ビーマ亭スローガン

☆限定メニューは基本的には追いかけません。そのお店の基本メニューを重視します。

☆接客や雰囲気も大切ですが、評価は「味」によるものが大きいです。

☆コレクター魂を大切に、初訪店にガンガン行きます!

☆毒は吐きませんが、極力本音で綴りたいと思います。

☆レセプション・試食会には行きません!

☆未訪エリア あと3県!(2015年9月25日現在)☆

茨城・山口・大分

VIVA!★★★★★

過去の5つ星のお店一覧。(随時更新!)

麺や拓@西区北堀江 Wラーメン
群青@北区天神橋 魚介系白湯醤油味 中華そば
みつか坊主@豊中市蛍池 Kansai ver.2
無鉄砲 大阪本店@浪速区戎本町 とんこつラーメン
東成きんせい@東成区東小橋 魚介醤油
綿麺@松原市松ヶ丘 つけ麺
弥七@北区豊崎 醤油ラーメン
金久右衛門@東成区深江北 なにわブラック
カドヤ食堂@鶴見区鶴見 淡海地鶏南蛮
一信@此花区春日出中 醤油そば
彩色ラーメンきんせい 総本家@高槻市栄町 薫製鶏塩
麺厨房 華燕@高槻市牧田町 ニンニクブラック
麺屋 彩々@阿倍野区阪南町 白鶏塩ラーメン
新宿・めんや 風花@京都市下京区 天然塩ラーメン
麺屋 極鶏@京都市左京区 鶏だく
麺dining月乃家@和歌山県有田郡 特濃ラーメン
うらしま@和歌山県紀の川市 中華そば
麺屋 吉左右@江東区東陽 つけ麺
麺処 くるり@新宿区市谷田町 味噌ラーメン
RAMEN CiQUE@杉並区阿佐ヶ谷南 塩ラーメン+焼トマト
煮干し鰮ラーメン 圓@八王子市 薄口醤油ラーメン
新宿煮干しラーメン 凪 ゴールデン街店 特煮干しラーメン
中華そば屋伊藤@北区豊島 肉そばつゆ増し
銀座 朧月@中央区銀座 中華そば
ラァメン家 69’N' ROLL ONE@相模原市上鶴間本町 3号塩味
つけ麺丸和 春田本店@中川区春田 丸和つけ麺
日心月歩@春日井市鳥居松町 えびそば醤油
ぶっこ麺@多治見市太平町 つけ麺
麺や 青雲志@三重県松阪市 牡蠣正油らぁ麺
とかの@栃木県佐野市 ラーメン
らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鯛七味香りねぎラーメン
村岡屋@宇都宮市西原 つけ麺
杭州飯店@燕市西燕町 中華そば
昔食堂なおじ@新潟市中央区 チャッチャ昔ラーメン
麺や 福座@金沢市有松 煮干し豚骨
中華そば専門 神楽@金沢市寺町 中華そば
麺劇場 玄瑛@福岡市中央区 海老薫玄瑛流ラーメン
麺人 佐藤@鹿児島市宇宿町 あっさり醤油(鯛アラだしスープ)
熊文@米沢市春日 中華そば
新宿めんや風花@京都市下京区 炭火焼鳥塩ラーメン
支那そば なかじま@高崎市飯塚町 支那そば
麺処みどり 前橋店@前橋市東片貝町 塩ラーメン
中華蕎麦 蘭鋳@杉並区堀之内 中華そば
饗 くろ㐂@千代田区神田和泉町 塩そば
中華そば無限@福島区海老江 煮干プレミアム
俺のラーメン あっぱれ屋@城陽市奈島下小路 スーパーつけ麺
つけめん 玉@川崎市川崎区 つけ麺
豚骨やたい 九州雄@草津市穴村町 濃豚骨
麺屋 彩未@札幌市豊平区 味噌らーめん
麺屋 菜々兵衛@札幌市白石区 名古屋コーチン醤油
麺屋 高橋@札幌市豊平区 つけ麺
国民食堂@札幌市北区 しょうゆらーめん 白
和dining清乃@有田市野 秋鯖の白湯味噌
らーめんチキン野郎@彦根市大藪町 あっさり野郎
麺匠 四神伝@守口市藤田町 塩コッペ
中華そば○丈@中央区難波千日前 豚盛りそば&鶏そば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺匠四神伝@守口市

