒッターへと変貌したかのよう。
落ち着き加減という点では現在のものの方がバランスよく、破天荒なイメージがあった前のものとは少し変わった印象です。
しかし大阪でも間違いなく筆頭クラスの味噌ラーメンには変わりない。
味噌が食べたくなったらココ彩々かじゃんぷ亭@南森町に走ってしまいます。

個人的評価 ★★★★(4,0)

さいさい 鶏塩

鶏塩らーめん

お客さんが引いてたのでついつい3杯目をw
彩々の真骨頂は清湯だよね~と思うのは自分だけですかね?
リアル旨味の塊、リアル旨味の洪水。
白湯のような濃い旨味を持った清湯。

個人的評価 ★★★★☆(4,5)

さいさい 外観


「麺屋 彩々」 

(住所)大阪市阿倍野区阪南町1-46-8
(電話)06-6628-5999
(時間)11時30分~14時30分、18時30分~20時(日曜・連休最終日は~15時まで)
(定休)なし
(最寄駅)地下鉄御堂筋線昭和町駅徒歩1分
地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。