2016年7月31日(日)、四神伝は約11年弱の営業を終えて閉店した。
正確に言えば10年と9ヶ月、長きに渡り営業を続けてきたが、この度の店主の決断で閉店となった。

閉店の報を聞いたのは7月の半ば、
宗忠店主からの電話で直接知らされた。
その時に、「閉店の告知は最後の3日前ぐらいにしてひっそりと幕を下ろすつもり」と告げられたが、
「いやいや、10年の間に食べに来たお客さんへの想いを込めてしっかりと最後の挨拶はすべきですよ」と伝えた。

閉店の報せは閉店一週間前に告知され、
それから今日までの間は懐かしい顔や初めて見る顔、そして日々通った常連さんなど、様々なお客が来たらしい。

四神伝と言えば自分の中では食べ歩きをスタートして最も行った回数が多いお店。
細かく数えてないが、おそらく200回以上は行ったのではないだろうか。
200回以上行き、食べたラーメンはたぶん500杯以上。

ここに来たら1杯だけでは終わらない。
2杯食いが当たり前で、時には3杯4杯、5杯食べた事もあった。
店主夫妻とは他愛もない話で盛り上がり、カウンター席の一番左は自分の指定席。

香川や東京、京都や奈良など、店主さんとはいろんなところに一緒に食べ歩きに行ったよなぁとか、
このお店はいつしか自分の中では帰るべき場所、家に帰ってきたような寛ぎの空間となっていた。

大阪に食べ歩きに来ていた今は亡き武内伸さんをコチラにご案内したのも思い出。

どこかのお店が限定ラーメン出しました、
といっても見向きもしなかったのに、四神伝の限定はほぼ確実に食べに行く。
食べに行くと試作が出てきて、その味について店主さんとあーだこーだ言いながら酒を飲む。

一緒に食べ歩きして、
後日「アソコで食べたラーメン完コピしたから食べに来て」って行ったらそのまんま同じようなラーメン出てきたり。

感性がずば抜けている反面こだわりが強く不器用なところ、ラーメンとはこうあるべきや!という揺るがぬ信念を持っていたところ、安い・旨いの王道を地でいくラーメンを提供していたところ、色々と物議を醸していたが、女将との凸凹コンビによるノリツッコミ的な接客等、全てが思い出されます。

お店の定休日に交流のある他店店主さん達を呼んで肉を持ち込んで何回も焼肉パーティーしたなぁとか、
いつしか自然と付き合いも深くなり、今では良い友人関係を気づけていますが、
お店を閉店され今後はともに食べ歩きに勤しむ仲間として更なる付き合いが始まりそう。

でも・・・やっぱり最も通ったお店が無くなってしまうのは本当に寂しい気持ちです。

この半月はずっと呆然としていたような気がします。

関西ラーメン界に燦然と輝く珠玉の銘杯とまで謳われた「塩こっぺ」、
定番の和風醤油は派手さは皆無だけど、
毎日でも食べたい鶏の深い出汁と醤油のバランスで見事にまとめ上げている醤油ラーメンのお手本とも言うべき一杯でした。

不定期で飛び出す個性的な限定はマニア層の心を揺さぶり、その中でも「辛いシリーズ」は中毒者が続出。
東京で食べ歩きしてモノにしたタンメンは大阪でも人気を博し、
行ったこともない新潟の杭州飯店を想像だけで具現化した「背脂煮干ラーメン」は何度もリバイバルした逸品。
冷やしやつけ麺、カレーやまぜ麺、冷や汁まで、店主にかかればどんなモノでも立派に一杯として成り立っていました。

最後の一週間は豚骨醤油、極太つけ麺、豚骨塩、鶏醤油つけ麺と、四神伝が誇るレギュラーメニューが次々とメニュー落ち。
最後まで残ったのは看板の和風醤油と鶏塩つけ麺のみ。
次々とメニュー落ちする定番品・・・まるで身体の一部をもがれているようで、、、

今日最後の一杯をいただきました。
和風醤油

注文は、和風醤油。
四神伝と言えばやっぱり和風醤油なんです。
今まで何杯食べただろう。
じんわり寄せる出汁の旨さ、清湯の傑作でした。
こんなウマイラーメンが世の中から消えてしまうのか、とまた寂しくなりました。
看板

最後の営業を終え、「10年間ありがとうございました」と、いつもは陽気な店主さんから真面目なご挨拶。

こちらこそありがとうございました。
今までお疲れ様でした。

冒頭にも書きましたが、今後はともに食べ歩く仲間としていろんな場所に行きましょう。
四神伝がなくなる、ようやくの実感は店を出て少し経った時、
もう明日からは食べれない・・・信じられないという想いと、今までの四神伝での時間が一気に蘇ってきます。
10年間ありがとうございました。
数え切れないぐらい食べた色んなラーメン、写真がアチコチに散らばって全部載せきれないですが、見つけた分だけ載せとこう。
四神伝四神伝2四神伝3四神伝4四神伝5四神伝6四神伝7四神伝8四神伝9四神伝10四神伝11四神伝12四神伝13四神伝14四神伝15四神伝16四神伝17四神伝18四神伝19

最後に・・・
店主夫妻

笑顔の店主さんご夫妻。
お疲れ様でした。
外観

麺匠四神伝 2016年7月31日閉店

四神伝と歩きともに生きたかけがえのない時間だけが
今もまだずっと瞬いている
サヨナラは言わない、いつかまた会えるから
ありがとう、そしてこれからも。
スポンサーサイト

麺匠 四神伝@守口市藤田町

とむやんくん

ら~めん屋さんのトムヤンクン

5月~の限定メニュー。
提供期間は夏の冷やしをスタートさせるまで、との事。

トムヤンクンといえば酸味と辛味、そして何よりちょっと掴みにくい複雑な香りが特徴ですね。

トム(煮る)ヤン(混ぜる)クン(エビ)

エビの入ったトムヤムスープというのが一般的解釈だそうです。

しかしコレ・・て

辛いって(汗)
全然辛くないよ~と店主さん夫妻ですが、ソレは罠でした。

スープ一口目でいきなりガハッッッッとむせましたがな(´・ω・` )

やはりと言うか、レモングラスを筆頭に数種のハーブとスパイスを重ね味わいは至極複雑かつエスニックな仕上がり。
ピリリと刺激しまくりな辛味が波のように押し寄せてきました。

出汁は鶏豚ベースだそうで、スープに浮く赤い液体(コレが辛さの根源)をよけてスープをすくって飲んでみると、
えぇ出汁ですわ~と唸りたくもなりますが、いかんせん辛さ耐性のない自分には味わう余裕もございません。

麺はデフォの豚骨塩の麺を使っています。
麺すすると不思議と辛さは軽減しちょうどいい塩梅に感じるんですけどね。

エビはお刺身でも食べられるぐらいのちょっといいモノを贅沢に使っていました。

しかしながらいつも思うのですが、四神伝の辛い系限定メニューはかなりパンチきいていますね。
俗に言う「辛部」の方々垂涎ものの一杯。
今回もその期待にしっかりと応えられる出来映えじゃないでしょうか。

毎度ながら店主さんのコピー能力は素晴らしいですねぇ(^ω^)

ちなみにモチーフとなっているのは、カップヌ○ドルのトムヤンクンだとか。
発想凄いってば(笑)

個人的評価 ★★★☆(3,5)


「麺匠 四神伝」

(住所)守口市藤田町3-20-12
(電話)06-6904-0888
(時間)11時30分~14時、18時~24時(ラストオーダー23時30分)
(定休)水曜
(最寄駅)京阪大和田・古川橋駅各徒歩15分
地図。

麺匠 四神伝@守口市藤田町

四神伝 たい塩


鯛しおらーめん

鯛の風味を損なわないような様々な仕掛けが施してある。
タレは最低限の旨味のプラスのみに終始していた。
大葉のさっぱり感が加わり、淡麗なスープと相まって清涼感をさらにUP。

麺はレギュラーの豚骨塩のものをいつもより少し茹で時間を長めにしており、
スープとのマッチングを図っていた。

すっきりとした味わいの中に深く惹き込まれる何かを持っていて、あっという間に全汁まで。
鯛だしの淡いテイストは淡白ながらも魚介の良さが出ていた。

勝手に全汁しそうな「自動全汁系(何)」ラーメン。
実に四神伝らしい限定メニューだった。
(提供は終了しています)

個人的評価 ★★★★(4,0)

「麺匠 四神伝」

(住所)守口市藤田町3-20-12
(電話)06-6904-0888
(時間)11時30分~14時、18時~24時(ラストオーダー23時30分)
(定休)水曜
(最寄駅)京阪大和田・古川橋駅各徒歩15分
地図。

【極太つけ麺】麺匠 四神伝@守口市藤田町

極太つけ麺

極太つけ麺

塩コッペの余韻に浸りながら返す刀で極太つけ麺。
四神伝不動の人気ナンバーワンメニュー。
久しぶりに食べてみたら、あらあら以前よりエライ醤油勝ち。
ってか、極太つけ麺提供スタートから5年ぐらいだろうか、
徐々に醤油が前に出るようになっていたが、今日のはほぼ前面にせり出しているぐらい醤油が強い印象を抱いた。

魚粉由来の魚、柚子の爽やかさまでも消されている。
醤油馬鹿にはたまらんだろうが、タレ・汁のバランスがいよいよ崩れてしまったか。
レシピはきっと変わっていないと思うので、スープのコンディションか、それとも単純にタレの量なのかは謎。
しかしながらコレはコレで食えるのが不思議だなぁ。

池村製麺所の太麺はデビュー当初の驚かされた印象はないものの、
小麦が詰まり非常に締まりのある麺で食べ応え抜群。
この麺がこのつけ麺の土台を担っているのは間違いない。
つけ汁のベースとなっている「豚骨醤油」も食べてスープの具合を見てみなきゃ。

個人的評価 ★★★☆(3,5)


「麺匠 四神伝」

(住所)守口市藤田町3-20-12
(電話)06-6904-0888
(時間)11時30分~14時、18時~24時(ラストオーダー23時30分)
(定休)水曜
(最寄駅)京阪大和田・古川橋駅各徒歩15分
地図。

【塩コッペ】麺匠 四神伝@守口市藤田町

塩コッペ

塩コッペ

四神伝@守口市。
友達夫婦が営むお店。
12/1、いよいよスタートした冬の定番「塩コッペ」。
今年は今か今かと待ちくたびれたファンが多かったみたいで、絶大な人気を誇る四神伝のスターメニュー。
セコガニ漁解禁時のみの本当の意味の期間限定品で、蟹を芯に組み立てた関西では稀有な一杯だ。
提供初日に早速駆けつけてきました。

このラーメンの面白いところは食べ手の食べ方によってその味の受け取り方がかなり変わるだろうという点。
そういう意味では食べ手カスタマイズ型ラーメンとも言えそう。
基本は鶏ガラ清湯にセコガニ出汁を合わせたダブルスープ。
メニュー名の塩コッペの「塩」にこのラーメンの肝が隠れているが・・・
果たして気付く人はいるのだろうか。

鶏を軸に据え、鮮烈な甲殻フレーバーが口の中を支配。
魚では感じない独特の風味。
例年よりもより鮮烈に感じたのは気のせいだろうか?2種のワンタンの黄色い方、
内子が詰まったワンタンはそのまま食べてもよし、崩してスープに溶かすもよし。自分は全部溶かす派。

さらにパワーアップした蟹の風味が鼻を抜ける。
うーん、至極。
この境地に辿り着いた時にはスープも麺もだいぶ減ってます(笑)
中盤以降は丼にへばりつく柚子胡椒を投入。これがスープに更なる膨らみを持たす。
一杯の丼の中で見事なまでの起伏を演じているラーメンも珍しい。

計算されたものかどうかは定かではないが、食べ終わるまでのヒキの強さ、食べ終わった後の余韻が強烈。
価格は900円と少し値は張るが、対価に見合う価値は充分。
鍋をコンセプトにしているらしいが、こんな鍋ないやろと思わずツッコミたくなります。

四神伝ではレギュラー、限定全て食べてきたが・・・

四神伝史上最も華がある一杯なのは間違いない。
毎年提供される事がその証明。
脳内に降り積もるどのラーメンよりも塩コッペを愛してるとでも言っておこう。
気のせいかもしれないが、今年のは特に美味しい。
四神伝初の★★★★★を進呈。ごちそうさま!

ちなみにこの日、提供初日とあってか、コッペ目当てのお客さんが殺到、
当日仕込み分が全て昼営業でなくなってしまい、急遽中休みを使って夜の分の仕込みをされたそう。
週末は争奪戦か!?

個人的評価 ★★★★★(5,0)


「麺匠 四神伝」

(住所)守口市藤田町3-20-12
(電話)06-6904-0888
(時間)11時30分~14時、18時~24時(ラストオーダー23時30分)
(定休)水曜
(最寄駅)京阪大和田・古川橋駅各徒歩15分
地図。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。